ayuCafe

カテゴリ:大森靖子( 21 )

気づいたら。

b0072051_23023604.jpg


大森靖子師匠。
シングル発売前夜にこのいつもの鬱屈ブログ。
http://lineblog.me/oomoriseiko/archives/9793034.html?t=1
晩年の立川談志師匠の鬱屈と重なる。
ライブがとんでもないとこまで
いくときがあるのも談志師匠と似てる。
「気づいたら血だらけで
知らない町にいることがよくあった」
ああ、安心する。





by ayu_cafe | 2016-08-23 23:01 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

凄い20代はどこにいるか。根本宗子さんの舞台。

b0072051_6541930.jpg



この前、ローザスを観た
東京芸術劇場で根本宗子さんの舞台を
観た。

凄い20代、ここにもいた。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』、観た。うーーーーーん、かわいいなあ、根本宗子。ブログやツイッターやアー写から感じる印象とは全然ちがう。これだけのもの創造して、あの小柄さと可愛さは新しいし、すごい。元気でる。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。ワンダフルワールドエンドの蒼波純の凄さの時も思ったけど、大森さんはもはやメディアとか表現のプラットホームなんだな。だからコラボするひとを引き立たせる。あの刃物のような大森さんの表現は、こんな風に共鳴、拡大するポピュラリティがあったんだな。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。役者のひとたち、全員よかった。夏果てのあのハードさを、こんな風に、これほど身近に料理するのか。大森さんの魅力のコアにジャンルやつくりものではない、というのがあると思うけど、根本さんの作品も同じ。正しい息をするように楽しんだ。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。大森さんはいつも歌い出す最初のひと声で鳥肌がたつけど、今日は一曲目のイントロのアルペジオで鳥肌がたった。 鳥肌と言えば鳥肌実さん太ったなあ。でも素敵な変態だった。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。ツィート連投してしまったが、一言でいうと、元気でた。生きるのちょっと楽しくなってきた。腹が減ってきた。いいもんみた。



@ayucafe: 一夜明けて、大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。自意識と現実。そう言えばそうだった。自意識に呪縛されても、いつも現実は先を行っていた。だから、勝手な呪縛は、勝手なファンタジーで紛らせて来た。自意識と現実のあの二段組の舞台セットを思い出すだけで、繰り返し救われる。凄い作品。
















by ayu_cafe | 2015-06-07 06:43 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

頭がまわらなくなるまで考えたか。根本宗子さん。

b0072051_1761614.jpg





根本宗子さんのツイッターとブログから。



完本した。頭の中真っ白。こんか芝居を書く日が来るとは夢にも思わなかったです。
ニューヨークでもやってないと思う。これ。



眠れなくなったマクベスの気持ちが今ならばわかります。
くったくたになるようにして、文字を書きたくって、言葉を尽くして、
頭回転させまくって、泣きまくって、疲れはてないと眠れない。
夜の楽しいがよくわからなくなった。もう言葉がでない。頭も回らない。



3日(ねもしゅーせいこ初日)を楽しみに、
いろんなことを頑張って生きている人がいると思うとどんなことだってできるし、生きていける。
根性あればなんでも出来る。超越の先の強さも手にいれる。



演劇のことならなんだって手にいれたいし、入れられると信じてやってきたし、やっていく。
でもその他のことはどう手に入れていけばいいのかわからない。
手に入ったとしても結局他の誰かに手にされてしまう。
だから演劇の力を信じたい。今は特に。最強馬鹿なエンタメをやりたい。



明日からです。みんなが楽しんでくれるように、超越した2週間後、私はここに行き着きました。
とんでもなく幸せで、悲惨で、残酷で、楽しい地獄の2週間でした。
結果、一生忘れられないような演劇ができました。まだまだ私は終わりません。
明日から池袋でお待ちしてます。私は大森さんが大好きです。



苦しいとか辛いとかもうそういう感情はなくなりました。
空きのビールの缶も落ちてる下着も愛おしい今、人間が愛おしい今、
そうなった今私の道は間違ってないはず。
間違うわけがないはず。
3日からです。
こんなことでもない限り二度と呼ばれないかもしれない
芸劇シアターイーストをまた呼ばれるために頑張るのではなく、
今回を最強演劇にするために、今回のことしか考えず、爆死する覚悟でやります。
斬新、の、言葉のメモリが振りきれて訳がわからなくなった今の私のすべてです。














by ayu_cafe | 2015-06-03 09:00 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

「こんなものがいまの日本で見れるんだな」 大森靖子・中野サンプラザ公演感想まとめ。

b0072051_18261462.jpg





ツイッターから転載させていただきました。
問題ございましたら削除させていただきます。
敬称略。




ぴっぴ @pippimfmf

様々な感情をもって「人が生きる」ということを肯定する芸術は素晴らしいものたま、
と思わされた大森靖子さん@中野サンプラザワンマンでした。




ayumu aizawa @ayucafe

大森靖子、中野サンプラザ、圧巻。
最初、ピーインクって歌いだしただけで、おれ、自分のことやろう、
自分でいいんだ、と思った。
聖地でも、成功でも、ゴールでもなかった。
最後にステージ後ろ巨大な鏡が現れて、客が映った。
ぜんぶ君のことだよ、とでも言うように。
こんな演出、誰もやらなかった。




芸術胡椒 @nonezumi1229

大森靖子ツアーファイナル@中野サンプラザ、
初っ端の「PINK」で泣き「あまい」で泣き「呪いは水色」で号泣…と、泣いてばかりでした。
歌詞も曲も暗く悲しいものが多いけど、どの曲も一抹の希望というか、
直向きなパワーを孕んでいて、靖子ちゃんて何だかパンドラの箱みたいだなぁと思いました。




ayumu aizawa @ayucafe

大森靖子、中野サンプラザ。
人の目や社会の常識ばかり気にしてしまうわたしの上空で
ミラーボールがきれいな大森さんの宇宙をつくっていた。
大森さんはその客席の真ん中に、
自分のマイクをスタンドごと、どんっ、と置いて去って行った。
自由とか解放って、こうゆう感じか。




めこ。 @meko0640

何か一言でも言葉を発したら大泣きしてしまいそうで、
黙って中央線に飛び込みました。

右のつけまつげは行方不明です。

靖子ちゃん愛してる。




佐々木美夏 @sasamika815

ぞっとするくらい素晴らしかった。大森靖子@中野サンプラザ。
息を止めて見入ってしまう瞬間がたくさんあった。
言葉を尽くせばいくらでも書けるけど、そんなもったいないことは今できない。
彼女はもう、世間のイメージよりもっとずっと先の地点にいる。




あおい12さい @oyasuminasare

大森靖子ねえさんにピックをもらいました。隣に座られてしゃべりました。
震えてますむるむるむるむるむるあああああああああああああああああ!!!!!!!!!
『これでまた芸術が生まれるといいね』って




amano fumiaki @fumiaki_amano

大森靖子さんの中野サンプラザ。素晴らしかった。
「生きてていい」ってことを、今の彼女はこれほど強い力で伝えることができるのだ。
新曲のモチーフは「鏡」。僕らの喜怒哀楽とか、そこから零れ落ちるけど、
なかったことにできない感情とかが、彼女の芸術の中に鏡のように反射して、
映し出される。




エマ @ema_non810

大森靖子氏のライヴを初めて見てきた。
同じ時代に居てくれてありがとうという気持ちと同時に、
今女性SSWとしてやっているひとは大森靖子氏と同じ土壌に立つのは
凄まじく大変だろうなと思った。才能が圧倒的だもん。




さかさまつげ @yamuyamu_girl

今日の中野サンプラザでの大森靖子さんのライブ本当なんていうか
お母さんのお腹にいるみたいな心地よさだった。




えむ♀ @eeeeee217

もうライブっていう枠では収まっていないというか、
芝居でもコンサートでもミュージカルでもなくって「大森靖子」でしかなかったです
ちゃんと中野サンプラザの大きさの大森靖子になってました
それでも優しさと強さは何も変わってなくて、
たぶんそれって凄いことで、あと背中がめっちゃきれいでした
すき




さわのあやか @marime0085

大森靖子さんが良すぎて誰とも会話せずに帰る。
昔の曲も新しい曲も聴けて嬉しかった。
忘れかけてた女の子パワーを充電した。
やっぱ大好き!




せきこう @pochipukuro400

大森靖子はステージで表も裏もさらけ出している感じ。
それだけに気持ちが伝わってくるんだろうな。
時々、さらけ出す傷口が痛くて目を逸らしたくなったり、
明け透け過ぎて笑うしかなかったり。
感情を直接握りしめられて揺さぶられる。




♡ᙏ̤̫͚chihiroᙏ̤̫͚♡ @chi_hiro116

私、依存体質なんです。大好きになると人も服も依存しちゃうんです。
でも靖子ちゃんはちがう。依存はしてしまってるけど、
それ以上に背中をおしてもらっている。彼女の音楽存在努力他に。




ぱいぱいでか美・工房 @paipaidekami

大森さんのツアーファイナル@中野サンプラザに行きました。
出会った時のそのままの笑顔と優しさの大森さんが大好きです!
新曲じゃないけど、ほんと写し鏡のような方なので、
大森さんに会う時にちゃんと胸を張れる自分でい続けたいです。ワシが弟子や!




アビコマリオ @life_is_a_gas

私の神様は苦楽を共にする友人達でした。
そして我々と同じ様に迷い苦しみながらも決然とギターを鳴らし、
声を振り絞って存在を世に問い刻み付ける、華奢でか細い、
けど果てしなく美しい一人の女の子でした。
「みんなが持ち寄ってくれたものを倍にして返すミラーになりたい」
というアンコールでのMC。




渋澤怜 @RayShibusawa

今日の大森靖子ちゃんを見て、彼女は生贄なんだと思った。
日々の生活にかまけて人生の本質的なことを考えられてない私たちのかわりに、
本質まで降りて、悩んで、苦しんでくれてるんだと思った。
だから私たちは濃縮還元されたその歌を聴いて
一瞬で一度死んでもっとより良く蘇ることが出来る。




kotoeri @pianotodub

あかん…まだじんわりきてる…思い出して涙が…
もうなにがあっても大丈夫だって思えた。
嫌なことたくさんあってもうダメかなってなってたけど頑張る。




小林司@ミスiDP/妄撮P @mosatsu_p

中野サンプラザの大森靖子ワンマン。
端的に言って、生涯観たライブの三本指に入るほどすべてが感動的でした。




ayumu aizawa @ayucafe

大森靖子、中野サンプラザ。
不思議な公演だった。下積みからの感動も、
予定調和の最大公約数的表現も無し。
新曲、春の公園は、底なしのいたたまれない孤独だけがあって、
壮絶な演劇を一本見たくらいの重量だった。
リスナーは救われ、表現者は鼓舞される。
こんなものが今の日本で見れるんだな。




ayumu aizawa @ayucafe

大森靖子、中野サンプラザ。
弾き語りではじめてくれたのがすごくよかった。
バンドセットを初めていいと思った。カオス感が一番無かった。
このひとは本質的にまじめできれいで可愛らしいひとなんだろうな、
というのがよく伝わった。
そういうひとに個別に会ったような真摯な余韻がお腹の底に残っている。




accotas @necobutausagi

大森靖子さんがどんな思いで、どれほどの努力で
アンダーグラウンドから中野サンプラザに辿り着いたかとか、
考えただけでも泣けるけど、それ以上に公演として素晴らしいライブで、
放心するしかなくて、誰ともちゃんとおしゃべりできなくて帰った




ayumu aizawa @ayucafe

わたしもわたしが美しいと思うものを好きでいよう。
美しいと思うものを作り続けよう。実際のわたしがどうであれ。
顔を消したいと言いながら、子供じゃないもんをものすごく可愛く歌う大森靖子のように。
海が嫌いと言いながら、カリフォルニアのあらゆる波音を網羅するブライアンウィルソンのように。




大森靖子(おおもりせいこ)@oomoriseiko

昨日中野サンプラザに来てくださった皆様本当にありがとうございました。
7/15日発売シングル曲「マジックミラー」のときに登場させた鏡に映ったあなたの、
細かい感情を全部愛して、月曜の今日から、
あなたのステージでやっちゃってくださいね!








b0072051_18261437.jpg

by ayu_cafe | 2015-04-27 07:51 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

ほんとうのことと、新しいものが見たい。

b0072051_23435595.jpg



「わたしは、ほんとうのことと、
新しいものが見たい。
みんなそうじゃないのかな。
でもみんなノスタルジーが
好きですよね。」
大森靖子



明日、ほんとうのことと
新しいものが見れる。

ただのうた聞きに行くだけだけど。
でも、
声がこころになるような
ただのうた、聞けること
あまりないので。
by ayu_cafe | 2015-04-25 23:40 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

ゴマシオキッチンの大森靖子’15

b0072051_6464790.jpg





「今日来た人がひとりでも違っていたら、全然違った音を出しているはずなんですよ。」

大森靖子、秋田ゴマシオキッチン
ライブレポート。





「『この人、スゲー頑張ったんだな』って、素人のボクにさえ伝わるくらいの覚悟が見えて」

ノスタルジック大森靖子・・・




大森靖子さん中野サンプラザ公演、
発券したら、4列目だった。

でも、最後列だったとしても
大丈夫。
あのひと、私の孤独のためだけに
歌ってくれるから。
あのひとが歌えばどこでもそこが
ゴマシオキッチンになるから。
by ayu_cafe | 2015-04-18 06:41 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

大森靖子のことば、まとめ7 「新しい朝だ、やり尽くされてなんかいないよ、君にはまだ仕事があるんだ。」

b0072051_10295635.jpg





新しい朝だ、やり尽くされてなんかいないよ、君にはまだ仕事があるんだ。



どんな罰があっても、それが現場であるのなら、私にはとても幸せなことです。



私から見たら始めから全部終わってて、地獄だったんで。その地獄をどうやって楽しく生きていけるかってことで。地獄をちょっとでもマシに生きていこうっていう事です



手紙読んだよ字が汚くて読みにくくて長くて濃くてさいこう!



そのひとりを振り向かせるためにがんばった。弾き語りのライブなんてほんとにつまらない、だから、言葉の数も多くなった、面白い言葉をいっぱい言わなきゃ、情報量を多くしなきゃ、あきないように、で、こうゆう風になった、自分のスタイルが。



先日ビーバップみのるさんが楽屋だからって良いこと言ってて泣きそうになった言葉をいま思い出して泣いています。「大森さんが過激なところばかり取り沙汰 されるように、AVも過激なものばかり持て囃されていて、みんな諦めてる、でも違うでしょ、気持ちだよね」みのるさんにナンパされたい人生でした





私自身が私じゃなきゃできない仕事を模索してきたように、彼女達も挫折を知るアイドルで、またアイドルが無数にいるこの時代に、どう生き抜くか、アプガらしさとは何か、という問いに真摯に向き合ってきました。その姿はとても美しくて、私は出会ってすぐに好きになりました。



私は誰でもいいとりあえず踊れる音楽になるくらいなら、死ぬ気で馬鹿にされたり笑われたりしたいです。昨日まで大嫌いだったフェスを楽しくしたかった。



両極端なものを両方欲しいし、10秒後にはもう両方要らなくなりたいし、ずっとこんな風に気まぐれでいられますように。それを許させるだけの、説得力と努力は必須だよね、がんばる。



どこにいてもなんか馴染めないな、自分だけ違う気がする、みたいな救われない気持ちで心が折れそうになるのを、頑張れたのは道重さんの戦い方をみてきたからだ。



好きという信念こそ自由の根源。



小学校の卒業文集で将来の夢は、普通のひと、って書いてた。叶ってねぇー。



私の声を聴くための、とても静かな会場。同じ希望を託すための静寂を、私は何度もみてきた。この世で一番好きな景色。インターネットで文字を羅列することよりも、よほど表現力をもっているお客さんの表情にそれぞれの人生の重みを感じて、心が震えた。



私は、私の仕事があって、私のやり方で肯定しなきゃいけない人間がたくさんいます。既存の全ての芸術が、まだ網羅していない感情があるから、あたしみたいな、どうしてもみんなと踊れない人が生まれたり、日本に自殺者がたくさんいるんだと思います。



終わってしまうものに対していつも冷徹すぎる自分がいる。解散とか活動休止とか卒業とか死とか。アル中で死んだ私にギターを教えてくれた加地等というおっさんは、卒制中に浮気されて彼氏と別れた私に「幸せなときも悲しみの準備を俺はいつもしているよ」と最後の電話で言った。終わりは想定内になった



スーパー銭湯様にいって受付で「シャワー浴びたいんですけど…」っていったらおばさんに「は?」って3回聞き返されて「あちらの券売機でお願いしまーす」って言われたところで心が折れてずっと号泣してたので結局身体ベットベトです



みんなが毎日のイベントにわざわざ足を運んでいちいちお祝いしてくれるからうちはずっとお花だらけです。おかげで最低なことがあっても速攻で振り戻せた、avexに頼んでやらせてもらった連続リリイベ本当にたのしかった。いつも曲数多くてごめん。



「世界一可愛い道重さんへ。モーニング娘になりたくて、アイドルになった道重さんが、与えられたどんな仕事にもアイドルとして向き合い、いつも全力を尽くす所に惚れました。道重さんが愛して、みんなで作ってきたモーニング娘。が、これからも同じように愛され、育っていきますように。モーニング娘。は、やっぱり永遠の愛の形です。性格の悪い私に、暖かい気持ちをいつもありがとう。気持ちを込めて、モーニング娘。の曲を歌いたいと思います。」

「私も私の仕事を頑張ります」



帰りにうどん食べてくわ 明日が待ってるもん の歌詞の素晴らしさを伝えるためだけにミュージシャンとしての評価を得たい



作詞で影響受けたのはつんく♂さんと小室哲哉さん。女の子の身の回りの小さい出来事から急に飛躍して世界平和を言い出す所。あの2人はたぶん本気で音楽が世界を平和に出来ると思ってる。邪心がない。



西口「なんかこんなイベントに呼んじゃってごめんなさいね。格あがったのに」 大森「このイベントに呼ばれるために仕事頑張ってるんですよ」



〜くらいしかたのしいことないツイートしようとしたら、料理と服買うのと作詞と歌うのと絵描くのとファンレターの返信とナナちゃんと喋ることが思いついたからけっこうあった。ことしをがんばれるかなあ、きついこといっぱいあるけど、がんばろう、がんばろうね



浄化したい 明日はお花を買おう



私は汚い。だからたのしい。私は自分がしょうもないから、本当に心が清くてかわいい人がどれだけ尊いかがよくわかる。本当によかった。



アスカ以外は全員嫌い



ちゃんと対面で話すことはほんとのこと。ネットは全部嘘だけど。。これいけるとおもったことがいままで100くらいある。でも6年なにもなかった。いけるが、100くらいあってやっとメジャーにいけた。だから簡単に落ちない。積み重ねてるから。



なんか単純に声と歌の力を信じてない人たちがけっこう多いんだな、っていうのはフェスとか出ても思いましたね。歌を聴きたいのに歌がない。



自分のライブで、特に弾き語りのときはけっこう対等になれるっていうのは感じますね。発信側としてお客さんを支配することができない。っていうのが逆に面白くて。



何か使えるものがないかなって思いながら歩いてる。電車の広告とかを見たり、人が話してるのを聞いたりして、誰でも分かる言葉を探してる。でも単純に分かりやすいだけだとつまらないから、羅列を崩して面白くしたいと思ってる。



ぼろぼろになっていく私を、これからもずっとみていて下さい!



お客さんの重さがなくなったらメジャーやめる。 ふとんを出て家を出るのは嫌い。でも皆そんな大変な思いをして来てくれる。 その一人一人の重さを感じたい。 今は増えたけど、5年間はお客さん一人だったから。 皆、米粒にならないで、気持ち悪いくらい重たいままでいて。



イヤホンから流れる音楽で、いつもとおんなじ地獄が少し違う色にみえていた、愛せるかもっておもった奇跡を、現実をちょっとだけマシにする魔法を、私が、どんな思いして手に入れたかなんて誰にも言いたくない。



日本じゃなくたって今日も世界が大嫌いで安心するー NYの4:44



だって聴いてほしいですもん。 ファミマのゴミ箱の前に座っているギャルとかにも。



学校から、辞めろって言われたけど、 辞めないでやりなさい、ってお母さんに言われて いまも、その気持ちで音楽やってます。


女の人の曲線が好きだったのでAV買って、きれいなところで止めて絵を描いてた、大学の4年間は。口きいたのは、守衛さんに挨拶するくらい。

夢はたいがいかなわない。でも、口に出した夢しかかなわない。だから100個くらい言えば一個はかなう。


ほんとは音源は正座して聞いて欲しい。どんな人間かわからなくても、私のことだけ考えて欲しい、聞き込んでクルマの事故とか起こして欲しい。


来年舞台やります。テーマは夏果てになるかも。それまでお互い死なないで頑張りましょう。


音楽とかラジオとか、景色を変えますよね。ちょっとだけ変えたいんです。



道重さんのような、 失敗して、傷ついて、今が一番美しいっていう方が大好きですね。



初恋は、小学6年の時、学級委員の浜村君、キラキラしていて、こっち側に引きずり込みたくて、ボコボコにしたくて、いつもいじめてた。



大好きなAV女優に、なにをしたら喜んでくれるだろうと思って、たぶん、お金に困ってこういうことをしているんだろうと思って、お金をもってイベントに行って渡した。



つらくてダメな時は、寝るしかないですね、 寝る、食う、○○○○。



こういうブルースを肯定する作品がすくなすぎる。みんな、夢、希望。だから悪いことが起きる。ブルースを肯定する作品が世に増えるといいですね。



鬱々した時間を持つのは、大切。その分、ひとに優しくなれる。



考える時間があるから自意識過剰になる。



可愛いと思う基準は、自分が可愛くないという自覚。


男より面白くなってしなう女は合コンでモテない。

悪女の、一番電車、っていま言いますかね、始発?でも、一番電車の方がいいですね。


「こんばんは、こんにちは、おはようございまーす」「他で講座やってるみたいだけど、答えここでも教えます。死なないそれだけです」。



「ずっと自分を肯定してくれるものがなかった。大学に行ったら全ての芸術はやりつくされてる、って聞かされたけど、 じゃなんで、わたしはこんなに寂しいの、と思った。まだまだやられてない穴はありますね。」



本当はもっと誰にも言えない、もしかしたら自分でもわかってないようなところをちゃんと言葉なり音楽なり芸術に落とし込むことができたら、すごい快楽だとおもうんですよ。生きてることが3倍くらい楽しくなるはずで。



叩かれても疎まれても捨てなかった自由と孤独を武器に、 才能が死なない世の中にする努力をしようと思っています。



魂の美しい文学が歌が芸術が撥ね付けられながら受け入れられていく様を、もっとみせられていれば、希望になれたかもしれないよな、



自殺は殺されるのと一緒。それって負けじゃないですか。 死んだ方が楽に決まってるし、 何回も死にたいと思ったけど、 殺されるのなんか絶対やじゃないですか、そんな自分を追い詰めてる人間に。



ええ。自分と向き合って出した答えじゃないとキケンだと思いますね。自分の意思で動ける人のほうが面白いから、そういう人が増えたらいいなと思います。



魂で生きることの喜び、おもしろさみたいなことですね。きっと多くの人がなんとなく生きているふりをしているだけだと思うんですよ。“こうするべきと言われているからこうしている”っていう。



「生きる」という動詞やマネじゃなくて、いま自分が本当にしたいことは何かとか、本当に感じていて、言いたいことは何かということに繊細になるきっかけになりたいですね。そっちのほうが楽しいに決まっていると私は思うから。




街に普通に浮かんでて誰も言葉にしてないものってめちゃくちゃあるじゃないですか。このなんかフワフワ浮いてる、気持ち悪い、この街のこの感じ。そういうもの全部にちゃんと明確に言葉とメロディを付けたいんですよね。



私は全員がもっと感情的で、みんながみんな好きなこと言って、ぶつかり合って殴りあって面白いもの作っていこうぜ!っていう社会のほうが好きなんですよね。



悲しければ悲しいほど快楽が得られる、みたいなのが好きじゃないんです。ほんとに忠実に楽しいものをちゃんと追い求めた人が楽しいものを得られる世の中のほうが好き。



私のこと好きでも嫌いでも、言葉にどんなに嫌悪感を抱いても、絶対に頭に残るメロディを作ろうと思ったんですね。



EE JUMPの「おっととっと夏だぜ」みたいな雰囲気にしたくて。ああいうのが大好きなんですよね。言葉のスピード感が自分の脳みそに廻る感じがちょうどよくて



毎朝6:30にコンポから森高千里さんの「飲もう(気分爽快)」がかかるように設定されてて、設定の直し方がわからなくて3年くらい毎朝聴いてましたね(笑)。



ある人がDJをしてるのを観て思ったんですけど、曲がかかっているだけでバンドとかが演奏しているのと同じノリで盛り上がってて、それなら別にバンドいらないじゃんって思ったんです。いらないじゃんっていう状況って何でかって言うと、ボーカルの歌が弱いからだと思うんですよね。そのボーカルの人の歌心がちゃんと伝わってないからそういう状況になるんだなって思って、私はそこだけはちゃんとやろうって思ってますね。



ピロウズのライブで「20年やってたらココ立てるから。俺が立てたんだから誰でも立てるよ」ってMCで言ってて。その時、私は音楽を始めていたときだったので、「あ、やろう」って思いました。



天神の地下にある定食屋さんにギターを持って入ったときに、お店の人から「音楽やってんの?」って声かけられたことがあって。そのあとお店の人がCDを買ってくれて、そのお金で焼魚定食を食べることができたんですけど



頑張るって何?ってことをすごく考えた。で、頑張るって、もっと頭を使う話なんだってことに気づいたんです。



人が誰かを傷つけるのって、その人が自分で生きているって実感がないからだと思うんですね。自分の発言、行動に対して責任感がないんだと思う。だけど自分 は人を傷つけるだけの発言力があるんだ、生きているんだって実感があれば、もうちょっと人に優しくできるはずなんですよ。



基本的に生きるって気持ちいいことがいっぱいあるから、生かされるんじゃなくて、生きるってこんな気持ちいいことなんだっていうことを感覚としてわかってほしい。



自分が生まれ持ってきた顔とか体とかDNAによる思考回路とか、そんなものよりも自分がいいと思って聴いてきた音楽とか、見てきた景色とか、行きたくて行った場所とから会いたくて会った人の方が尊いっていうか。



孤独は一番の財産だと思ってるし、大切だし、面白いし。 孤独は怖くないですね。だって孤独じゃなかったら空っぽじゃないですか。孤独だけがオリジナリティっていうか。



炎上とかするひととかすぐ好きになっちゃう病気なんです。



ラーメンってドラッグですよね。



ひとと、自分の身体を傷つけなければ、全部ノーマル。



可愛いひとでもなれない可愛さを道重さんが手に入れてるところが かっこいいいと思います。



Q.しょぼい男ってどんな男? A.だいたいしょぼい。



女性シンガーソングライターのイベントに出て、最前列のおじさんが私だけ写真を撮らずに写真チェックしていたので、悲しかったので、そのカメラを壊して、駅まで逃げた。



学校で人気だった女の子の、いま、どうでもいい感、はんぱないですよ。家事手伝いとか(笑)学校とか、あんなに小さなところにいたんだ、と思いますね。



楽しかった、つらかった、ってツイッターでサーチしてみると面白いですよ。みんなたしたこと書いてないですよ。



売れるっていうのは多かれ少なかれ、自分を蹴り上げて、それが私とどれだけ乖離していても、上へ上へ何度でも蹴ることで達成されることだと思います。スターの先天性がない人間の最初の一蹴をロックと呼ぶのだとも思います。



メジャーだろうがインディーだろうが、仕事というのは人と人とでしっかり対話して何かをつくることだと思うので、そこは関わる人数が増えてもきちんとやらなければならないと思いました。



毎回、毎日大森靖子を殺して1からやり直すつもりでライブや曲づくりをしているので、



埼玉で旦那と喧嘩して、一緒に居たくないから、どっか行かなきゃ服脱ぐよ、と言ったら、旦那にこんなとこで脱いだって誰も見ねえよ、と言われ、脱いだら、本当に誰も見なかった。



男に殺意を抱き、バイクのブレーキのワイヤー切ろうと思ったけど、それはやめておしっこかけた



私は安定していつもクソですよ!



私はクソですががんばるクソです



おはようございます。 風で黄色い葉っぱが舞ってきれいです。 がんばろうね




届けることを諦めずに大切にやっていくための音を、弾き語りや、この編成でつくっていきます。ライブにきてくださる皆様に生きてるって実感してもらえるような、美しい空間を一緒につくれるよう、全力で音楽と向き合い、声が心になるように一瞬一瞬戦います。




******************



ソールドアウトした
中野サンプラザ公演は、まもなく。
わたしもわたしの仕事をする。




b0072051_102957100.jpg










by ayu_cafe | 2015-04-07 09:25 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

歌詞とは、行ったことないのに想像してしまうもの。

b0072051_13135481.jpg





大森靖子さんのツアー鳥取公演のレポート
http://ototoy.jp/news/81369
から。


ここで大森は、最初にこの会場でライヴを行ったときのことを振り返る。
当時はいまほど人気がなく、主催者が近所の人たちを集めてくれたため、
年齢層の高い客層になったとのこと。

そのなかのひとりがライヴ後に書いたブログで
「行ったことないけど、新宿のジャズ喫茶みたいだった」と
表現していたことについて、
「行ったことないのに想像してくれるような場を作れたらいいなと、すごく思っていた」と喜ぶ。

「歌詞を書くことってそういうことじゃないですか。」
by ayu_cafe | 2015-04-03 12:03 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

蒼波純、世界解禁。*ワンダフルワールドエンドひとりまとめ*

b0072051_1212675.jpg



今日公開の
ワンダフルワールドエンドを
去年10月のワールドプレミアで
観た時のツイートひとりまとめ。

蒼波純、という突然変異の
圧倒的な存在。
橋本愛の才能。
大森靖子と
SPOTTED PRODUCTIONSと
ミスiDの
かけ算が自力で結実している
同時代の事件。


せつなさ、絶望、焦燥、
純真、美しいものを求めること。






@ayucafe: ワンダフルワールドエンド、ワールドプレミア。観終えて、大森靖子さんに見送られてエレベーターに乗る。
蒼波純がすごい。蒼波純がすごい。蒼波純がすごい。蒼波純がすごい。ワールドプレミアでもう公開終了でいい。
世界に見せるなんてもったいない。
蒼波純がすごい。




@ayucafe: ワンダフルワールドエンド。
これですべてが紐解かれる仕掛けに
なってるのか。
しかし、大森靖子っていう
エンタティメントの豊かさ。
どんだけ用意してるんだ。
寝れてるのか。。




@ayucafe: ワンダフルワールドエンド。
大森靖子さんのうたとギターは
いつものように鳥肌が立つ。
橋本愛は過去最高に可愛いのでは。
そして、終盤の蒼波純のあのセリフ聞いたら、少なくとも数万人は自殺やめるだろうな。



@ayucafe: 身体の調子悪かったけど、
ワンダフルワールドエンドみたら、
直った。
蒼波純が世界に見つかってしまう。
シネクイントの向かいの
パルコPart1の水野しずさんの
壁を眺めて気を落ちつかせる。
が、落ちつかない。



@ayucafe: そういえば
大森靖子さんの
恵比寿リキッドルームの時、
VTRでスクリーンに蒼波純さんが
現れた時のあの会場のどよめき。
もうすぐ世界がどよめくのか。
大森さんが、また世界を、
塗り替えた。
ワンダフルワールドエンド




@ayucafe: 気持ちがつんのめりながら
告白する橋本愛さんの凄い演技。
でも、あの時、橋本愛さんが
大森靖子さんにしか見えなかった。
映画なのか、傑作なのかとか
どうでもよくで、
この作品にあるのは、
大森さんのもどかしい気持ちだけ。
ミッドナイト清純同性交遊。
ワンダフルワールドエンド。



@ayucafe: 一夜明けてワンダフルワールドエンド。
蒼波純さんが最初にひと言「ヨコハマ」と声を出すともうゾクっとする。予告編でも冒頭に出てくる「コメント、コメント」の発声が世界を更新する。二人を撮ってあげる時のiPhoneを持つあの挙動。そして終盤の強いあのセリフ。天才の誕生か、刹那の奇跡か。




@ayucafe: ワンダフルワールドエンドを観てなぜ感想を連投してしまったのか分かった。あの映画がたぶんいままでいちばん大森靖子の普遍性をフルボリュームで鳴らしてる。メンヘラでも話題性でも少女性でもない。キラキラしたものに焦がれる濁流のような普遍性。エンドロールで歌われる言葉、「生きてゆく」。










by ayu_cafe | 2015-01-17 12:09 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

大森靖子のことば まとめ6 「君の毎日は全部かっこいいって教えてあげたいよ」

b0072051_16511563.jpg




skreamというフリーペーパーのインタビューが神憑っている。
http://skream.jp/interview/2014/12/oomoriseiko.php


この時代の教科書。








人が生きやすいようにいっぱい作ったルールが、
結局、生きづらさに繋がっているっていうのが今の社会なわけじゃないですか。


メジャーの事務所も、こういうものが売れやすいからこういうものを売り出そうって、
いっぱいいっぱい場数を踏んできて積み上げてきたことによって、
逆に根本が見えなくなっちゃってるというか、時代を読めなくなっちゃってる。
そういうところを1回こじ開けないと、面白いものは続かないなっていうのがあって。


で、実際にフェスに出てみたときに、歌を歌っている人が少ない気がしたんです。
上手いバンドが多すぎる。それを観て、これはまずいぞって思ったんですよ。


ただ、ゆとり教育って、本質とか理由とかを説明せずに教育しちゃったんですよね。
敬語とか、"なんで使わなきゃいけないのか?"っていうことを説明せずに、
"敬語は使わなきゃなりません"って教えちゃうような。


そうやって合理的なことばっかりを教えすぎてきたし、
社会の風潮もそういうものだったから、
"そんなんじゃ社会に通じないよ"っていうことを平気で言えて しまう、
ある意味ではすごく正しい子たちなんですよ(笑)。


でも、賢すぎるから、本質的なことは全部すっ飛ばしてるっていうか。
"こういうことをすれば売れる"とか"こういうことをすれば人は盛り上げれる"とか、
その本質にある"何故?"っていうことを全部すっ飛ばして結果だけをやっちゃてるから、
それは 結構危険だなって思ってて。


そしたら、有名な曲で踊ることだけを求めてる人たちが集ってるのかと思いきや、
意外に、よくわかんないし踊りかたもわかんないしどう観ていいかわかんないのに、
私のことをちゃんと観てくれたんですよ。ちゃんと聴いて、耳を傾けてくれて。
お客さんがそういう姿勢の人たちだったから、まだ全然、需要があるなと 思って。
だとしたら、"私だけじゃまずいじゃん"って思ったんです。


本質的な表現を求めてる人がこんなにいるんだってフェスに出て気づけたから、
それなら自分は上手いこと本質を残したままメジャーに出て、
暴れて、1回"こんなのもやっていいんだ!"っていうことを気づかせないと、
(シーンが)本当に行き詰っちゃうなって思ったんです。


でも、ロック・スターって当番制みたいなものなんだなって思うんですよ(笑)。
今他にいないから、やんなきゃいけない。
でも、私なんかがやんなきゃいけないのもまずいなって思いましたけどね(苦笑)。


別に音楽じゃなくてもなんでもいいから表現したい
っていう原動力のあるものが自分は好きだったから、
そういう人に熱を与える作業がしたいって思ってきたけど、
それとは別にめちゃくちゃ音楽オタク的な自分もいるわけで。
それをどう隠してやろうか、バレないようにバレないようにしたいってずっと思ってたけど、
意外にバレるんだなって。


あとは、難しいことをやってるって思われたくないんですよね。
どんどんみんなに感覚的になってほしいし、どんどんみんなに作品を作ってほしいし。
音楽だけ じゃなくても、絵を描くことでも服を作ることでも、
"ものを作るってこんなに楽しいよ"っていうことが先に伝わってほしいから。
コンビニの前にいるギャル とかにも伝わってほしいんですよね。


人間って本質を怖がるし、私が忠実に表現っていうものをすると、
目の前でおじさんが急に裸になるのと同じような衝撃を与えて、
"うえっ、無理ー!"ってなっちゃうと思うんですよね。


本当は、メロディと声だけで伝わるのが1番いいと思ってるし、
それで伝わると思ってるんです。でも、それだと飽きちゃうし、
それじゃあエンターテイメント にならないから言葉がある、ぐらいの感じに思ってて。


"脳みそをジャブジャブ洗おう"っていう意味の方が自分の中では強くて。
ライヴも段々と、自分がゲロ吐いてるとか自分が脳みそを見せてるっていうイメージから、
みんなの脳みそを引っ張り出して"こんなんだよ"って見せてるイメージの方が強くなってきて。


お客さんの顔の表現力の方が自分の音の表現力より勝ってたりするんですよ。
すごい泣いてたり、嫌な顔してたり、退屈そうな表情してたり......すごい なぁと思って(笑)。
それって、Twitterで"よかった!"とか呟くのよりも速いし、強いし、
そっちの方が感動しちゃうわけじゃないですか。
人間力ってこういうことだな、人が生きるってこういうことだなって思って。


Twitterみたいな安易なのって、あれはやっぱり表現じゃないから。
無料だし。お金を払ってライヴに来るって、それだけ労力を費やすってことだから、
"ライヴに来る人たちは表現をしに来てるぞ"ってすごい思ったんですよね。


人ひとりが生きてるっていうことのバランスを保てる場所を作りたいと思ったんですね。
私が生きてることと、お客さんひとりが生きてることの重みを同じくら いにしたかった。
その均一化を図ってるのか自分のライヴだなって思って。
みんなで脳みそを見せ合いっこして、同じ音を味わって、スッキリして帰ろうみたい な......
自分のライヴはそんな場所だなって思ったんです。


でも、みんな面白いですよ、やっぱり。"すんげぇ走って来たんだろうな"とか、
"今日化粧薄いから、急いだのかな?"とか、可愛いじゃないですか、
その人の1日みたいなものがわかるから。だから、好きなんですよね。


そのときに、自分が何を作るべきかとか、本当にしたいこと、社会に対してすべきことを、
洗い出して考え直したんです。なんで売れないのかとか、
なんでこんなに何をやっても意味ないのか、とか。
じゃあ、何をやれば意味があるのか、とか......
ものを作ることに関して、自分の気持ちをどう表現するか?って ことばっかりやってたから(笑)。


"写真は死の匂いが強すぎるから、
あんまり死の匂いのしない写真を撮ってください"って言ったんですよ。
写真って、過去を切り取ったものじゃないですか。
それに四隅があって限界があってって、どうしても死の匂いがするのは当たり前なんだけど、
それをなるべく消してくださいって言って。


だから、"生きていく"っていうことに対しての思いはありますね。
死の匂いがする表現は嫌です。
でも、生きれば生きるほど死の匂いは強くなるわけじゃないですか。
なるべくそれを排除したいっていうのがありますね。


あと、やっぱりみんな自分が上手くいかないのを誰かのせいにしたいだけだから。
それでその人が円滑に行くならいいけど、
それを私のせいにしたところで何も円滑には行かないよって思う(笑)。
それでお前はどうにもならんよって。
まぁでも、私も売れてないときに、売れてるバンド見て文句言ってましたからね (笑)。
でも、結局売れてないのは自分のせいなわけじゃないですか。


自分に影響力がないことに絶望してる人が多いと思うんです。
でも、自分の1個の感情とか、自分の中の"なんで?"っていう気持ちとか、
言葉にできないけどなんかあるなっていう気持ちって、絶対に人にすごい影響を与えるものだから。


"こういうことを思っちゃいけないんじゃないか"って考えちゃうことって、
まだまだいっぱいあると思うんですね。特に女子。
こういうことを考えた時点でア ウトだって思われるから、
感情をなかったことにして消してしまう、みたいな......
そういうことってよくあることだと思うんですけど、それを消した い。


みんな、ネットとかで表現してる気になってるのかもしれないけど、
私には"ネットって今ってすぐに表現できていいよね"じゃなくて、
"表現しても表現しても意味なくて可哀想だね"って思えちゃう。


だから、ひとりひとりが生きてること、
ひとりひとりがものを考えることに対して肯定的でいたい。
ちゃんと生きてほしい。
その人がその人の会社とかでできる ことだってもっとあると思うし。
生きる意義、みたいな......
それをみんながしっかり考えたらもっと面白いはずなのにって思いますね。
そこに対して働 きかけができればいいなと思います。
by ayu_cafe | 2014-12-02 07:52 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)