ayuCafe

もう一度、恋に落ちる

b0072051_2335196.jpg

大仕事の打ち上げの次の日、
別のクライアントのお仕事。
午後中かけて、4人にインタビュー&写真撮影。

正直、体がつらく、一緒に行く同僚に、
ごめん、まかせていい?
と何度も携帯に連絡しようと思った。

ところが、とんでもなく素敵な女性に
会って、つかれなんてふっとんだ。

取材は、郊外の百貨店。サービス、がテーマ。
3人目に彼女、Nさんが登場。
お年は70歳(!)
品がよく、きりっとしていて
70にはまったく見えない。
彼女が話し出してから、なんど
ちょっと泣きそうなんで、
話し止めてもらっていいですか、
と言いそうになったことか。

以下、おそらくカットされるであろう
発言から、ほんの少し抜粋。

「ここの百貨店ができたときに、社長さんが
サービスのスタッフとして、百貨店経験者で、
60歳以上の定年した女性だけを
募集されたんです。私は、都心の百貨店に
ずっと勤めておりましたが、老人の方や、
障害をお持ちの方をサポートして
欲しいという社長さんの姿勢に共感して、
あ、これは都心ではできないことができる、
と思い、定年後、ここを受けたんです。」

「まずはですね、顔をおぼえることですね。
そして、声をかける。夏は毎日服が変わるから
憶え辛いですね。冬はコートだから憶えやすい。
そのうち、週に何回か来ていただけるお客様が
増えて、お話したり、アメをもらったり(笑)
何も買い物がないお客様に
来ていただけることもうれしいんです。」

「いまでは、来店される前に、今日はNさん、
いますか?って電話をいただいたり、一ヶ月も
前から予約してくださる方もいるんです。
今日も、車イスの方と、17:45にエスカレーター
のところで待ち合わせしてるんです(笑)」

「でも、よっぱらった人をぴしゃりと
門前払いしたこともあるんですよ。。(笑)」

「ある時、体の不自由な女の子が、そそうを
してしまってね、私が下着を買ってきて、
“これは、ふたりだけの秘密ね”って言いながら、
トイレで着替えたんです。そして、女の子にね、
“体が不自由だからってお買い物に行くのが
怖いなんて思っちゃ駄目よ、立派にできるわよ、
また来てちょうだいね”って言いいました(笑)」

「ある時、直結してる駅の階段に、たむろして
座ってる茶髪の高校生がいたので、
“あんたたち、そこじゃ寒いでしょ、
こっちに入ってあのエスカレーターのところで
座ってたら”って言いました。茶髪の男の子達は
デパートの中で、つばをはいてたりしたので
ちょっと、ダメよ、って注意したら、
うるせえな、オバさんっ、なんて
言ってたんだけど、そのうち、
よく来るようになりましてね。
ある日、その男の子達が、茶髪の髪を
黒にもどして、やって来て報告してくれたんです。
“オバさん、学校卒業したよ”ってね(笑)」

用意した質問は、まったく聞く必要がなかった。
こちらから、なにも言わないのもなんなので、
最後にひとこと、
「今度、母を連れて買い物に来ます(笑)」
っ言ったら、「あなたね、親を大事にするひとは
出世するわよ」なんて言われた。

取材後、同僚と、泣きそうになったね、
といいながら、近くの喫茶店で
最高においしいビールを飲んだ。
そして、おれたち、なんて
ちいさくて、未熟で、ぬるいんだろう、
って話した。

ひとが生きてるということは、
なんとふくよかで、奥深いことか。
もともとこの仕事についたのは、
そんな世界のチャーミングさに恋をしていて、
そんな部分を抽出したかったからだと思う。
いつからか、疲れて、皆様のために、みたいな
おおざっぱな言葉を平気で書いてた。
でも、もう一度、世界に恋に落ちた。
すてたもんじゃないんだよね。

メールなんかじゃなく、
直筆の手紙を書いて送ったら、
70歳でデパートの中をキョロキョロしながら
歩き回ってるNさんにしかられないように、
ごくふつうの人のために、
ごくふつうの仕事をきちんとしよう。
by ayu_cafe | 2006-10-15 02:48 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ayucafe.exblog.jp/tb/5868894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by deep_blue-13 at 2006-10-15 03:19
こちらにもこんばんは^^
ayuさんがもう一度、恋に落ちたお相手。。。
一体、どなた?って思いながら読ませていただきました。
世界に、なのですね^^
ここでご紹介くださった、この70歳の女性のように
魅力溢れる人々の住む、この世界の素晴らしさ。。。
私、まだそのほんとちょびっとしか触れていなくって
知らないことだらけでしょうけれど、そんな風に素敵なこの世界、
なんか、すごくいいな♪って思いました^^
ayuさんの、この文章の素晴らしさもあるのでしょうね♪
とてもすんなりと、染み込む様な文章に感じました。
歳をとって、いつか、誰かにこの女性の様に話ができる人に、
自分もなれるといいなぁ、って思わずにはいられません☆^^
Commented by ne-san at 2006-10-15 08:09 x
自分の知らないところで、とても大切なことを頑張っている人がいるって
素敵ですね。
いいお話聞かせてもらって嬉しいです♪

しかし・・・・・・

なんてキリリとした薔薇!!!
Commented by ayamlin at 2006-10-15 08:53 x
ほーんと誰に恋してるんだろう?って題名見たとき思った思った!
しかし、かっこいい女の人だあ。70になっても、ばりばり頑張ってるんだ。
さー私も疲れたなんて言ってられないぞっ!
勉強しようっと!
Commented by at 2006-10-15 10:05 x
ご自分の体験を、当たり前のこととして、笑顔で話されたんですね。
これはかなわないですね。
抜粋した発言だけでうるっときたもん。
私も未熟でぬるい。
人の心を動かし続ける彼女、素敵です。

似合わない人に 「お似合いですよ」 とお世辞を言えないデパガだったJ。
定年したらNさんのいる百貨店行こうかな。
それと出世したいから親を大事にしようっと。
Commented by Soulboy at 2006-10-15 16:27 x
リアルなコトバは時や人を選ばないもんだね
実は何も特別なこと 言ってない 気がする
でも確実に誰かの心に届いてしまう
カッコ イイ ね
きっと彼女の中ではまったくごく自然な事なんだろうな
生活の中で自分の気持ちに対して素直に考えて
その気持ちを素直に行動に移してきて
誰に教わるでもなく 世間の常識に流されるでもなく
彼女は自分の足で自分のコトバを見つけたんだろうな
シンプル
そんなコトバに叶うわけ ない
いま 僕や僕等はこんなふうに
どれだけのことを自分のコトバで語ることができるんだろう
理想とかそんなんじゃなくて
でも こんな空気に触れた以上は 
もう ミテミヌ フリ デキナイ
明日も何も変わらない現実が待っている 事実のなか
僕等の夢と現実  どう創っていこう

Commented by なると at 2006-10-15 18:32 x
とても素敵な女性ですねwww
そして、そんな彼女を「素敵だ」と言える
ayuさんも素敵な人なんだろうなぁ、と思います。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:34
kanaさん、コメント、どうもありがとう。
なにか、小手先とか、スタイルとか、
コツとか、ポリシーとかではなく、
生きてきたすべてから、生まれる
余裕と気持ちが感じられて、
ちょっとまいりました。
歳とって、こんな風になりたいですね。。
そんで、誰かのブログに熱く書かれたりして。。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:40
ne-san、ほんとですよね、
頑張ってるひとっておそらくたくさん
いるんですよね。。
ついつい世界がひらべったく、
見えてしまうのは、まだまだ
自分がひらべったいからか。。
キリリとした人間、めざしたいです。(←野望)
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:43
ayaさんも、よく英語、勉強してますね。
尊敬しますよ。
酒とけんかの記事をアップしながら、
ぐんぐん英語を上達させる。。
う〜む、何者ですか。。。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:47
似合わない人に 「お似合いですよ」 と
お世辞を言えないデパガだったJ。
って、いいですね、Jさん。
ロックデパガってことか。。
そりゃ、やめるよね、転職先もすごいけど。。
ま、われわれ、成長あるのみ、ですね。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:53
soulboy君、キミもアツいねっ。
このアツく堂々たるコメントに、
キミのブログかと思ったよ(笑)
ま、おれの方が実は数倍アツいんだけどね(笑)
でも、たしかに、自分のコトバを見つけないと、
血の付いた。でないと意味がないよね。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-16 07:58
なるとさん、コメントありがとうございますね。
私のことはいいんです(笑)
素敵と言えるようなものは、
まだなにももっていません。
素敵貧乏というか。。
素敵失調というか。。
がんばります。。
Commented by at 2006-10-17 14:17 x
似合わない服を売って金をとらない、
むしろ「善良なデパガ」って言って~。。
転職先ー退職したいー。
Commented by RIE at 2006-10-18 04:46 x
大学時代に日本橋の老舗のデパートでアルバイトしていました。多くのスタッフからたくさんのことを教えてもらい、勉強になり、本当に素敵な想い出ばかりでした。でもそれ以上に、この女性にお会いしてみたかったです。そして、この女性と同じように、お会いしたことのないayuさんですが、とても魅力的で優しいお人柄をこのブログを通じて感じています。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-20 01:25
元善良なデパガのJさん、
善良って大事です。
善良って、ベースではなく
祈るように維持したり、目標としたりする
ものだと思います。
Commented by ayu_cafe at 2006-10-20 01:30
RIEさん、コメントありがとうございます。
実はこの女性、日本橋の老舗デパートに
定年まで勤務されていたそうです。
この世の中って、なにかが遠からず
リンクしあっているように思える
今日この頃です。
人柄についてのお言葉、
恐縮してしまいます。
でも、共感していただける方がいらして、
本当にうれしいです。