ayuCafe

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新シリーズ しごとのことば 1

b0072051_2353460.jpg


新シリーズ しごとのことば

ちょっと大事にしておきたい言葉を
ピンでとめるようにして、残しておこうと
思います。

第一回目は、先日のせっけんとハチミツのayaさんの
日記から、友人のよしみで無断拝借。。。(ごめん)



「今年初めの部署異動後は、しんどかった。
仲間もいないし、毎日心臓はどきどきする上に、
嫌なこともたくさんあり、おなかも壊し通しだった。

でも、なるべく笑顔で、挨拶はしっかりと、
相手の自分に対しての何かちょっとした嫌な気持ちには
気づかないふりをし、
いつも変わらぬ態度で接するように心がけた。

そんな風にしていると、
だんだんに自分の居場所ってでくるもんだね。
ちょっと距離を置かれていた人も、
向こうから興味を持って近づいてきたりする。
ある時はつらいことを打ち明け涙されたり、
ある時は「飲みに行きたいんだけど。」と誘われ。

人づきあいは難しいけれど、いつもこのコツを心がければ、
きっとどこでも生きていける。
前の部署で長い間、同期の営業の男の人たちと
一緒にいて学んだことがある。
彼らは怒っているお客さんや社内の相手をたくみにかわし、
上手にその場を切り抜けていた。

それは腹をたて、イライラしている相手につられ、
イライラしないこと。
時に相手がイライラしていることに気づかないふりをしたり、
時に笑ってみる。
この笑いが場をなごまし、イライラ怒っていた相手の気持ちも
少し落ち着かせることができる優れもの。
習得するには長年の経験が必要だと思う。
この笑いがなかなか難しく、
私は彼らほど、まだ巧みに使えないけどね。」


****************************


なるべく笑顔で、挨拶はしっかりと、
ちょっとした嫌な気持ちには気づかないふりをし、
いつも変わらぬ態度で接する。。。


難しいけど、そうなんだよね。
笑顔は笑顔を呼ぶ。
笑う角には福来たる。
ちょっとした嫌なことは、気づかないふりをしてると
いつのまにか、砂の山みたいに、たいらに
ならされていく。

逆に、自分を大事にしすぎると、より多く傷ついてしまう。

「なるべく笑顔で、挨拶はしっかりと」
これ大事だな〜。




しごとのことば 1
by ayu_cafe | 2008-07-31 02:52 | しごとのことば | Trackback | Comments(2)

失敗も、七転八倒も、芸のネタ

b0072051_734763.jpg



日曜日は、クライアント様との
ゴルフというものに行ってきました。
(別に偉くなったとかでは全くなく。。)

行きの新幹線で、立川談志師匠の
「人生成り行き」っていう本を読んでたんだけど、
「国会議員になって、すぐやめて、落語家としては
いいネタができた」って師匠がおっしゃってたので、
ま、こういうのもネタのひとつかな、
なんて、思いながら出かけました。
(失敗とか、悪戦苦闘とか、七転八倒とか、
って、芸(とか生きる上で)の
い〜いネタになります。。)

ゴルフは生まれてはじめて。
初心者だからというのもあるけど、
あんなにハードなスポーツだとは
思いませんでした。

そして、善し悪しはともかく、
一回で、9個用意されている
コースがものすごく美しかった。
行った場所が山の中で、特別だったの
かもしれないけど、起伏に富んでいて、
あたりの雑樹林が池とかも含め、
ひとつひとつの大地がダイナミックに
デザインされていてワクワクした。
コースによっては、激しい高低さや、
起伏、池がかなり点在するものがあって
荒川修作さんの養老天命反転地みたいだった。
カメラ持ってくればよかった、と激しく後悔。。

雨と日照が多い日本では、
雑草がどうしても生えてくるので、
均一の高さのなめらかな芝だけが、
起伏に合わせて、ゆるやかにうねりながら、
はるか前方まで続いているのをはじめて見た。
イギリスのコッツウォルズとかって
こんな感じなのか。。

除草剤とか撒いているのかな、とも
思ったけど、池で、牛ガエル様が、
ゲコゲコ鳴いてたり、あたりの森で、
虫達がキリキリキリって鳴いてたり、
ヘビ君が気持ち良さそうに池を泳いでたりは、
一応してました。

終了して、温泉入って、また新幹線で、
「人生成り行き」を読みながら帰ってきました。

ちなみに行きの新幹線は、ポケモン新幹線でした。
(↑ま、どうでもいい。)


ちなみに、先週は特にハードで、
休日出勤にはじまり、徹夜などしながら、
悪戦苦闘しまくってる2つの大物仕事にとりくみ、
新しい仕事もはじまり、
金曜日は、巨大企業の偉いひとと朝方まで飲み会。
土曜日は、朝イチでクルマを車検に持って行き、
日曜日は、5時頃起きてゴルフ、と。
ゴルフ場で天に召されるのでは、と思いました。。
で、月曜日は、代休もらったんですけど、
ほどほど、休んでから、鎌倉へ北欧雑貨を
物色しに行ってきました。。笑

思えば、この一ヵ月は、
仕事で悪戦苦闘、七転八倒しながら、
休日出勤と徹夜の合間に、
歌舞伎座で、立川談志・談春 親子会を観て、
酒井駒子原画展で救われて、
「インディージョーンズ」観て帽子欲しくなって、
「ポニョ」観て、元気出て、
山梨のおばあちゃんとこ行って、
gla_gla展で「涙」もらって、
アフタヌーンティーリビングで
かなり気に入ったティーカップ買って、
んで、偉い人と食事して、
ポケモン新幹線でゴルフ行って、
鎌倉の北欧雑貨屋でこの写真のテーブルウエア
買いました。

なので、この一ヵ月をまとめると、

休日出勤、歌舞伎座・談志、仕事、仕事、
酒井駒子、徹夜、「インディ」、悪戦苦闘、
「ポニョ」、仕事、おばあちゃん、「涙」、
徹夜、偉い人、七転八倒、ティーカップ、
仕事、ポケモン、北欧

ってな感じですかね。。

ま、ネタ盛りだくさんの夏です☆


b0072051_7342570.jpg

by ayu_cafe | 2008-07-29 07:37 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(0)

あらかじめ冷たい光

b0072051_6274651.jpg



b0072051_6281070.jpg



b0072051_6283319.jpg



b0072051_629228.jpg



b0072051_6292281.jpg



b0072051_6294275.jpg



b0072051_630424.jpg



b0072051_6363018.jpg

by ayu_cafe | 2008-07-26 06:31 | gla_gla展 in ayuCafe | Trackback | Comments(8)

ある夏の木陰で。gla_gla 麻生ガーデン

b0072051_037193.jpg




b0072051_0373121.jpg




b0072051_038651.jpg




b0072051_0382239.jpg




b0072051_0384613.jpg




b0072051_0392525.jpg




b0072051_0395811.jpg

↑大介さんのカンテレに初対面。
包装してもらっている間、弾かせて(鳴らさせて)もらいました。
毎回、包装してもらっている間は、弾きたい(鳴らしたい)。。笑



b0072051_0403138.jpg

↑from 北海道洞爺湖って、効いてる。。



b0072051_0405942.jpg




今年も来れてよかった。
by ayu_cafe | 2008-07-25 00:51 | gla_gla展 in ayuCafe | Trackback | Comments(2)

高臣大介賞  賞品  「泪」

b0072051_543362.jpg









今年のはじめに、いただいた高臣大介賞
賞品は、自分の好きなお題でつくってもらえる、とのこと。

私がお願いしたお題は、「泪」でした。

大介さんの作品には、tearsというものがあるのですが、
あえて、さんずいの漢字の「泪」でお願いしました。

大介さんには、メールで、
「流れない泪。感謝の泪。
いつも胸の奥深くでうるんでる泪。。とか。。
ま、おまかせしますが。。」と書きました。

私は、なんとなくきれいで凛とした小さな雫のような
ものを勝手に想像していました。
いただいたら、紫陽花の葉の上とかにのせて、
朝露みたいに写真を撮ろうかな、なんて考えていました。


ところがこれでした。

驚いた。
両手でもって、ずしんと重い。
感覚的には、腰を落として持ってしまうくらい。

大介さんの
「泪って、いったら、こうでしょ。」
っていう豪速球が、ど真ん中ストレートで
入ってしまった。

そうだった、そうだった。
泪って、ずしんと重くて、どっさり流れ落ちるものだった。
泪って、四つん這いになって、おなかから、
破れて出るものだった。
葉っぱの上で、上品に光ったりしない、
もっとなりふりかまわなくて、
もっとずぶとくて、生命に直結してて、
いいもわるいもなくて、自分勝手で、
激しいものだった。
そうだった、そうだった。

きっと泣きたくなるような音楽の
その宇宙のコアにはこんな泪があるはず。
すべてのものづくりの根源にも、
こんな泪があるはず。
いや、すべての生きているひとの気持ちの
はじまりには、こんな泪があるはず。

これだから、優秀なつくり手にはまいる。
技法とか、アイディアとか、論理じゃない。
生き方で、いきなり、内蔵をえぐられる。

これ、もしかして、すごい作品なんじゃないだろうか。
もらっていいの?
おれ、もしかして、がんばんないといけない?(笑)

あうー、何も語らないつもりだったのに、
こんなに語ってしまいました。
重ね重ね、大介さん、のんさん、ねーさん、
ありがとう。


「泪」。
副題をつけるとしたら、
「すべての気持ちのはじまり」かな。




b0072051_544755.jpg

by ayu_cafe | 2008-07-24 05:51 | gla_gla展 in ayuCafe | Trackback | Comments(4)

ねこものまね act.23 「崖の上のポニョ」

b0072051_23574121.jpg



ポニョ。





(本物↓)
b0072051_2358359.jpg






※忙しぶっていながら、公開2日後に観ました。
個人的には超傑作ですね、この映画は。
by ayu_cafe | 2008-07-23 00:01 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(2)

曜日がわからなくなる日々に、手作り石けんとリンゴの蜂蜜の匂いが届く。

b0072051_1383314.jpg




ayuCafeこの一品 vol.12

ちょいと仕事が佳境で、休日もわりと出勤したりして、
会議でしゃべったり、ひとりで、通勤中、就寝中も、
ずっーと頭の中であれこれ考えているので、
わりと曜日がわからなくなってきました☆
もしかして、いまって、7月?
みょーに暑いけど、いまって、夏?

でもね、曜日がわからなくなるくらい、
没頭できるって、ちょっと悪くないんです。
苦しいんですけどね。
う、産みの苦しみです。。う、うぅ(←産んでいる)


そんな日々に、戦うOL(笑)ayaさんから届いた
手作り石けんとリンゴの蜂蜜。

「通勤の電車が混んでてくしゃくしゃ
になったかも」って送るときにメールくれたけど、
そんな混んでるところに、わざわざ持ってきて、
送ってくれるなんて、ありがたい。
くしゃくしゃが、かえってありがたい(泣)

石けんは手作りで、泡立ちが悪いからと、
泡立ち網みたいなのも入れてくれました(泣)

普通の石けんには、泡立ちのためとか、
匂いのためとか、いろいろわけのわからないものが
入っているらしく、この手作り石けんは、
お肌のトラブルに効くこともあるそうです。

パッケージングもいいし、いい仕事してます、ayaさん。
私の仕事も願わくばこの手作り石けんのようにありたい。。
願わくばなにかのトラブルを解消できるものでありたい。。

忙しい日々に、突然窓が開いて、
手作り石けんのラベンダーの匂いと
リンゴの蜂蜜の匂いが入ってきました。

この世界って、ちょっとした絵本より
いいこともあるんだな、と思いました。

ありがとう。
by ayu_cafe | 2008-07-22 01:38 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(6)

朝、漬けておけば、お昼には味がしみている。

b0072051_5172174.jpg

裏庭の小さな菜園で、青々としたキュウリが育ちます。
雨は恵み。キュウリも恵み。
食べごろをポキっと収穫。




b0072051_5173644.jpg

ぬかみそにつけます。
ちょいとざっくり切ると味がしみこみやすいらしく。。
ぬかみそには、こんぶ、とうがらし、なんかも入っています。
おばあちゃんは、シャケのあたまとかもいれてたらしい。
なすの漬けものをいい色にするには、
釘をいれるのもいいらしいですね。

朝、入れて、昼くらいには取り出すと
いい具合の味わいになっています。




b0072051_5175815.jpg

じゃーん。
この色つや。
ほのかな味わい。
こんな贅沢して、いいんでしょうか(嗚咽)

クリエイティブなんとか、とか
グッドデザインなんとか、とか
コンセプトとか、なんとか

まあ、そういうのもわからんでもないんですが、
まずは、土から育った新鮮なキュウリの
できたての漬け物を食べさてください。

有名店とか、
有名じゃないお店とか、
まあ、そういうのもわからんでもないんですが、
まずは、ちょいとこの漬け物に
鰹節をかけさせてください。

なにごとも、まずはそれから。



キチキチだったり、ぐったりだったり、
イライラだったり、
塩気が欲しかったりしたら、
遠慮なくいらしてください。
たいしたものはありませんが、
できたての美味しいキュウリの漬け物でおもてなし。
心がちょっと涼しくなります。

いらっしゃるなら、お昼頃に。
朝、漬けておけば、お昼には味がしみてますので。
by ayu_cafe | 2008-07-08 05:35 | ayuCafe 食の道 | Trackback | Comments(8)

海のように、空のように。

b0072051_8242774.jpg


毎朝、母は早く起きて、庭の手入れをする。
そして、庭の咲いたばかりの、青々とした花をいくつかもって
二階にゆっくりあがってくる。

私は、早朝、うとうととしながら、
母が階段をあがってくるのに気づくときもあるし、
気づかないときもある。

私は帰りが遅いことが多いので、
あまり父、母と話をしない。

朝、ねぼけまなこで、ぼーっとテーブルのところに座る。
たいてい状況はへなちょこで、気分もへなちょこ。

かたわらには、母が生けてくれた庭の新しい花が
清涼な光をたたえて咲いている。

まるで、海のように、空のように。
by ayu_cafe | 2008-07-03 08:28 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(4)