ayuCafe

風立ちぬ、のホテルに泊まる。

b0072051_6285586.jpg

b0072051_6291798.jpg



風立ちぬのホテルのモデルは、
ストーリー的には、軽井沢の万平ホテルだろうけど、

造形的には、ここがとてもちかい。

とくに、テラス側も。


b0072051_6312057.jpg






劇中、ホテルのテラスで、ドイツ人のカストロプが主人公に言う。

「ココハ、イイトコロデスネ、
モスキートイナイ、アツクナイ、クレソンウマイ

イヤナコト、ワスレルニイイ

チャイナト、センソウシテル、ワスレル。

マンシュウコクツクッタ、ワスレル。

コクサイレンメイヌケタ、ワスレル。


セカイヲテキニスル、ワスレル」









上高地帝国ホテルは、1933(昭和8)年、
日本が国際連盟脱退を通告した年にオープンした。

当時、日本は国策として「外客誘致」を打ち出し、
各地で外国人向けリゾートの開発に力を入れていた。

そこには外貨の獲得とともに、中国大陸進出で
国際的に孤立しつつあった日本を理解してもらおう
という意図があったという。
http://ameblo.jp/asanoha1130/entry-11587642565.html






文化は、優雅な時間のたしなみではなく、
もうあとがない、というときの起死回生の存在証明のようなものだと思う。

桂離宮も同じ。
関東に政権が移り、力の弱まった京の起死回生の存在証明だった。


経済や政治に対して、文化で立ち向かう、などというのは、
とても非効率で、とても無力な気がする。


でも、結果として、幕府が倒されたあと、
戦争に惨敗したあと、

残ったのは、

後に世界に賞賛される離宮と
高原に威厳をもってたたずむホテルだった。



そこには、ひとつもやわなお洒落さや、やわな美しさはない。


美しくもちこたえてやろう、という凄みだけがある。





文化とは、作品とは、
美しくもちこたえてやろう、という凄み。







朝食にジャムが三つプレートに盛られていて、
そばに、三つスプーンが置かれていた。





b0072051_6593860.jpg






b0072051_6594953.jpg

by ayu_cafe | 2013-09-01 07:03 | 信濃路 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ayucafe.exblog.jp/tb/20929304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。