ayuCafe

<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ねこものまね act.4

b0072051_3265648.jpg

ピアニスト(陶酔型)
by ayu_cafe | 2006-07-30 03:27 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(14)

いちパイレーツオブカリビアンとして

b0072051_3311357.jpg

先週末は「パイレーツ・オブ・カリビアン」を
観に行ってきました。
元々、自分自身、「パイレーツ(海賊)」であり、
「カリビアン(カリブ育ち)」である手前、
観に行かないわけには、いきませんでした。
(↑特に意味なし。。気にしないでください。。)

可笑しかったのは、主人公たちの乗る海賊船が
大蛸の怪物におそわれて絶対絶命になるとき、
火薬をあつめて、マストにつりあげて
爆発させようとするんだけど、
火薬がもう足りない、
とっさに、オーランドブルームが
「ラム酒」の樽も一緒に爆発させよう!
と提案すると、
他の海賊たちが、みんな
「えっ?ラムを?」
って悲しい顔をするところ。

今まさに自分たちの船が破壊されそうな時に、
「ラム」の心配をしてる海賊達って最高だなあ、
と思いました。

ジョニー・デップは、こずるくて、調子がよくて、
自分の好きなことがあって、そして、誇り高い、
ジャック・スパローというキャラクターを
見事に記号化していて、
素晴らしいと思いました。

ディズニーからは、酔っぱらったような
しゃべり方と、オカマみたいな歩き方をやめろ、
と散々クレームをつけられていたみたいだけど。。

考えてみると、ジョニー・デップが
「ラスベガスをやっつけろ」や
「スリーピー・ホロウ」や
「コープス・ブラインド」や
「シザーハンズ」や
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
という“主要”な作品で演じているキャラクターは、
みんな同じことをメッセージしている
と思いました。

それは、世間の意見や偏見の外側で、
静かに無垢に、自分の世界を見つめること。。
誰かに説明なんてする必要のない
自分の世界観で、気高く生を楽しむこと。。

翌日、alfa romeo spider
(ブラックパール号と命名)を
車検に出しながら、
いちパイレーツ・オブ・カリビアンとして
異議なし、と思いました。
by ayu_cafe | 2006-07-27 06:00 | ayuCafe 映画 Bar | Trackback | Comments(9)

一生が海なら、毎日は波

b0072051_032315.jpg


本をちょっとまとめて買いました。
(めでたくボ様が、お出になったので。。)

ジャック・プレヴェールさんの
「鳥への挨拶」という詩集というか絵本
(訳がジブリの高畑さんで、絵が奈良美智さん)

「モダンアンティーク・テーブルウエア」
というイギリスの食器の本
(食器もいいけど、ページの配色センスが抜群)

「こわれない風景」という
吉村和敏さんという人のカナダの写文集
(なにしろ、谷川俊太郎さん推薦)

「サ・ヴァ、サ・ヴィアン」という
ピエール・バルーさんの本
(これは、良くできてる。
どこからでも読める、何度でも読める
フランス行くときの“飛行機本”にしたい)

「北フランス 小さな街紀行」
(ガイド本なのに、文が主観的で面白い、
地図に載ってないような街まで紹介してる)

「映画でお散歩パリガイド」
(本の真ん中あたりに、トレペみたいな薄い紙で
パリの地図が挟み込んであって、
それに、映画に登場したポイントが落とされてる。
これいいなあ)

「ユトリロと古きよきパリ」
(これで、まとまったユトリロの作品を
いつでも持ち歩ける)

そして、なぜか
「たりないピース」という
宮崎あおいさん、宮崎将さんの兄弟が
インドを旅する本

買った、買った、重かった。。
(↑hip hop風)
ま、ちょっと自分への「お疲れ」も含め。。
根をはるための栄養としても。。

ジャック・プレヴェールさんの詩集の中に
“一生が海なら、毎日は波”
っていうことばがあって、軽くクラッとした。

この本で、奈良さんが描いたある女の子の目が
海みたいで、クジラの目みたいで、
とぷん、とその中に落ちそうで、
そのページを見るのがちょっと怖い。
by ayu_cafe | 2006-07-24 01:43 | 海辺の生活 | Trackback | Comments(15)

根をはらないと花は咲かない。

b0072051_22272741.jpg

と、ショーメというジュエリーメーカーの
女性が本の中で言っていたのですが、
つまりこうゆうこと?
(たぶんちがう、そのままなので。。)


ま、土地とか街とかいう意味もあるでしょうが、
なにか自分のベースとなるものを
見つけて、持つ、みたいなことなのかと。

それにしても、見事に
地面から大見栄きって咲いてる、
カサブランカという名前のユリ。
最近、毎朝、出勤前に喝を入れられます。
by ayu_cafe | 2006-07-15 22:25 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(8)

ねこものまね act.3

b0072051_1553017.jpg

張り込み。


※注意!
あなたも見張られている!
ねこ刑事(デカ)に!
by ayu_cafe | 2006-07-12 01:56 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(8)

ドイツからのおみやげ

b0072051_115669.jpg

ドイツ・ワールドカップに行っていた
クライアントの社長様が帰国。
おみやげを買ってきてくれていてびっくり。
制作費いただいている立場なのに。。

慌ただしい日程の時の海外で
おみやげ買うの結構気力いるはずなので、ホロリ。
ひとつひとつ真剣にやっててよかった、
とまたホロリ。

このボールペンは、軽いですが重いです。
ひきつづき、ひとつひとつ真剣に
仕事させていただきます。
(あたりまえですが)
by ayu_cafe | 2006-07-11 01:10 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(4)

ayuCafe この一品 no.2

b0072051_3315177.jpg

名付けて、“貝ガラス”。


◆つくり方と楽しみ方◆

海岸へ出かけて、
波打ち際で、貝殻を拾い集める。

貝殻を水できれいに洗う。

お気に入りのガラス瓶に貝殻を入れて
ふたをする。

ガラス瓶に朝日があたるのを待つ。

紅茶をいれる。

紅茶を飲みつつ、
朝日のあたった貝ガラスをながめて、
ぼーとしながら、
海のことを考える。
by ayu_cafe | 2006-07-09 03:41 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(4)

梅雨の晴れ間のかわいた風の日

b0072051_16572587.jpg

梅雨の晴れ間、
気持ちのいいかわいた北風の日。
木漏れ日の下で、
ふっさりと咲いた紫陽花が
うたたねをするように揺れる。

たっぷり働くために、
たっぷり休憩。
by ayu_cafe | 2006-07-08 17:15 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(4)

いい夢みました。。

b0072051_3281385.jpg

もう、日本のサッカー、見ることもないかな。。
クロアチア戦のミドルシュートは
泣きそうになったよ。
やっぱ、どんなポジションでも、
走り回って、ミドルシュート打ち続けないと、
駄目ってことですかね。。
了解です。やってみます。(自問自答)

マルセイユでの世界選抜以降、
いい夢見させてもらいました。
ヒデ、グラティエ。
by ayu_cafe | 2006-07-04 03:38 | ayuCafe ねこ Bar | Trackback | Comments(4)

雨のあがった夕暮れの海岸

b0072051_0182136.jpg

フランス北部、ノルマンディーの海岸、

では、もちろんなく、辻堂西海岸。

まとまった雨のあがったあとの海岸は
いつも波が大荒れで、
大きな音がしてるけど、
なぜか落ち着きます。
by ayu_cafe | 2006-07-03 00:23 | 海辺の生活 | Trackback | Comments(6)