ayuCafe

夜明けまえのともだち

b0072051_2353852.jpg


ぼくは、みどりのはこ。
この街のどこにでもあるはこ。

ぼくは、夜が明けるころ、散歩するのが好き。
コン、カン、コン、カン。
蒼い蒼い夜明けに小さな音をたてて歩くのが好き。

日がのぼるころまでにもどればいいから、
それまでは、いろんなところを散歩する。
コン、カン、コン、カン。

早起きのひとがいたら、その場に立ち止まっていれば、
とくに不思議に思われない。
もともとこの街のひとは、みどりのはこが
夜明けに歩いてたって、そんなに騒がない。
ひとにはひとの自由があって、
はこにははこの自由がある。
たぶん、みんなそう思ってる。
コン、カン、コン、カン。

ぼくの好きな場所は、
河沿いの大きな美術館の裏通りにある小さな家。
その家の入り口には、壁いっぱいに詩が書いてある。
消しても消しても誰かが書いていく。
そこに昔、住んでいた歌手がつくった
きれいに韻を踏む詩をみんなが書いていく。

ぼくは、静かな夜明けまえに、
その家の前で、ささやきあう詩に耳をすませる。


そんなぼくのことを知ってるのは、
いつも、ぼくを見下ろしてる大きな塔だけ。
彼女はあんまりしゃべらないけど、
ぼくと彼女は、夜明けまえのともだち。

あんなに高くて、あんなに目立って、
うかつに動けないから、大変じゃないのかな、と思けど、
彼女はあんまりしゃべらないから、わからない。
コン、カン、コン、カン。

散歩の最後は、河の真ん中に浮かぶ島。
そこの教会の鐘は、花がこぼれるような音がする。
この島にかかる橋から、東の空が明けてくるのを
いつも眺める。

あの彼女を、いつかこの橋に連れてきてあげたいと思う。
高いところからみる夜明けとは、きっとちがうと思うから。
河沿いの樹が気持ちのいい風に揺れる音。
早起きの鳥が水面にもようを描く音。
夜明けがそんなかすかな音をたてながら、
やってくるのを、きっと彼女は知らないと思う。

橋の上でいつものように夜明けをみていると
「カチ」とライターをつける音がする。
厚手のコートを着た女の人が、
寒そうにタバコをすいながら、
ぼくの隣で夜明けをみている。
女の人はちらっとぼくを見て、
口のはしをすこし動かして、
あいさつするみたいに、ちょっと笑う。
ぼくはどうすればいいかわからなくて、
じっとしている。

この女の人がいなくなったら、
コン、カン、コン、カンと、
急いでもどらくちゃ。
by ayu_cafe | 2008-06-26 02:36 | ayuCafe 創作 Bar | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://ayucafe.exblog.jp/tb/8887929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Le the et le.. at 2008-07-06 21:28
タイトル : Affirmation
いつもの自分からちょっと抜けだして ちょっとだけ いつもより頑張ってみたくなる *Rue Dauphine 6区のとある街角で 思いっきり歩道のド真ん中を陣取り なにかを主張していたゴミ箱ちゃん^^... more
Commented by apoi at 2008-06-26 09:51 x
みどりのはこ君、
夜明け前の散歩に
私も誘ってほしいです。
ポプラの綿毛より
Commented by ayu_cafe at 2008-06-27 00:32
apoiさん、いえ、ポプラの綿毛さん、
さっそくありがとうございますね。
彼も、夜明けまえのともだちが増えて
よろこんでいると思います。
綿毛なら、美術館の中庭とか、
アパルトマンの窓辺とか、どこへでも
ふわりと行けていいですよね。。
Commented by deep_blue-13 at 2008-07-06 21:26
ayuさん、こんばんは☆(ぴょこ。っと)
遅くなってすみません。
やっと、こちらに伺うことができました^^;

みどりのはこ君のおはなし、何度も何度も
読み返させていただきました。
ほんと、なんてかわいらしいおはなし♪
夜明け前のパリの、いろいろな情景を
心に思い描きながら^^
お日さまが出る前のパリって、ほんと蒼いですよね。
その蒼い街角を、みどりのはこ君がひとり、
小さな音をたててちょこちょこ歩き回る様子・・・
想像するだけでもわくわくします。
そして、絶対こういう子、あの街に居そうだなって。
きっと、私が夜明け前に歩いていた時も傍に居て、
でも、その時もみどりのはこ君は、私が通り過ぎるまで
じっと静かにこっちの様子を窺っていたのでしょうね。

みどりのはこ君がお散歩のラストに訪れる
夜明け前のサン・ルイ島。
その島にかかる橋に、私もいつか絶対、
夜明け前に行ってみようと思いました^^
その時もきっと、このはこ君が橋の上に居るでしょうね。
一緒にパリの街に彩りが加わっていく様を
眺めて来ようと思いました。
Commented by deep_blue-13 at 2008-07-06 21:28
PS.
あの写真、TBさせてくださいまし^^

そして私、このおはなしを読んで
猛烈に撮りたい「画」ができました。
次にパリに行けたら・・・
もしかしたら次では無理で、いつか、ってことに
なるかもしれませんが・・・
このおはなしに添える画を撮ってみたくなったんです^^

いつか、ほんとにぴったりなものが撮れましたら
またこちらに参りますね☆
Commented by ayu_cafe at 2008-07-08 05:06
kanaさん、ありがと。
何度も、なんてうれしいです(嗚咽)
そう、ほんと蒼いですよね。
あの蒼さのことを、共有できただけでも
うれしいです。
はこ君がkanaさんの想像の中でも
歩き回ってくれてよかった。
きょうはどこを歩いているんでしょうね。。

Commented by ayu_cafe at 2008-07-08 05:10
TBも、ありがと!
元はと言えば、このお写真がはじまりです。
そう言う意味ではkanaさんにも責任が
あります(笑)

撮りたい画!うれしいですねー。
なにか、自己完結の世界よりも
こんなに風にひろがっていくことって
すごく素敵ですよね。
わたしの仕事でもうまくいくと、
おもいもよらない発展があって、
ワクワクします。

その写真、いつか見せてくださいね。
のんびり楽しみに待っています。