ayuCafe

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

晩夏

b0072051_2193220.jpg

by ayu_cafe | 2006-08-31 02:20 | | Trackback | Comments(8)

ねこものまね act.6 夏休みも終わりだよスペシャル!

b0072051_1173859.jpg

盆踊り!

♪ちゃらちゃ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、
ちゃらちゃ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、
はああ〜、おどりおおどるなあああら〜
ちょいととおきょうおおんど〜よい、よいっ

(解説)
ねこ様が、熱のこもった踊りで
今年の夏を締めくくってくれたので、
もう寂しくありません。。

(しかし、すみません。。バカで。。)
by ayu_cafe | 2006-08-30 01:24 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(12)

初バトン酒バトン

b0072051_442435.jpg

大事なお祝い事があって、
七里ケ浜のイタリアンのお店で
シャンパンなどたしなみました。

ちょいと早めに行ったので、
海の見えるテラス席で、
海がとっぷりと暗くなるのを眺めながら。
波の音に囲まれつつ。。

初バトンをいただきました↓
by ayu_cafe | 2006-08-27 09:15 | 海辺の生活 | Trackback(1) | Comments(6)

ねこものまね act.5

b0072051_2101858.jpg

張り込み 2


(解説)
百日草とすだれ越しに、
早朝の張り込みは続いた。
しかし、うしろから撮られている
ことには、てんで気づいていない
ねこ刑事(デカ)であった。。
by ayu_cafe | 2006-08-24 02:14 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(8)

ayuCafe この一品 no.3

b0072051_1264633.jpg

COMME CA ISM作
ジャポネスクうちわ。

しかし昔の日本の子供って
解放的。。。
by ayu_cafe | 2006-08-23 01:27 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(2)

ふりかえると、木槿(むくげ)の花が咲いている

b0072051_22531628.jpg

夏、出勤する時、いつも、
家を出てすぐふりかえる。
すると、
ギラギラとした真夏の光の中で、
誇らしげにのびのびと
木槿(むくげ)の花が咲いている。

たいしたものだと、思い、
それじゃ今日もひとつ、
仕事にも仕事以外のことにも
柔軟に取り組んでみようかなっ、と思う。
そして、紫色の残像と一緒に
東京の職場へ向かう。

たぶん、おそらく、
20年後、30年後、100年後、200年後、
どこかで、この家の夏のことを
思い出す時、そこには、
ギラギラとした真夏の光の中で、
木槿(むくげ)の花が咲いている、
はず。



曇りバージョン↓
b0072051_1173023.jpg

by ayu_cafe | 2006-08-20 23:07 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(4)

ゲド戦記の雲と夜空と風の音

b0072051_23394850.jpg

ずいぶんたくさんの色やかたちの
雲が見れた。
波打つ草原の上の明るい夜空が見れた。
小高い丘の上の風の音が聞けた。
畑の石垣から、チョロっと出て来て、
すぐにひっこむ、とかげが見れた。

ケルトムード満載の映画を見ながら、
ノルマンディやブルターニュって
こんな感じなんだろうな、と思った。



(まさか見てないとは思いますが、
 ジブリの方々、画像使ってすみません。。
 でも背景最高でした。。)
by ayu_cafe | 2006-08-19 23:53 | ayuCafeジブリ詩集 | Trackback | Comments(2)

次の雷が鳴る前に

b0072051_716489.jpg

雷の音が嫌い。
花火の音が嫌い。
大きい音がすると、
しっぽをさげて、身を屈めて
ベットの下に入っていく。

宅配の人が庭に入ってくると
窓の中から、うなる。
早朝、仕事で徹夜明けで帰ってきた
飼い主にも、うなる。

箱が好き。
箱を見ると入らずにはいられない。
サッカーが好き。
ちょい、と横にパスを出して、
前方に駆け込むのが得意。
たまに急にパスを出される。

ベッドは基本的に自分のものだと思っている。
どんなにけんかしても
そっけない日でも、
明け方には、くっついて眠ってる。
(夏は暑い、冬はあったかい)

いつか、
どっちかが動かなくなるまで、
たくさん遊んで、
たくさん一緒に眠ろうぜ。
by ayu_cafe | 2006-08-15 07:27 | ayuCafe ねこ Bar | Trackback | Comments(8)

黒いalfa spiderで伊藤若冲に会いに行く

b0072051_1141662.jpg

上野の国立博物館へ。
黒いalfa romeo spiderを走らせて。

多くの方が、お盆休みなので、
空き空きかとおもいきや、超混み、
「若冲(じゃくちゅう)と江戸絵画展」。
さすが、教養高く、品格高く、
誇り高い国民の皆様。
おそれいりました。。
ま、ブームだもんね、今。

「鳥獣花木図屏風」に群がる
そんな国民の皆様を横目に、
ふと足が止まったのが、
「江戸絵画」の中の一点。
円山応挙の水墨画の図屏風。

これ、博物館側の粋な演出で、
ライトの光量がかわる。
薄い白、強い白、淡い暖色。
すると、描かれてる絶妙なトーンの水墨画の
山並みや風景が、それはそれは豊かに変化する。
例えば、山並みが、
早朝の朝もやにけむっているように。
だんだんもやが晴れてくるように。
そして、夕日に立体感までたたえて
色づくように。

つまり、この屏風は、
飾られている部屋に入ってくる光によって、
あたかも自然の風景が、
変化するように描かれている。

これは、すごい。どうよ、ヨーロッパ、できる?
とか一人で問いかけモードに。

とはいえ、若冲も堪能。
「鳥獣花木図屏風」柄のトートバック、
買ったりして。
(←国民の中で、いちばんミーハーかも。。)
これ、9月にパリ行く時、
持って歩いたら目立つだろうな。。

それにしても、日本画を見るときは、
どうしても模様絵師だった
祖父のタッチと比べてしまう。
小さい頃、いつもその辺に
たくさん祖父の絵があったので。
あ、これ葉っぱの濃淡があまりない、
菊の花びらの線が太い、
構図、こう来るか。。とかとか。
結局、何を見ても祖父の絵のことを思い出し、
食いしん坊で、内弁慶で、気の細かい
祖父のことを思い出す。

若冲と一緒に、
祖父にも会った夏の一日。
by ayu_cafe | 2006-08-14 00:29 | ayuCafe ART Bar | Trackback | Comments(2)

明け方のひらきはじめのブーゲンビリア

b0072051_2255498.jpg


朝早く、
ブーゲンビリアが開きはじめてました。

夏というのは、まあ、いろいろあるけど、
一言でいうと、

明け方にブーゲンビリアが
ゆっくりと開いてゆく季節

なのかな。。
などと思ったり。。。
by ayu_cafe | 2006-08-12 23:00 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(6)