ayuCafe

2017年 04月 16日 ( 12 )

うわーん(T_T)

b0072051_20244450.jpg


うれしい!!!
うわーん(T_T)
疲れ吹き飛ぶ>_<
by ayu_cafe | 2017-04-16 20:24 | Trackback | Comments(0)

名古屋ON READINGさまに納品させていただきました。

b0072051_19593296.jpg


名古屋ON READINGさまに
納品させていただきました。
ON READINGさんは窓がたくさんあって
明るいところがとても素敵。
在庫や展示も明るく感じます。
それからショップカードがとても素敵。
少しの工夫が施され、
本好き、紙好きなことが伝わります。
名古屋の皆様お出かけくださいませ。‬

by ayu_cafe | 2017-04-16 19:58 | Trackback | Comments(0)

京都の雲。

b0072051_19040551.jpg


京都タワーの土台の部分、
オスカーニマイヤーみたいで何度見ても好きだ。
そして京都の書店に作品を
置いてもらえる日が来るなんて
聞いてなかったなあ。
雲が良い感じだなあ。


by ayu_cafe | 2017-04-16 19:03 | Trackback | Comments(0)

京都リティシア書房様に納品させていただきました。

b0072051_20010460.jpg


京都リティシア書房様に納品させていただきました。
在庫が個人的にツボで、
初めて見たとき、好きだなあ、
とジーンとしました。
それから立地が抜群。
京都の露地の緊張感のある
静けさを堪能できます。
本は会う場所、一緒に帰る道までも作品。
私の帰り道ベスト1です。
シンと本に会いにいらしてください。


by ayu_cafe | 2017-04-16 19:00 | Trackback | Comments(0)

京都恵文社一乗寺店様に納品させていただきました。

b0072051_16310065.jpg


京都恵文社一乗寺店様に
納品させていただきました。
恵文社さん、アンドレプルトンが並ぶ
シュールレアリズムのコーナーが
特に攻めていて素敵です。
イタリア人のソングライターの
7インチを買いました。
ちょっと、松原通りの
静かなコーヒー屋で茫然としています。




by ayu_cafe | 2017-04-16 16:30 | Trackback | Comments(0)

blackbird booksさんに納品させていただきました。

b0072051_13114312.jpg


大阪blackbird booksさんに
納品させていただきました。
店主さんは以前、
町づくりというのはおかしい、
町にはそもそも魅力があるのだから、
と書かれていた。
こころある書店さまに
苦労した本を袋に下げてお持ちする。
こんな幸せないな、と思いながら、
なかもず行きを待っている。




by ayu_cafe | 2017-04-16 13:10 | Trackback | Comments(0)

新しくてなつかしい。

b0072051_05492145.jpg


パイプをくゆらせた紳士がクマに言った。
また出かけたのかい?クマは答えた。
いや、出かけたんじゃない。帰ってるんです。
好きなひとや場所に会ったとき、
なにも知らないけど
よく知ってると思いませんか?
ぼくは帰り続けてる。
そうしてしまう鳥や魚みたいに。
新しくてなつかしいぼくの来たところに。‬



by ayu_cafe | 2017-04-16 05:48 | Trackback | Comments(0)

唇と指先。

b0072051_05302931.jpg


大阪阪急梅田で大きな展示をやっている
大介さんの顏見に行った。
北海道洞爺湖のガラス作家の大介さんは、
ただの詩が好きな旧知の同志。
フランスでも展示をするみたい。
作品は全部タイトルから考える、
唇と指先、とか。
私の本見せて、大介さんのガラス見て、
じゃまた何処かで、と別れた。




by ayu_cafe | 2017-04-16 05:29 | Trackback | Comments(0)

1003さまに置いていただけることになりました。

b0072051_05273778.jpg


神戸の素敵な本屋さん、
1003 @1003books さんに、本をお見せしたら、
知ってます。アイザワさんですか?
と聞かれて失神しそうになりました。
置いていただけることになりました。
納品急ぎます>_<
はぁ。。神戸、大好きだ。




by ayu_cafe | 2017-04-16 05:26 | Trackback | Comments(0)

なにしろそれは。

b0072051_05213649.jpg


男が列車に乗っていた。
あ、と思った。
いつもすこしたってから忘れものに気づく。
ただ今回は少し違った。
未来に忘れものをしてきた、と思った。
それが何かわからないけれど
わかるような気もした。
男はその忘れものを、
彼のすべてを使って
とりに行こうと思った。
なにしろそれは
彼の忘れものなのだから。
by ayu_cafe | 2017-04-16 05:20 | Trackback | Comments(0)