ayuCafe

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

5月の庭の光について

b0072051_24689.jpg


b0072051_234278.jpg


b0072051_242781.jpg


b0072051_244717.jpg


b0072051_25993.jpg


b0072051_262544.jpg


b0072051_29449.jpg


b0072051_26418.jpg

by ayu_cafe | 2007-05-30 02:13 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(6)

色彩だけが、さざめくようにさわがしい。

b0072051_3163050.jpg


b0072051_3165843.jpg


b0072051_3171470.jpg


b0072051_317359.jpg


b0072051_318274.jpg


b0072051_3182714.jpg


b0072051_319368.jpg


b0072051_3193361.jpg


b0072051_320056.jpg


b0072051_3202573.jpg






マルモッタン美術館は、手前の公園から
とことこと歩いてくるのが、おすすめ。
輝く新緑の頃がおすすめ。
夕方くらいがおすすめ。

ベルト・モリゾの部屋は2階。
繊細で、ひんやりと静かで、
清々しく凛とした作品たちが
そこで待っていてくれます。

漠然と、幸福と紙一重の空虚を感じたりします。
現実的で、現代的な
冷たいロマンティシズムを感じたりします。

大きな窓から、輝く新緑がせまってきます。
ひとはあまりいません。
静寂。
色彩だけが、さざめくようにさわがしい。。


美術館を出ると、フランスの子供たちが、
シンプルなメリーゴーランドの馬たちに
またがって、おじさんが動かしてくれるのを
ニコニコと待っています。
by ayu_cafe | 2007-05-29 03:35 | ayuCafe 絵画 Bar | Trackback | Comments(6)

パリでいちばんの食堂へ

b0072051_094635.jpg


ayuCafe風パリ案内、
今回は、パリで(私的に)いちばんの食堂へ
ご案内します。

食堂の名前は、chez coCo。
そう、友人のcoCoさんのお部屋なんです。

このお部屋は、カルチェラタンをのぼって行った
パンテオンの裏あたり、ムフタール通り、
という通りの奥にあります。

このムフタール通りは、パリの胃袋とも呼ばれ
食材屋さん、食べ物屋さんが細い通りにいっぱい。
ひとも若い連中がいっぱい。
夏に来た時、coCoさんとカフェで話していて
1時すぎても平気でごったがえして
いるのでびっくりしました。。

だから、大きな樹が茂った中庭のある
アパートに入ったとたん、あらわれる静寂に、
とても驚きます。。
パリの中庭ってみんなこうなんでしょうね。。

フランス人風にちょっと遅刻してしまい、
午後8時に到着。
料理に魂を捧げるcoCoさんが
完璧なセッティングで迎えてくれました。

まずは昨年夏、夜中にしか見れなかった
中庭の樹々と感動の対面。。
空がゆっくりゆっくり暮れていく下で、
鳥のさえずりと樹がそよぐ音だけが聞こえます。

b0072051_0235675.jpg
b0072051_0251638.jpg
b0072051_0255364.jpg


向かいのアパートの向こうはパンテオンで、
その先は、リュクサンブールで、
その先は、サンシェルピスで、
その先は、サンジェルマンで、その先はセーヌで、
その先は、ルーブルで、その先は、パレロワイヤルで、
その先は、サンラザールで、
その先は、ノルマンディーで。。。
と、すでに、酔いが回りそうです。。

まずは、ビールを出していただき、前菜を堪能しながら
晩餐のはじまり。。

b0072051_030796.jpg
b0072051_0302981.jpg
b0072051_0313658.jpg


暮れてゆくパリを静かな緑の中庭から眺め、
こころのこもった友人の料理を味わう。。
あぁ、もうパリ十分かも!(一日目だけど。。)
なんて思います。

b0072051_0351435.jpg
b0072051_0353536.jpg


↑coCoさん自家製の棚に、coCoコレクション。。。
あぁ、もうパリ十分かも。。

感激してる間もなく、お皿は進み、
暗くなってくると、coCoさんがローソクを
灯してくれます。

b0072051_038695.jpg
b0072051_0383228.jpg
b0072051_0391026.jpg
b0072051_0394093.jpg
b0072051_040746.jpg
b0072051_0402733.jpg


ワインをいただきながら、いろんなことを話しました。
BGMは、ずっと大好きなミルトンナシメント
をかけてもらいました。
まさか、「トラベシア」を聞きながら、こんな
素敵な夕ご飯食べれる時が来るなんて。。

じゃあ、そろそろ、といって、席を立ったのは
もう12時近く。。

鳥のさえずりも聞こえなくなった中庭は、
いっそう静かで、
アパートの外扉をしめると、再び
喧騒のムフタールに立っていました。
なんだか夢のような時間でした。

中庭の樹々、調理棚にならんだ数々のスパイス、
パン入れ、鍋敷き、テーブルクロス、棚のディスプレイ、
ミルトン、夕暮れ、ロウソク、向かいのアパートの部屋に
灯る明かり。

旅行は、土地と歴史と文化と人の精神のたたづまいに
触れるものだと私は思っているんですが、
その意味で、とても濃厚な旅行ができた気がします。。


coCoさんと、パリと、そしてぽこさんに
感謝を込めて。


b0072051_0593582.jpg

by ayu_cafe | 2007-05-28 01:05 | ayuCafeパリ案内 | Trackback | Comments(8)

木洩れ陽の下の、YMOと小学生

b0072051_145194.jpg


昨年9月にフランスから帰って、
すぐに出かけたのは、とろそれさんの
ピアノコンサート。

今回、フランス帰りに行くのは、YMO。
YMOは、ずっと好きだったけど、
観るのは、はじめて。。
坂本龍一のテンションコードに、
高橋幸宏のジャストなスネアに、
細野晴臣の天才的なリズムセンス。。
信じられない。。
ああ、ドキドキする。

会場のパシフィコ横浜までは、ブラックパール号で、
クラシックのコンピレーションCDを聞いていた。
このCD、ジャケットの蝶がとてもきれい。

モツアルト、ベトベン、ブラムス、と聞きながら、
ずっとフランスの緑や木洩れ陽のことを考えていた。

フランスに行って、クラシックの扉が
バーンと開いてしまった。
もうすべての弦やピアノの余韻が、
フランスの樹々の緑や木洩れ陽に染まって聞こえる。

クラシックを聞くことって、
おりかさなる緑と光の中を歩くことなんだ、
って、やっとわかった。


会場地下のパーキングにクルマを入れると、
NHKの機材車がたくさん停まってる。
大きな会場は10年ぶりだもんね。
会場に入ると、ロビーで、篠山紀信さんが、
ガハハと笑ってる。。
まあ、10年ぶりだもんね。。

ロビーからは、横浜港やベイブリッジが見える。
いいホールだな、ここ。

b0072051_1454469.jpg


あの自転車の子達は、これから、
伝説的な3人のライブがあるなんて
知らないんだろうな。。
こうゆう並行する2つの時間のことを
考えるのって結構好き。


席につくと、ステージのモニターに、子供達の書いた
家族の絵がスライドで映されている。

今回のライブは、小児がんの子達を応援するためのもの。
生まれてはじめて覚える言葉が、「痛い」、というような
子達を応援するもの。

子供達が書いた、
おとおさんやおかあさんの絵を見ていると、
ちいさな子供って、自分がどんな状況でも、
目の前のものを素直に、前向きに信じるんだな、
なんて思って、ちょっと胸がつぶれそうになる。


それから、開演までは3つ並んだ機材を見ながら、
小学生の頃のことを思い出していた。
「こんどのYMOのアルバム、BGMって
言うんだぜ」なんて友達と話したり、
ラジオでやっていた海外公演を録音して、
覚えて、曲順通りに「テテテ〜」とか歌いながら、
学校から帰ったりしていた頃のことを。


そして開演。ああ、ついに観れた。。
一曲目、「以心電信」じゃん!
うわあ、これが、一曲目か。
しかも構成変えてる。
サビを強調してる。
この曲のサビの英語は、
「キミがキミを助けてあげようね」
っていう意味。
制作当時、深刻化する幼児虐待に
NY市が掲げた、"Treat Yourself(自助)"という
スローガンから細野さんが影響を受けてつくった。

ああ、2007年にYMOがふらりとあらわれて、
まず、「がんばろうね」ってメッセージしてるよ。。

次の曲は、うわっ、「スポーツマン」だ!
ちょっと待って、これ、涙が出るほど
好きな曲なんだけど。。
今日、どうなっちゃうんだ。。

でも、今日は子供たちのためのライブだから
やさしい選曲なのかな、と思う。
じゃ、今日は、「Riot in Lagos」は
やらないかな、「ラゴスの暴動」だもんね。。

と思ったら、うわっ、「Riot in Lagos」だよ!
ヒップホップ創世期に、NYのラッパーが
この曲をターンテーブルでまわして、
ラップしてたんだよな。。
リズムがすごい、ぜんぜん贅肉ついてない。。

うわっ、次は「ONGAKU」!
20年ぶりくらいの演奏だよな。
ああ、いい曲だなあ。
3人がバトンをまわすように歌ってゆく。

♪ぼ〜くは、地図帳ひろげて、ONGAKU
 き〜みは、ピアノにのぼって、ONGAKU
 ぼ〜くは、リンゴかじって、ONGAKU
 き〜みは、電車ゴトゴト、ONGAKU
 ああ、待ってる いっしょにうたうとき。。

サビの教授のフレーズをトレースする
細野さんの鉄琴の音を一生忘れないだろうな。。


うしろに映されるビジュアルも
ずっとよかった。
いちばんよかったのは、
風にそよぐ樹々の葉からの木洩れ陽を
見上げている映像。

来る時、クルマの中で考えていた、
フランスの木洩れ陽と、すっと、つながった。


まあ、いろんなことがあったかもしれないけど
YMOと、YMOを聞いてきたあの小学生って
年をとって、こういう木洩れ陽の下に、
たどりついたんだな、なんて思った。
こういう木洩れ陽の下で会うことができる
筋書きだったんだな、なんて思った。



終演後、横浜港のかすかな潮の匂いの中を、
駐車場で、待っていてくれる
ブラックパール号のところまでゆっくり歩いた。
アンコールでやった賛美歌みたいな響きの
「Chronograph」の歌詞を思い出しながら。

♪はしる とまる さがす うたがう 
 ゆれる しんじる すすむ
 ふれる おもう わらう みつめる 
 よぎる あがなう いきる







b0072051_146733.jpg

by ayu_cafe | 2007-05-24 01:49 | ayuCafe Music Bar | Trackback | Comments(4)

皐月・スイトピーのカーテンの向こう

b0072051_152262.jpg
b0072051_153814.jpg
b0072051_155371.jpg
b0072051_161480.jpg


くたくたに遊び疲れて、
旅行から帰ってくると、
スイトピーのカーテンの向こうで、
5月の庭がそよいでいました。










ちなみに、スイトピーは、「咲く」のではなく、
「茂り」ます。こんな風に。。

b0072051_16322.jpg





皐月
by ayu_cafe | 2007-05-23 08:35 | | Trackback | Comments(4)

ねこの小言

b0072051_23171131.jpg


「パリね〜。。 あたしゃ、いつも
 留守番だけどね。。。」




(↑なぜか、おばちゃん風。。)
by ayu_cafe | 2007-05-20 23:19 | ayuCafe ねこ Bar | Trackback | Comments(10)

指と指の間をすりぬける緑の日々。

b0072051_18462276.jpg
b0072051_1848975.jpg
b0072051_18483183.jpg
b0072051_18485033.jpg
b0072051_184965.jpg
b0072051_18492524.jpg
b0072051_18494493.jpg
b0072051_1850775.jpg
b0072051_18515032.jpg
b0072051_1852758.jpg
b0072051_18523277.jpg
b0072051_18525248.jpg
b0072051_1853997.jpg
b0072051_18532726.jpg
b0072051_18534911.jpg
b0072051_18541479.jpg
b0072051_18543513.jpg
b0072051_1855680.jpg
b0072051_18553757.jpg
b0072051_18571930.jpg
b0072051_18574674.jpg
b0072051_1858997.jpg
b0072051_18582820.jpg
b0072051_18585595.jpg
b0072051_18591849.jpg
b0072051_18594634.jpg
b0072051_1921962.jpg
b0072051_19411837.jpg
b0072051_19414549.jpg
b0072051_19421263.jpg
b0072051_19423397.jpg
b0072051_19425873.jpg
b0072051_19432417.jpg
b0072051_19434595.jpg
b0072051_19441782.jpg
b0072051_19444373.jpg
b0072051_1945491.jpg
b0072051_19452862.jpg
b0072051_19455065.jpg
b0072051_19461382.jpg
b0072051_19463692.jpg
b0072051_1947881.jpg
b0072051_19473926.jpg
b0072051_1948398.jpg
b0072051_1948277.jpg
b0072051_19485493.jpg
b0072051_19492025.jpg
b0072051_19494888.jpg
b0072051_19502713.jpg
b0072051_19505186.jpg
b0072051_19512363.jpg
b0072051_195150100.jpg
b0072051_19521385.jpg
b0072051_19524454.jpg
b0072051_19531049.jpg
b0072051_19534014.jpg
b0072051_1954950.jpg
b0072051_19544156.jpg
b0072051_19551820.jpg
b0072051_19554473.jpg
b0072051_19561849.jpg
b0072051_19565860.jpg
b0072051_2005838.jpg
b0072051_2013091.jpg
b0072051_2015832.jpg
b0072051_20227100.jpg
b0072051_203452.jpg
b0072051_2033163.jpg
b0072051_2041074.jpg
b0072051_2043793.jpg
b0072051_2051571.jpg
b0072051_2054950.jpg
b0072051_206218.jpg
b0072051_206562.jpg
b0072051_2074330.jpg
b0072051_2082044.jpg
b0072051_2085537.jpg
b0072051_2093259.jpg
b0072051_2010331.jpg
b0072051_2011110.jpg
b0072051_20132596.jpg
b0072051_2014214.jpg
b0072051_20143977.jpg
b0072051_20151512.jpg
b0072051_20162097.jpg
b0072051_20165822.jpg
b0072051_20174741.jpg
b0072051_20181998.jpg
b0072051_20534839.jpg
b0072051_20185371.jpg
b0072051_20192659.jpg
b0072051_2020937.jpg
b0072051_2021496.jpg
b0072051_20214378.jpg
b0072051_20221616.jpg
b0072051_20225460.jpg
b0072051_2023278.jpg
b0072051_2024134.jpg
b0072051_20245717.jpg
b0072051_2028076.jpg
b0072051_2028333.jpg
b0072051_2029844.jpg
b0072051_20294523.jpg
b0072051_20302560.jpg
b0072051_20311369.jpg
b0072051_2032043.jpg
b0072051_2032338.jpg
b0072051_2033790.jpg
b0072051_20334279.jpg
b0072051_20341431.jpg
b0072051_20345035.jpg
b0072051_20352536.jpg
b0072051_20362040.jpg
b0072051_20365394.jpg
b0072051_21163436.jpg
b0072051_21171232.jpg
b0072051_21174253.jpg
b0072051_21181424.jpg
b0072051_21184696.jpg
b0072051_21191752.jpg
b0072051_21194729.jpg
b0072051_21201836.jpg
b0072051_2120594.jpg
b0072051_2121303.jpg
b0072051_21215924.jpg
b0072051_21222780.jpg
b0072051_21225836.jpg
b0072051_21233131.jpg
b0072051_21242327.jpg
b0072051_2124576.jpg
b0072051_21253072.jpg
b0072051_21301835.jpg
b0072051_2126112.jpg
b0072051_21263175.jpg
b0072051_21334061.jpg
b0072051_21341049.jpg
b0072051_21344048.jpg
b0072051_21351843.jpg
b0072051_21355197.jpg
b0072051_21362149.jpg
b0072051_21364999.jpg
b0072051_21371647.jpg
b0072051_21374270.jpg





交差する緑の光線の中で、
シャッターを押し続けた。
写真を撮ることは、私にとっては、
美しい世界の中に、
自分というものの定着点を
見つけようとする作業かな。
どうにか、なんとか、光のタイミングと、
トリミングで、自分なりの世界を残し、
すこしでも自分の貧弱な存在意義を
確認するための作業。

フランスの光線があまりに美しいので、
あせって、必死に、シャッターを押し続けた。

マルモッタン美術館のベルト・モリゾの部屋で、
オーヴェルの麦畑の前で、
ジャン・ヌーベルの建造物の前で、
マジックアワーのリュクサンブール公園で、
いま、自分に足りてるものはなにもないなあ、
と思った。

もっと知りたいし、もっと見たいと思った。




coCoさん、最高の夕食ありがと。
(顔が見れて、声が聞けてよかったです。)
kanaさん、シマさん、最後の晩に
わいわいできてよかったです。
(でもごめんなさい・笑)
平野さん、昼食おつきあい
ありがとうございました。
(たのしかったですっ)
山田さん、はじめセジュールのスタッフの皆様、
なにかと、ありがとうございました。
留守中、ayuCafeにコメントいただいた皆さん、
覗いていただいた皆さん、
ありがとうございました。

最後は、やはり、e様で。。。




b0072051_2138976.jpg


b0072051_21383655.jpg

by ayu_cafe | 2007-05-13 18:50 | ayuCafe travel 国際線 | Trackback | Comments(16)