ayuCafe

本(眠る前になでる本。光に透ける魔法付き)について。

b0072051_13051522.jpg



この本の最大の特徴はトレーシングペーパー(半透明の紙)の扱い。通常トレぺは、本の最初と最後のページなど、部分的に「装飾」として使われることが多いのに対し、この本では、「本編」として文字頁よりも多く使っている。

全ての写真をトレペに印刷して光に透けるようにする、と決めたものの、写真は「装飾」ではなく「本編」にしたかったので、どれだけきれいにリアルに印刷で再現できるか、かなり不安だった。

サンプル版を見てびっくりした。美しい。日本の印刷技術って凄い。本作りを指揮してくださった板橋さんがおっしゃるように、わたしの写真との相性もよかったのかもしれない。

特に真ん中の見開き頁の、薄暮の薔薇の写真は、トレペの質感とも相まって、なんともまろやかな存在感が出た。そう、存在感。写真や色味や言葉ではなくて存在感のある本をつくりたかった。

一緒にいるだけでいい。たまに話すだけでいい、話さなくてもいい。たまにけんかする。仲直りする。一緒に旅に出て一緒に眠る。そんな本をつくれた。

そして、あのなんともまろやかな薄暮の薔薇を、距離や時間を越えて届けることができる。この光をはらんだ本があなたの無口な親友になることを願って。
melancolia storytelling

by ayu_cafe | 2017-02-05 13:04 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ayucafe.exblog.jp/tb/26609914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-04-27 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayu_cafe at 2017-04-27 14:22
鍵コメ様
お問い合わせありがとうございます!
うれしいです!
ツイッター、フォローさせていただきました。
フォローいただければ、のちほどDMさせていただきます。
お手数おかけいたします。
よろしくお願いいたします。
相澤