ayuCafe

薄紙ストさんのうれしいツイート。

b0072051_22090423.jpg


あわわ、さいこうの一冊と
書いてくださってる>_<
そもそもこの方の買われてる本が
みんな良さそう。
# by ayu_cafe | 2017-02-26 22:07 | Trackback | Comments(0)

平凡な日曜日。

b0072051_14574138.jpg


‪グザヴィエドランの、たかが世界の終わり、
を地元のショッピングモールの
朝8時50分の回で観て、
特典のクリアファイルもらって、
髪切りに行って、洗車に行って、
これから詩のイベントに参加する。
平凡な日曜日。‬
‪#たかが世界の終わり #グザヴィエドラン‬
# by ayu_cafe | 2017-02-26 14:57 | Trackback | Comments(0)

ほらね、最初から信じてたよ。

b0072051_04535519.jpg


‪クマにとって自分に才能があるかないかは、
どうでもよかった。
クマのことを信じてくれるひとが
ひとりだけいたから、
そのひとをがっかりさせたくないだけだった。
そのひととのしてはいない約束を
守っているだけだった。
いつかそのひとが、
ほらね、最初から信じてたよ、
と笑ってくれる日までの約束を。‬






# by ayu_cafe | 2017-02-26 04:52 | Trackback | Comments(0)

ララランド。現実にあがらうための幻想を大量に注入される。

b0072051_04283077.jpg


‪「ラ・ラ・ランド」。
なぜグッとくるのかと言えば、終始シビアだから。
そして、現実のシビアさに拮抗するように
音楽シーンはあらわれる。
冒頭の渋滞のシーンはその象徴か。
終話後、シビアな日常へ戻る
我々の血がこれだけ滾るのは、
現実にあがらうための幻想を
大量に注入されたから。
#ララランド‬


# by ayu_cafe | 2017-02-26 04:27 | Trackback | Comments(0)

人間に流れてるのは血ではなく。

b0072051_20022800.jpg


「ラ・ラ・ランド」、imaxで観た。
ミュージカル映画、全部見直したい。
音楽に合わせてポージングする
人間の造形ってこんなにも美しいのか。
人間に流れてるのは血ではなくて音楽なのだ。
人生を日々をさまざまなかたちで
刻んでいるのは時間ではなくて音楽なのだ。
そんな嘘で圧倒する。
#ララランド
# by ayu_cafe | 2017-02-25 20:01 | Trackback | Comments(0)

よくあることです。

ねこの郵便屋がクマに宛先不明の手紙を返した。
クマは黙って受け取った。
ねこの郵便屋は言った。
「まあ、よくあることです。お気を落さず。
手紙はね、書くことが大事。
相手を思うことが大事です。
そうゆう思いはヒュンと届きます。
よくあることです。」
そう言ってねこの郵便屋は
階段を降りていった。‬

b0072051_09564124.jpg






# by ayu_cafe | 2017-02-25 09:55 | Trackback | Comments(0)

次の季節のことすら、君は未だ何も知らない。

b0072051_08264586.jpg


次の季節の庭はどんな庭?。
次の季節の薔薇はどんな薔薇?
次の季節のうたはどんなうた?
次の季節の本はどんな本?
次の季節の君はどんな君?
次の季節のことすら、
君は未だ何も知らない。




# by ayu_cafe | 2017-02-25 08:25 | Trackback | Comments(0)

わたしの本の特徴は、読んでいただいた方のご感想が素晴らしいこと。

b0072051_21165630.jpg




気がつくと夜明けを待つ気持ちで本の中を歩いていました。本を閉じて覚えているのは耳の奥がひんやりしたこと、美味しい空気を吸ったこと、です。
この特別な本を手にとれるラッキーな人がたくさんいるといいなと思いました。
練馬のちひろさん

美しい言葉と写真の本。美しさは、人に力を与えてくれる。それは不確かで容赦のない世界を真っ直ぐに進ませてくれる力。
ミッチェルさん

美しいです。いつも側に置いておきたい。詩を通して向こう側にいる自分に会える本。
板 香澄さん

短い文章の中に世界がぎゅっと詰まってて、優しい気持ちになれます。個人的には最後の鹿の話が大好きです(○´艸`)宝物になりました!
みぞれ雪さん

やさしく温かい"ことばと写真”によるfantasy。言葉が人に力を与えるのは、美しい感情に触れて、美しいということの意味を知ること、相澤さんの世界は知と愛に溢れています。
小島きみ子さん
# by ayu_cafe | 2017-02-24 21:15 | Trackback | Comments(0)

あれは誰だろう。

b0072051_21140415.jpg


ナルで堀内実智代。
不思議だな、ジャズボーカルを聞くというより、
味わい深い役者が演じる誰かに会うような感じ。
あのパフォーマンスの中にいるあれは誰なんだろう。
そのひとにたまらなく惹かれる。
そのひとが住むジャズという世界に惹かれる。
私の至福は
インスピレーションを受けるひとに会うこと。

去年本つくる、って言ったら、
いますぐつくって、最初に買うから、
と言ってくれたのが実智代さん。
今日渡せた。
これは家でゆっくりみて泣くんだ、
と言ってくれた。
実智代さん、最初に渡せなくてごめん、
80冊目くらいになってしまったよ。




# by ayu_cafe | 2017-02-24 21:12 | Trackback | Comments(0)

次なんてないと。

b0072051_09402107.jpg


冬CDは、
「蝋燭の灯が揺れ、物語はじまる」
という歌詞のうたではじまり、
「悲しくなるその理由は美しさだけ」
という歌詞のうたで終わる。
このCDをつくり終えた時、
もう思い残すことはないな、と思った。
CDも本もライブもいつも
そうやってつくり、演っている。
いつも次なんてないと思ってる。



# by ayu_cafe | 2017-02-23 09:38 | Trackback | Comments(0)

そのためにどこまでも。

b0072051_22185589.jpg


きみよりうたが上手いひとはいるだろう?
きつねはクマに聞いた。
クマは答えた。
いるね。
きみより詩が上手なひともいるだろう?
いるね。
じゃなんで詩をつくってうたってるんだい?
クマは答えた。
ひとりでいいんだ。
たったひとりのひとに気に入ってもらえれば。
そのために
どこまでもゆこうと思うんだよ。



# by ayu_cafe | 2017-02-22 22:17 | Trackback | Comments(0)

夕べのカルテット見てうたをつくった。

b0072051_09241331.jpg


夕べのカルテット見てうたをつくった。
ふたりは出会い別れ、本当の自分と出会う。
本当の自分と出会うことは幸せなことなのか。
別れずにさみしくないことが幸せなのか。
ずっと続く幸せというのはあるのか。
そもそも幸せでないといけないのか。
そんなうたです✨



# by ayu_cafe | 2017-02-22 09:23 | Trackback | Comments(0)

だからマイペースなひとって。

b0072051_08402837.jpg


‪ねこ「あかん、あのマイペースなおっちゃん、
彗星が地球にぶつかる確率、ちゅうテレビに夢中で、
まったく気付かへん。
だからマイペースなひとって嫌やわ。」‬

# by ayu_cafe | 2017-02-22 08:37 | Trackback | Comments(0)

好きなひとには黙って。

b0072051_07314840.jpg


私の本は、好きなとこから見て欲しいし、
花みたいに飾って欲しい。
詩の続きを書き足して欲しいし、
好きな頁をやぶいて壁に貼って欲しい。
好きなひとにあげて欲しいし、
好きなひとに黙って隠し持っていて欲しい。
ぼろぼろになるまで一緒に旅して欲しいし、
悲しくなったら枕にして
美しい夢を見て欲しい。
# by ayu_cafe | 2017-02-22 07:30 | Trackback | Comments(0)

ポポタムさんにて、 本をお取り扱いいただけることになりました。

b0072051_21322329.jpg


ポポタムさんにて、
本をお取り扱いいただけることになりました。
たとえば、外国に行って、
偶然入った本屋さんがポポタムさんだったら、
この国、当たりだ、と思うと思います。
山本精一さんの小皿もあるし、
店主さんも素敵だし。
はやくまたいきたい。‬


# by ayu_cafe | 2017-02-21 21:30 | Trackback | Comments(0)