ayuCafe

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

パリの5月の夕暮れの匂いは

b0072051_2402015.jpg


さ、日付上では、今日の夕方には、
パリのアパートに着いているはず。

まず、部屋にあるコンポの
ラジオをつけて、
あのJAZZのステーションに合わせる。
あのチャンネル、選曲が大胆なんだよな。。
急に、レイチャールズの
ハレルヤ・アイラブユーがかかったり。。

で、財布の円をユーロに入れ替える。
頭の中のデータを日本のものから、
パリのものに入れ替える。
日本のデータを一回全部消す。

エッフェル塔の足下の近所を
ちょっとだけ散歩する。

いいパン屋さんが、あるらしいから、
明日のパンを買っておく。
朝、買いにきてもいいんだけど。。
スーパーで、水やワインや
ヨーグルトやなんやかんやをまず買う。
花屋かマルシェで花も買わないと。。

パリの5月の夕暮れの匂いは、
どんな匂いなんだろう。。

買い物袋をさげて、とりえあず、
夕暮れの7区をぶらぶらしょう。
by ayu_cafe | 2007-04-29 02:42 | ayuCafe travel 国際線 | Trackback | Comments(12)

ayuCafe この一品 no.6

b0072051_1237479.jpg

ピクニックバッグ(パリ用)


ぱかっと開けると。。


b0072051_1238281.jpg

こんな感じ。。


パリでのピクニック用。
ブーローニュ、ヴァンセンヌ、リュクサンブール、
シャン=ド=マルス、ビュット=ショーモン。。
さてさてどこに行こうか。。

それにしても、旅行の荷物が、
こんだけだったらイカす。
こん中に、あと、文庫本とipodだけとか。。

まあ、ピクニックバッグのある人生
って悪くないかな、と。。

万が一、地獄に行くことになっても
これは持って行こう。
by ayu_cafe | 2007-04-28 12:40 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(6)

ねこものまね act.12

b0072051_1865470.jpg



宇宙船。

(まあ、なんとなく。。)


※重力とか、いろいろなものから解放されている
ように見受けられる。。。。
by ayu_cafe | 2007-04-22 18:08 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(10)

さくらはひかる、つめたくひかる。

b0072051_1045338.jpg

by ayu_cafe | 2007-04-21 10:49 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(8)

朝の光をそそぐ一輪のティーカップ

b0072051_1324156.jpg






時々、この世の中って、
この世のものとは思えないほど、
きれいな時があるなあ、と
ある朝、ねぼけまなこで
しばし見とれる。。。
by ayu_cafe | 2007-04-17 23:58 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(6)

若いお父さんが励みにしている小さな娘の写真に、パワーがないわけがない。

b0072051_3521436.jpg


先日、会社に外線がかかってきて、
1月から取り組んでいた計5つの競合プレの
最後の1つの結果報告をもらった。

全国の20社くらいが参加していたこのコンペ、
結果は、勝利。
これにより、われわれの広告が、
全国のJRと私鉄の全駅と全車内に、
一年間に渡って掲出されることが、
正式に決まった。

事実上、鉄道というものが走っている
日本全国に登場するんだけど、
パリには登場しないみたい。(←あたまえ)

全国の私鉄の駅と車内に掲出される
という別のコンペにも、勝っていて、
これは、実はもう、シリーズ第一弾が、
世の中をささやかに賑わしてる。

あともうひとつ勝っていて、
結果としては、5戦3勝2敗。
いづれも、だいたい15〜20社が参加した
競合プレだったので、まあ、奮闘したかな、と。
ひとえに、若手を中心したチーム全員の
努力と気合いの賜物だな。。

ただ、平行して競合以外の重たい仕事も
かなり動いていたので、気分的には、
18戦3勝2敗、というような感じ。
とにかく今年のあたま3ヶ月は、
近年まれにみる嵐のような
スタートダッシュで、正直、ちょいと
旅に出たくなってしまった。。

とはいえ、重たい仕事は切れ目なく
続いており、先日も、あるクライアントの
製作中の冊子のデザインに対して、
どうしてもやってみたい方向性が
急に見えてきたので、急遽、アポをとって
もらい、打ち合わせに出かけたりしていた。
(旅に出るどころか、打ち合わせに出ている。。)

ところで、今回の最後に勝った案は、
企画やキャッチは見えていたんだけど、
ビジュアルの落としどころが見えなかった。
そんな時、ふと、隣の席の同僚が
机の前の壁に貼って士気を高めている
幼い娘さんの写真が目に入り、
「この写真のデジタルデータある?」と聞いて、
データをもらい、写真をトリミングして
(←この作業大好き)、サクッと文字要素と
合わせてレイアウトしてみたら、
かなりの迫力があったので、こりゃいける、
と思った。

考えてみれば、若いお父さんが、
不安で、不満で、不確かな日々の中で、
励みにしている小さな娘の写真に、
パワーがないわけがない。

その写真を撮った時の、リアルな幸福感、
家に流れる空気、信頼感、もどかしい愛情、
どんな時も守ってくれる親をみつめる子供の目と、
子供にほおずりするような、親のカメラ目線。。
そして、その写真を人目も気にせず大事に、
仕事場の壁にはって見つめる気持ち。。

そういうものすべてがみなぎっている写真を
どん、と使って、案のベースができた。

競合プレは、運もパワーゲームもあるけど、
基本的には、こうゆうものをむき出しで
レイアウトした案が勝たないでどうする、
という気分もあったり。。

でも、この子供の写真、新しく撮影したら、
違うものになるだろうな。。
こめられた日々と想いと空気が違うもんね。。
by ayu_cafe | 2007-04-16 04:00 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(6)

海辺の庭に春がこぼれる。

b0072051_2565326.jpg


只今、海辺の庭では、
春が、こぼれんばかり。。

一気にいきます。




まずは、チューリップ隊から。
b0072051_259325.jpg


ひいて見ると、おっ、白ねこっ。
b0072051_9235339.jpg


雨上がりの野原のムスカリ。
b0072051_304679.jpg


土の上で気持ちよさそうなデイジー。
b0072051_332740.jpg


京都の龍安寺でも咲いてた木瓜(ボケ)。
b0072051_343857.jpg


雨に打たれてもいい匂いのフリージア。
b0072051_353281.jpg


スイセンもチラホラ。
b0072051_361699.jpg


白ねこも、春を満喫。。
b0072051_310927.jpg


カイウ、という花だそうです。
ま、通称、白ラッパ、でもいいかと。。
b0072051_3105660.jpg


名前不明。
苔花、とかで、いいのでは。。
b0072051_3115773.jpg


ひめりんご、だったかな、名前。
小さなりんごが実るそうです。
b0072051_3124729.jpg


みやこわすれのあぜ道。
b0072051_3135445.jpg


もみじの間から見えるソメイヨシノ。
b0072051_3145745.jpg


おっと、また、白ねこっ。ちょと待てっ。
b0072051_3165223.jpg


ソメイヨシノ。
うちでは、あと、オオシマザクラと、
ヤエザクラが咲いてます。
b0072051_3181466.jpg


桜の花びらの小道。。
b0072051_3195885.jpg


これも名前不明花。
通称、のびざかり。
b0072051_3204311.jpg


もみじの木陰のアゼリア。
b0072051_3214168.jpg


両親は、お昼を奥のテーブルで、
食べたり。。
b0072051_3224923.jpg


白ねこは、あ〜春だな〜、
と目を細めてみたり。。
b0072051_3243470.jpg






春って、なにか、気候も不安定で、
置いてかれるような気もして、
ずっと好きではなくて、
いまも、それは変わらないのですが、
最近は、すくなくとも、
春って、きれいだな、と
思いはじめました。。
(遅いよな。。)
by ayu_cafe | 2007-04-09 03:32 | Trackback | Comments(14)

大丈夫

b0072051_923859.jpg


大事な友人の女の子が、
なんだかとてもへこんでいるので、
どうしたものか、と考えて、
おはなしを書いてみることにしました。
(結局自分のことを書いてしまったけど。。)


*************************



「小首をかしげる、てんと君」


くるみの樹の甘い木漏れ日の下、
てんとう虫のてんと君が、
小さな首をかしげています。

てんと君の願いは、ふつうに暮らすこと。
ふつうに仲良く、ごはんをたべて、
笑って、眠って。。

でも、いつも、なにか思うように
いきません。

どうしてだろうと、てんと君は、
小さな首をかしげます。

てんと君は、しかたなく
想像の翼を広げ、まだ見ぬ世界に
羽ばたきます。
そうする間は、いろいろなことを
忘れられるからです。

ほんとうに遠くに飛んで行ってみたい。
しばしば、てんと君は、
そう願いましたが、
いまのところ、飛べるのは、
せいぜい、隣のさくらんぼの樹くらいまで。

もっと、遠くまで飛ぶには、
どう飛んでいいのか、
ほんとうに自分は飛べるのか、
そもそも飛ぶことに向いているのか、
わからないことだらけでした。

そんなわけで、てんと君は、
今日も、くるみの樹の
甘い木漏れ日の下で小さな首を
かしげています。

くるみの樹の大きな葉と葉が、
六月の午後のそよ風に、
かさかさと揺れます。

てんと君は、くるみの樹の葉が
風に揺れ、さざめく音が大好きでした。

その音のことを誰かに話したいな、
と思いました。

そして、そのさざめく音のことを話したい
と思うひとのところまでなら、
いつか、ふありと飛んでいける、
大丈夫、きっと、飛んでいける、

てんと君は、そう思いながら、
ライムグリーンの甘い木漏れ日を
見上げました。
by ayu_cafe | 2007-04-03 02:44 | ayuCafe 創作 Bar | Trackback | Comments(10)

卯月・一度、冬を越さないときれいに咲かない

b0072051_23404872.jpg


ヒヤシンスが顔を出して、
庭に、春、到来。

ヒヤシンスを
両親が植えたのが秋。

一度、しっかり
冬を越さないと、
きれいに咲かない、とのこと。

う〜む、春のビジョンを描いて、
秋から用意するなんて。。
そして、いちどしっかり
冬を越さないと、か。。
いちいち耳が痛い話。。

立派なヒヤシンスに、
今日も、あたまがさがる。。


卯月
by ayu_cafe | 2007-04-01 23:41 | | Trackback | Comments(4)