ayuCafe

カテゴリ:ayuと一緒に朝のお散歩( 10 )

白鳥を待たせてる。*コルマールの朝のお散歩*

b0072051_6263623.jpg



朝の散歩に出かけましょう。

まあ、つらいこともあるけど、
世界はわりと、美しいことにいそがしくて、
かなしむひまもないほど。。

フランスのアルザス、コルマール。
ハウルの街。


b0072051_639660.jpg


b0072051_6411587.jpg


b0072051_6451697.jpg


b0072051_6453237.jpg


b0072051_6454927.jpg


b0072051_646151.jpg


b0072051_6475325.jpg




白鳥が待っててくれます。


b0072051_6482225.jpg


b0072051_6495941.jpg



この世界ってのは、花咲く水路の向こうで、
白鳥が待っててくれる場所なんですね。
希望は捨てちゃいけません。。にゃはは。


b0072051_6514042.jpg


b0072051_652186.jpg


b0072051_6522631.jpg


b0072051_6524371.jpg


b0072051_653625.jpg


b0072051_6565522.jpg


b0072051_6571537.jpg




おそらく、どこかで
どこかの白鳥が待ってるはず。
首を長くして(笑)

白鳥をあまり待たせるといけないから、
またでかけなくちゃ。
by ayu_cafe | 2009-09-22 06:38 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(6)

ふっと消えるように。

b0072051_2272956.jpg



b0072051_2274418.jpg



b0072051_2275662.jpg



b0072051_2282339.jpg



b0072051_2283546.jpg



b0072051_22102636.jpg



b0072051_22104488.jpg



b0072051_2211389.jpg



b0072051_22112795.jpg



b0072051_2212464.jpg



b0072051_22121793.jpg



b0072051_22123227.jpg



b0072051_22132719.jpg



b0072051_22133982.jpg



b0072051_2214079.jpg



b0072051_22141311.jpg



b0072051_2215331.jpg



b0072051_22152934.jpg



b0072051_22154084.jpg



b0072051_22161885.jpg



b0072051_22163374.jpg



b0072051_2218043.jpg



b0072051_2218141.jpg



b0072051_22184510.jpg



b0072051_22192096.jpg



b0072051_22193838.jpg



b0072051_22195336.jpg










モンサンミッシェルには泊まったので、
ゆっくりできました。
朝ご飯の前と、
朝ご飯のあとに、
ほんとんど手ぶらでお散歩。

ホテルの入り口はとても小さくて、
宿泊者は、別の入り口から、
島の「町」に出られます。

この入り口が、なにかアジトの入り口みたいで、
ワクワクする。

町は、ちょっとハリポタのダイアゴン横町みたい。
日中は、世界中からの観光客が、ぎっしりになるけど、
早朝は、しんとしています。

グンと一気に修道院へのぼると、
天空に、アーチの連なる中庭があります。

あたりは海。
修道院の中にはきれいな光。

ひとまわりして、また
アジトみたいな入り口から、
ふっと消えるようにホテルへ戻ります。
by ayu_cafe | 2009-07-22 23:48 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(4)

Auvers-sur-Oiseへ 麦畑編

b0072051_894210.jpg









ざわついて、しかたない。












※色彩の恵みを手にすることができた
フィンセント・ファン・ゴッホは、
ある初夏の日、ここで、ひきがねをひき、
彼の色彩を世界に返しました。
by ayu_cafe | 2009-06-04 08:02 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(12)

Auvers-sur-Oiseへ 教会編

オーヴェル・シュル・オワーズで、
彼が描いたことによって、
世界的に有名になった教会を探します。


b0072051_1501025.jpg

b0072051_1504028.jpg

b0072051_1505349.jpg

↑それにしても窓まわりの造形、選ばれている色を
見ているだけで飽きない。
きれい、というより、無駄なものがない。


こういうバラののばし方もデザインされている感じ。。
b0072051_153291.jpg







っと、あったっ。教会。
b0072051_1544239.jpg







階段をのぼる途中でふりかえると、
なにか完璧なバランスの家。
b0072051_1561088.jpg

絵本の「ちいさなおうち」みたい。
ここにいたのか。。
ひさしぶり。。




さて、この教会、どんなアングルで撮ろうかな、と
しばしうろうろしました。

教会の前には、ゴッホの絵の看板があり、
ここから見たんだよ、って教えてくれているのですが、
なにか、さらにいい見方はないかと。。。









で、こんなアングルを見つけました。




b0072051_157682.jpg


虫アングル。
もしくは、草葉の影アングル。

彼も、わりと変なひとだったから、
こんなアングルも見つけてたんじゃないかな。。








さて、教会の脇の木陰にベンチがあるので、
軽くお昼にしましょうか。。
b0072051_222027.jpg


サンジェルマンのミュロっていうお店で
買ったキッシュとかをもってきました。

ミュロのパンをオーヴェルの木陰で食べるこの贅沢よ。。


しばし、あたりのしんじられないほど鮮やかな新緑を
眺めながら、もぐもぐ。




b0072051_243919.jpg


b0072051_25636.jpg


b0072051_252260.jpg


b0072051_254043.jpg


b0072051_25574.jpg




この緑も光も風も、どこかひんやりしていて、
非常になんというかシャープネスが強いというか
繊細で、切れ味があって、乾いているんです。

で、なぜか、ふいに、クラッシック音楽というもの、
とくに弦の音楽が理解できたように感じました。

音楽って土着的なものだと思んです。

東北の鳥海山のあたりをクルマで走っているとき、
すごく向こうの民謡が理解できたり、
ヨーロッパに来て、ゴシック建築の教会を見て、
堅牢で有無を言わさない
レッド・ツェッペリンのような音楽が理解できたり、
パリでゲンズブールのシャンソン的な優雅さが
よく理解できたり。。

たぶんブロンクスに行ってでっかいハンバーガーとかを
ほおばったら、ヒップホップとかもよく理解できそう。


たぶん、もう一生、クラッシックの乾いて、済んだ
弦の響きを聞くたびに、
たまらないほどいい季節のオーヴェルの光と
ひんやりした風にこすれる緑のことを思い出すような
気がします。

のだめの演奏シーンで、ふいに画面に
そよぐ樹の葉があわられるのもすごくよくわかる。

なんだ、クラッシックって、
樹々の葉のそよぎ、だったんだ。。。







さてさて。



見下ろすとオーベルの静かな町。人影もまばら。
b0072051_2192586.jpg




たまに自転車君達が来たり、
b0072051_2204822.jpg




親子が帰っていったりします。
b0072051_221380.jpg

ほんとにとろけるように静かでのどかです。





さ、教会に入ってみましょう。
b0072051_223244.jpg





b0072051_2234194.jpg


b0072051_223585.jpg


b0072051_2241966.jpg


b0072051_2244082.jpg





画家は、この町の5月の光が好きすぎて、
この町の光につつまれたきわめて平穏な教会が好きすぎて、
教会の絵をゆがめてしまったのかな、と思いました。

ちょうど、好きすぎて、相手のほっぺたを
つねってしまうみたいに。





オーヴェルの光はステンドグラスを通して、
宗教的なシーンを彩り、
b0072051_2245823.jpg





われわれの地上を彩っていました。
b0072051_2251496.jpg































麦畑編へ、つづきます。
b0072051_0301343.jpg

by ayu_cafe | 2009-05-27 02:33 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(6)

Auvers-sur-Oiseへ 到着編

気持ちのいいこの季節。
でかけるのなら、オーヴェル・シュル・オワーズへ。
(ニースもモナコもいいけど。。)


そんなに遠くないんです。
1時間とか、50分とか。
パリから。


乗り換えがちょっと面倒なんですけど、
午前中には、直通の電車も走っています。

来た来た。。
b0072051_011843.jpg


TGVも好きだけどローカル線も大好き。
そうとうワクワクします。。



いざ、出発。(←この時点で、ワクワクMAX。。)
b0072051_012718.jpg




キャーッフランスの緑!(←こども。。)
b0072051_0124865.jpg




キャーッフランスのカップル!
(ごめんなさい、問題あれば削除します。。)
b0072051_0145081.jpg




騒いでいるとすぐに到着です。。
b0072051_0155457.jpg

ゴッホは、この駅で、のんびり弟のテオを待っていたり
してたんです。。

基本、無人駅。
ひんやりした風がふいて、
ひばりがきもちよさそうにさえずっています。

のどか。。


さ、では散策。



b0072051_0181942.jpg

b0072051_0183479.jpg

b0072051_0185274.jpg



えっとですね。。。どうやら、新緑で、涼しくて、
花が盛りで、とんでもなくいいタイミングで
来てしまったみたいです。。
カメラのメモリーたりるかな。。。(←ワクワクMAX×MAX)

ちなみにこの公園には、ザッキンのゴッホ像がいます。
ザッキン、好きなんですよね。。
モンパルナスにアトリエがありますね。。



b0072051_0211867.jpg

この日は、すずらんの日でした。。

昔の自分に言ってあげたい。

いつか、オーヴェルのひとたちがすずらんを並べて、
気持ちのいい光の中で待っていてくれるんだぜ、

って。




フランスの水色。フランスの木陰。
b0072051_0243329.jpg





きれいすぎて気が触れそうになるのを
こっそりがまんします。。
b0072051_026021.jpg




b0072051_026584.jpg


b0072051_0271289.jpg


b0072051_0272663.jpg


b0072051_0274697.jpg


b0072051_028547.jpg


b0072051_0282166.jpg


b0072051_0283739.jpg


b0072051_0285312.jpg


b0072051_0291028.jpg


b0072051_0292670.jpg


b0072051_0294385.jpg


b0072051_0295858.jpg








教会編へ、つづく!
b0072051_0301343.jpg

by ayu_cafe | 2009-05-26 00:33 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(4)

丘の上の石の教会へ続く階段をのぼる。

b0072051_10483588.jpg



ayuと一緒に朝のお散歩5

さて、さて、この階段は、
寝起きにのぼるにはちときついですね。。苦笑


よいしょ、よいしょ。。




この崖をのぼりきるとですね、
ぽつんと小さな石の教会があるはずです。

そこから振り返ると、
数々の印象派の画家たちが何度も描いた、
フランス、ノルマンディーのエトルタの
風景が広がっているはずです。


あー、だめだめ、まだ振り返っちゃだめです。
お楽しみはとっておかないと。。笑
がまんがまん。。


のぼりきった後の清々しい見晴らしの
ことを考えると、その過程ですら、
気持ちよく思えてきます。。
がんまんすることって気持ちがいいものです。。


よいしょ、よいしょ。。





ちなみにすぐ横に広がっているのは、
大西洋です。

b0072051_10574451.jpg


まあ、あんまり見る機会ないですよね、大西洋。。
って、集中、集中。。
よそ見せず、無駄口をきかず、
黙って階段をのぼっていきましょう。


のぼりきるまでは、もうしばらく。
きっといい見晴らしがまっているはずです。


よいしょ、よいしょ。。




b0072051_1123395.jpg
































(※ちなみに、ここだけの話、
のぼりきって振り返るとこんな景色です。。)
by ayu_cafe | 2008-04-13 11:06 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(0)

朝食前に、逗子マリへ。

ayuと一緒に朝のお散歩 4
今日は、ようやく台風もすぎたみたいなので、
ちょいと朝食前に
逗子マリーナまで、行ってみましょう。

おっと、風がわりとかわいてるし、
涼しいので、屋根開けちゃいましょうか。。

朝早いと空っき空きです。
だけど、こういう台風明けの日は、実は
波がかなりいいので、サーファー達の
駐車場渋滞ができてます。。


てなこと言ってる間に
はい、逗子マリ到着。

b0072051_224959.jpg

ヤシの木前、無断駐車です。。


さてと、雲が急速に切れてきました。。
久しぶりだなー、逗子マリ。

b0072051_22531254.jpg


b0072051_225338100.jpg


b0072051_2254162.jpg


最近は、ここ、
リビエラって呼んでるんでしょうか。。
ああ、本物のフレンチリビエラ、なつかしい。。
ヴィルフランシュ、ニース、
モナコ、マントン。。。(涙)

ま、でも、このリビエラも
家から15分で来れるので
許します。。(←何様。。)
マリーナまで、お散歩。。。

b0072051_22564747.jpg


お、江ノ島様。。
b0072051_22571151.jpg


b0072051_22573390.jpg

クルーザーは、
大企業の名前がついてたりもします。。



じゃ、なんか気分もいいので、
もうちょい足を伸ばして
隠れ家ホテルまで、お茶のみに行きましょう。。







はい、到着。


















b0072051_23145982.jpg

う〜む、隠れ家、異常なし(←何様。。)




b0072051_23193541.jpg

フランス産、ピンクレモネードの向こうに、
嵐のあとの海のグラデーション。

しかし、このピンクレモネード、
もどかしいくらいきれいな色です。。


ちょっと待て、これヴァカンスか。。
まあ、たまたま天気に
恵まれたんでしょう。。





ちなみに、ホテルのバーからの眺め。。
窓一面にカクテルみたいな海。。
b0072051_23205557.jpg




ホテルのロビーの眺め。。
b0072051_23215523.jpg






そういえば朝食前でした。
何か食べましょうか。。。
by ayu_cafe | 2007-07-16 23:26 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(4)

ayuと一緒に朝のお散歩3

あ、起きました?



もうすぐ、着きますよ、エトルタ。。




クルマの助手席ってねむくなりますよね。。




いやあ、いいですね、ノルマンディ。。
風も冷たくて気持ちがいい。。




あっ、今、なにか見えたような。。




ちょっと戻ってみましょうか。


く〜、このセリフ言ってみたかった。
海外でバスや列車だと、
こうはいきませんもんね。



ちょっと、ここに停めるので、見にいきましょう。

b0072051_950596.jpg







お〜、これだ、これだ、さっき見えたのは。









b0072051_952343.jpg





なるほど、なるほど、
145番地の普通の個人宅だと。。
ふむふむ。。別荘かもしれないけど。。
ま、基本的に、とんでもないですね。。




b0072051_954831.jpg






さ、では、気を取り直して、行きますか。
エトルタは、もうすぐのはずです。
眠って行ってもいいですよ。。。
by ayu_cafe | 2007-06-27 10:00 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(4)

ayuと一緒に朝のお散歩 2

あ、起きました?


そろそろ日が昇ってきますよ。。



え?ここ、どこかって?

オンフルールですよ、北フランスの。

昨日、カルバドス飲みすぎましたね。


で、ここは旧港にあるモネとかが泊まった
ホテルじゃないですか。。



ほら、日が昇ってきました。
b0072051_2465912.jpg

旧港の町並みに朝日があたるのを
見に行きましょうよっ。

さ、起きた、起きたっ。





b0072051_321784.jpg

う〜ん、今日もいい天気になりそうっ。
ひんやりとした北フランスの空気が
気持ちいいですね〜。



あ、旧港の町並みが見えてきました。
b0072051_2483860.jpg

昼間や夜は観光客でにぎわっているのに、
朝は静かですね。。
人も全然いない。。


じゃ、ちょっと、
オンフルール独占させてもらいましょうか。






b0072051_39262.jpg
b0072051_253536.jpg
b0072051_2541679.jpg


う〜む、こりゃ、印象派のひとたちも
絵に描きますよね。。




あっちにはメリーゴーランドがありますね。
フランスの田舎のメリーゴーランドって
なぜかいいですよね。
b0072051_2565089.jpg



ちょっと近くまで行ってみましょう。




b0072051_2574725.jpg

あ、モンサンミッシェルっ。




おっと、独占かと思ったら、先客がいました。


b0072051_2591376.jpg

カモメの隊長、
ご一緒させてもらってもいいでしょうか。。



b0072051_313699.jpg

しかし、隊長、見事なバランス感覚です。。
あ、隊長、早起きの船が一艘、動き出したら
鏡のような水面がすこし揺れました。
水面に、印象派の油絵のできあがりです。


印象派の絵って、
早朝の船が出かけたあとの水面
だったんですね。




さて、カフェが開きはじめたので
何か飲みましょうか?
by ayu_cafe | 2006-11-26 03:21 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(12)

新シリーズ ayuと一緒に朝のお散歩 1

ねえ、ねえ、起きてくださいよ。



今日ちょっといい天気なんで
海までドライブしに行きましょうよ。



え?ここ、どこ、って?
湘南ですよ。湘南。あの海辺のカフェのある。
ねぼけてますね。。



さあ、起きた、起きた。。



んじゃ、ちょっとクルマの準備します。。
支度しておいてくださいよ。。





ごめ〜ん、派手なクルマしかなくて。。
b0072051_7265128.jpg

ブラックパール号っていうんですけど。。
ちょっと命を削って手に入れました。。
え?恥ずかしい?
ま、朝なんで、大丈夫、大丈夫。
気持ちいい〜んですよ、これが。
んじゃ、出発!




ま、五分くらいで到着。
モンサンミッシェル!
ではもちろんなく、江ノ島様ですね。
b0072051_7283074.jpg



こっちは、ヨットハーバー。
今日は光の加減がよくて、
海の青もすばらし。
b0072051_729381.jpg




ふりかえると、稲村ヶ崎。
う〜む、シーズンが終わると
砂浜もきれいなもんです。
b0072051_7313255.jpg




で、反対側は富士様。
b0072051_741754.jpg

あ〜、この景色みながら、中学生の頃、
毎日、チャリ通、してたなあ。。
(禁止だったけど。。)



島へちょっと入ってみますか。。


朝だとがらんとしてますね。
b0072051_737479.jpg



b0072051_73903.jpg

この時間のヨットハーバーは、
たくさんのヨットのマストに
風に吹かれたロープがあたって、カラカラという
音だけがしてるのがいいんです。



さ、じゃ、七里ケ浜まで行ってみますか。。


朝なのに、もう混んできた。
左が江の電(の線路)、右が海。
b0072051_7425217.jpg



でも、ここで混むの好きなんです。
海が、ゆっくり見えるので。。
b0072051_74343100.jpg





で、七里ケ浜到着。
b0072051_7454773.jpg

富士様と江ノ島様と(知らない)おじ様



b0072051_7461834.jpg

あ〜なんか、
フランスの港町、サンマロとか、
キューバのハバナのマレコン通り
とか思い出すなあ〜。


さ〜て、深呼吸して帰りますか。。




*タイトルは、憧れのブログ
カメラと一緒にパリでお散歩
アリアパパ様に敬意を表して、
マネさせていただきました。。
by ayu_cafe | 2006-10-21 08:12 | ayuと一緒に朝のお散歩 | Trackback | Comments(18)