ayuCafe

<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

光がなければ、花あかりをかざす。

光がなければ、
希望がなければ、

手もとの花あかりをかざす。


(みなさん、がんばりましょうね☆)



b0072051_1058279.jpg
b0072051_105918100.jpg

by ayu_cafe | 2008-08-23 11:00 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(8)

新シリーズ ayucafe DJタイム☆サザンBEST5

b0072051_2183269.jpg



新シリーズayucafe DJタイム☆


恥ずかしいタイトルですいません。

ここらでひとつ、私がこう見えても
音楽通(!)であることを、いくばくか、
世に知らしめたいと思います(笑)

なので、第一回目のテーマは、
ズバリ、

「サザンオールスターズBEST5!!!」
ま、音楽通なら、やっぱ、サザンからじゃないと
はじまりません(ほんとか)





*ということで、サザンの膨大な財宝を
5曲にしぼるなんて無謀ですが、
涙をのんで、命を削って選びました。
いざ、一曲目。



「虫歯のブルース」



曲の途中で、原さんの“ダメだし”が入ります。
“「虫歯のブルース」? んなものなぁ、ダメ!!”

こんなモノローグ、メガセールスアーティストの
誰もいれない。
基本的に笑い飛ばして、なんぼ、というのが、
サザンの姿勢のひとつ。
ものづくりは、どこか、脈絡もなくて、笑えて、
乱暴な部分がないと窒息してしまう。

なぜなら、人間や現実が、脈絡もなくて、笑えて、
乱暴な部分があるから。

サザンがいなかったら、
日本のチャートは、だいぶ息苦しかっただろうな。





*曲に反して、語りすぎたところで、2曲目。



「夏をあきらめて」



これは、海のそばで育った者として、
すごくわかる曲。
“潮風が騒げばやがて雨の合図”
夏のお祭りのような空気が、暗転して、
気温がちょっと下がって、海辺のしめった空気に
雨が落ちてくるあの感じ。。
焦燥感、疲労感、あきらめ。。。

雨やどりで駆け込むのが、
あの、いなたいパシフィックホテルっていうのも
すごくいい。
いまはもうない、パシフィックホテルの
古いコンクリートの質感を思い出す。

自分の記憶とシンクロして、
なにかを思い出してしまう、よみがえってしまう、
これが、ポップミュージックの醍醐味かと。。





*話が大きくなってしまったところで3曲目。



「逢いたくなった時に君はここにいない」



これは、もう、タイトルだけで完結してる。
核心をついて、どこにも逃げられない。
“ここ”っていう言葉が、
なりふりかまわなくてやりきれない。。
まして、あのメロディーがついて、
あの声で歌われた日には。。(気絶)





*気絶しながら、4曲目



「心を込めて花束を」



サビの歌詞、
“期待通りの僕じゃないけど、素晴らしいひとに出会えた。”
の“期待通りの僕じゃないけど”って歌詞がすごい。
なんでおれのことを歌ってるんだ。。

「茅ヶ崎に背を向けて」ではじまった桑田さんが、
年を重ねて、こんなかざらなくて、
削り出したような身もふたもない、切実な言葉を
サビで歌い上げるなんて、人間のドキュメントとして
ひとつのハイライトだと思う。

こんな身もふたもない、いいコピー、
いつか書いてやるぞ、コンニャロー。





*気合いの入ったところで、最後の曲。



「いなせなロコモーション」



1番のサビの後、リズムがブレイクして、
“移り気なヴァケーション〜”って、
桑田さんと原さんがユニゾンで歌うんだけど、
そのときの、原さんの「ヴァケーション」の
“ション”の声の響きが最高なんです。

音楽ってそんなものですよね。




ayucafe DJタイム
「サザンオールスターズBEST5!!!」
おしまいです。
よい夏を☆

(逃げるようにおしまい)




b0072051_2184872.jpg

by ayu_cafe | 2008-08-20 02:28 | ayuCafe Music Bar | Trackback | Comments(4)

スピードが、フロントガラスの雨粒を変形させる。

7月末の熱い週末。
ブラックパール号で、中央高速を走っていると、
突然、スコールみたいな大粒の雨が、落ちてきて、
すぐにやむ。
また、しばらくすると、落ちてきてやむ。

すぐにやむので、ワイパーをつけないで、
走っていると、フロントガラスに落ちた雨粒が
スピードで変形しながら、みるみる上に上がっていく。

スピードって本当に素晴らしいな、と思う。



山梨のいなかの庭は、花と緑の盛り。

b0072051_494587.jpg

b0072051_492343.jpg
b0072051_4104154.jpg
b0072051_410377.jpg



子どものころからずっと見上げている柿の木。
b0072051_4102493.jpg

風にそよぐ音は、カサカサカサと細かくて硬い音。
くるみの木の葉は、それよりも少しやわらかくて、
ザワザワザワ、と言う音。
こういうのってトラウマになっている。


おばあちゃんのところに行って、
京都の写真を見せて、
服を着替えて、顔と手と足をあったかいタオルでふいて、
つめをきって、ちょっと耳のお掃除もして、
足が冷えてたから、ちょっとマッサージをして。
桃を食べて。お茶を飲んで。
たまに来て、ちょっとやるだけの自分のことを相変わらず考えて、
結局自分のために来てるんだよな、って思って。


帰りは、ブラックパール号に、
おばさんがくれた桃をぎっしり積み込む。
室内が、桃の匂いになる。
桃スパイダー。


帰りの中央高速では、雨は降らなかった。


神奈川の家に着いて、桃を降ろして、
ちょっと休んで渋谷の会社へ。

スピードで変形する雨粒と、
桃の匂いのことを考えながら、
休日出勤。





b0072051_4105917.jpg

by ayu_cafe | 2008-08-19 04:03 | かぞくのこと | Trackback | Comments(6)

La Maree de Chayaにて

妻の誕生日をお祝いするために、
ブラックパール号で葉山マリーナまで出かけ、
レストラン、ラ・マーレ・ド・茶屋で、
食事をしてきました。

こんなところです。

b0072051_21161.jpg



b0072051_2112634.jpg



b0072051_212984.jpg





あの〜、結論(?)から言います。

斜め後ろの席に、女優の堀北真希さんがいました。
(なんの結論なのか。。)


気づいたのは、デザートのころ。
それまでは、テラスで、夜の海がタプンタプンという
音をたてるのを聞きながら、のんびり食事をしていました。

で、最後に涼んで帰ろうと思って、
お店の中の席で、デザートとエスプレッソを
いただいている時、横顔と会話から
確定してしまいました。



ま、それはともかく、ラ・マーレ・ド・茶屋、
随分久しぶりに来たんですけど、
やっぱりおいしかったです。
基本的に、和の食材や、
地の魚が生かされていました。
さすが、日影茶屋のフレンチ。





b0072051_2241072.jpg

b0072051_2215369.jpg

とっぷり暗くなった湾をながめながら。
途中から一階のバーで、jazzのライブが
はじまって、これまたいい感じ。


では、前菜から。

うにと湯葉のゼリー仕立て。(一瞬濃厚で食べごたえあり)
b0072051_225060.jpg



エスカルゴ風な味付けのつぶ貝。(意外に合ってました)
b0072051_226569.jpg



ひらめのカルパッチョ。(みょうがと大葉と一緒に食べます)
b0072051_227212.jpg



伊勢エビとすずきのブイヤベース。(パンもすすんでしまう)
b0072051_2303568.jpg



そして、真打ち、葉山牛。(夏野菜ととても合っていました)
b0072051_2333894.jpg

(堀北さんも、おいしい、って言ってました。。)



デザートの前にどうぞ、と出されたのが、
豆乳とメロンとナタデココのような
ものが入ったもの。。さっぱりしてて美味しかった。
b0072051_2445863.jpg



エスプレッソとご一緒に、とだされた、
チョコと、プチシュークリーム。
b0072051_246343.jpg



ナイフとフォーク置きが、可愛かったので、
買って帰ることにしました。
b0072051_2465538.jpg






ゆるやかにカーブする夜の湾を、クルマで帰る途中、
そういえば、堀北真希さんって、
ALWAYS3丁目の夕日、じゃん、とか
私が凄く好きな「3月9日」という曲のPVに
主演してたんだよな、とか
思い出しました。
(あのPVの堀北さんは、ほんとうにいい仕事してます。
ひんやりとしていながら、切実な眼光がすばらしい。)

おまけに、今日(8月17日)の
篤姫にも出るらしく。。。


でも、堀北さんには、申し訳ない(?)んですけど、
気づいたのが随分後でよかったです。
のんびり食事を楽しめたので。



おみやげに、
オリジナルミニマカロン(レモン味)を買いました。

b0072051_2471933.jpg






by ayu_cafe | 2008-08-17 02:47 | かぞくのこと | Trackback | Comments(10)

ガラスの迎え火。ガラスの送り火。

b0072051_2354828.jpg


ガラスの迎え火。







b0072051_236468.jpg


ガラスの送り火。
by ayu_cafe | 2008-08-16 02:36 | Trackback | Comments(6)

夏休みスペシャル うみめぐり


さ、夏なので、サブ〜ンと世界のうみめぐりに
出かけてみてください。

写真は、すべて、もう一つのブログ、
BEAUTIFUL WORLDから

持ち物は日焼け止めくらいで。

では、出かけましょう。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



まずは、メキシコ、コルテス海から。
クジラも来ます。プールのバーでは、
ダイキリを。。

b0073798_23195051.jpg






今度は、南フランス、コートダジュールへ。
ビーチは、海沿いのホテルごとに専用になってたりします。

b0073798_1454858.jpg







南イタリアの島から見下ろす地中海。
前方がソレント半島。歌が聞こえてきそうです。

b0073798_1131172.jpg







キューバ。カリブ海。
言葉不要。

b0073798_095785.jpg







フレンチリビエラ、マントンの海ではおしゃべり中。
イタリアは、すぐそこ。

b0073798_36355.jpg







今度は、アジアへ。パンコールラウト・リゾート。
波がよせる木陰には、小さな猿が遊びに来ます。

b0073798_2337751.jpg







南イタリア、アマルフィ海岸の
海の上、空の中へ。

b0073798_1585650.jpg







スペイン、バレンシアから望む、地中海。

b0073798_23492456.jpg







北フランス、エトルタの風はひんやりしてます。

b0073798_9313766.jpg







ノルマンディー、ドーヴィルで波打ち際を
優雅に散策。

b0073798_633720.jpg







最後は、地元、湘南、七里ケ浜。
お疲れさまでした。
ひき続き、よい夏を。

b0073798_154172.jpg

by ayu_cafe | 2008-08-15 06:33 | うみめぐり | Trackback | Comments(2)

心が軽くなる良薬みたいなアートの展示会へ。

子供のころに、こんな遊び場があったら、
おもしろいだろうな〜、というような、
見た後、なんか気持ちも足取りも軽く
なるようなアートの展示会へ。

友人のイラストレーター、岡村志満子さん達が
尽力した、ちょっと変わった展覧会へ。






まずは、DEAN&DELUCAで差し入れを購入。
b0072051_324122.jpg



小さな差し入れの袋だけをつる下げて、
ひとに会いにいくって、個人的に
かなり幸せな行為のひとつです。

中身はこんなもの。
おしゃれ金太郎あめ。
b0072051_333750.jpg




さ、つきました。
会場は、おしゃれなカフェなんかがある
三宿の通りを入った
「IID世田谷ものづくり学校」。
b0072051_361030.jpg



ここは、はじめてきたんですけど、
面白いですね〜。


インテリアメーカーのIDEEさんが
出資した場所らしいんですけど、
古い小学校を、リノベーションして、
いろいろなアーティストの活動の場になっています。
いま、広告界で大活躍の
「グランド」もここにオフィスがあるとか。
すごーい、外国みたいだ。。(←単なるミーハー)

b0072051_372945.jpg
b0072051_381079.jpg
b0072051_385576.jpg



盛り上がりつつ、
展示会、会場に到着。


この展示会は、
パリのポンピドーセンターなどでも展示を行う、
フランス人アーティスト、ポール・コックスさんを中心に、
26名のアーティストが集まり、

ひとつのテーマをもとに、
それそれが作品をもちよって、
トータルでひとつのアートを
つくりだすというもの。


アートなんて言っても、
土日は、子供たちが、ワイワイ、
遊んじゃってくれてたらしく、
そういうのすごくいいな、と思います。


今回の大テーマは、世界共通の記号、数字。


b0072051_3101421.jpg

たとえば、この作品たちは、
「自分の誕生日(数字)に届くもの。」

真ん中のポールさんの作品は、
いくつかの数字が書かれていて、
封筒の中に、鏡みたいなカードが入っています。

つまり、何歳の誕生日でも、
ありのままの自分に向きあって、みたいなことかな。。




b0072051_311338.jpg

これは、参加型の作品。
それぞれの高さ(数字)から見えるものを
書いて貼ってね、っていう作品。

子供の目線、樹になるりんごの目線、
今見てるものは、数ある目線の中のひとつにすぎない、
みたいなことかな。
おなかの中の赤ちゃんを書いたカードが、
いちばん、高いところに貼られてたけど、
産まれてくるまでは、神様の目線なのかな。。




b0072051_3125865.jpg

これは、カードをひいていくと、
数字をふくめた哲学的な(笑)文書が
出来あがる。
わたしが、ひいたのは、こんなのでした。。
(なぜ。。)





b0072051_3134382.jpg

これは、あるホテルのおはなし。
各部屋は、部屋番号に関連する
それぞれの世界が進行中です。
461096(白と黒とか。。)

かたわらには、作品が、絵本になって置いてあります。
(これ欲しいーっ←ポニョ風)
b0072051_314309.jpg
b0072051_3145493.jpg
b0072051_3201072.jpg





b0072051_3205684.jpg

これは、ある夏の絵日記。
各アーティストには、日付(数字)の
入ったカードだけがわたされます。
全員のカードが集まって、
ひと夏が完成。
個人技だけでは到達できない
ふくよかなひと夏のできあがり。





b0072051_322922.jpg

これは、いろんなカードを
+や×や=でつなげる、
参加型の作品。

私は、こんなのつくってみました。
ガイコツ+ハート=虹。。。

すいません、これが私の限界です。。。(苦)





b0072051_3235316.jpg

これは、2個の箱が置いてあって、
どちらか、好きな方に、プラスティックの
おもちゃのコインを入れます。

たとえば、この上のものは、夜明けと夕焼け。
どちらか好きな方に、コインを入れ、
それをはかりにのせます。
重み(数字)がはかりに表示されます。

何人かの自分と同じ好みのひとの
コインが入った重み。
それは、こっちの方が好き、
という気持ちの重み。

かっこいいなあ、この企画。





b0072051_3252381.jpg

これは、数字と関係なく、年賀状。
左右の上下センター3センチという
きまりを設け、干支の前後を2つ書く。
各々のカードをつなげると、
変な動物だちが、ぴったり、つらなっている。





b0072051_3262166.jpg

これは、穴ぼこに玉を入れる作品。
玉を入れる下絵が面白い。

3つ目も可笑しいけど、
実写の信号も可笑しい。
(入る訳がないような。。)

あと、これ可笑しい。
きびだんごを与えている場面。
(はじめて見た。。)
b0072051_3271690.jpg






b0072051_328387.jpg

最後は、「ミステリーバスツアー」。
小さなバスだけが描かれたカードを
世界中のアーティストに配り、
背景などを書いてもらう。
集めると、ツアーのはじまり。

このページは、モロッコの人が
書いた砂漠編。バスが砂で汚れてたり。。
b0072051_329522.jpg





う〜む。独創性とトータリティの
せめぎ合いがすごく面白い。
まとめるの大変だったろうな〜。


楽しんだ後は、近くのこんな雰囲気のカフェで
友人とひと息入れる。
b0072051_3295534.jpg
b0072051_3302030.jpg
b0072051_3304610.jpg
b0072051_3312185.jpg
b0072051_3315578.jpg




あ〜楽しかった。
硬くこわばった世界をほぐしてくれて、
心がふっと軽くなる
良薬みたいなアートの展示会。

今週末までなので、
よろしければ、ぜひお出かけください。
by ayu_cafe | 2008-08-14 03:33 | ayuCafe ART Bar | Trackback | Comments(8)

mavieさんとじゅんぺい君をお招きしました。

b0072051_142914.jpg


ヴァカンスで帰国中の
フランス在住、20年(!)になる
mavieさんとお子さんのじゅんぺい君を
家にお招きしました。


mavieさんとは、主にブログ上で、
なにかとお世話になっています。
mavieさんのブログは、冷静な文体と、
プレミアムとしか言いようのない、
フランスのところどころの風景が、魅力。
もちろんお人柄も。
(ブログの文体とちがう。
なんて言えばいいか。。。
かなり、太陽みたい。。。笑)


前回のフランス旅行の際は、
パリで、凱旋門の先のおいしいレストランを
予約していただき、とても楽しい時間を
ご一緒させていただきました。

今回、じゅんぺい君とは初対面。
日本語の発声の仕方が、
ものすごくデリケートで、上品。



さ〜て、フランス在住20年の方に
どんなおもてなしをしよかな、と考えました。

日本らしいもの。。日本の誇り。。。
と言えば。。。、ま、これ以外考えられません。

日本が誇るgla_glaのスペシャルディスプレイ↓

b0072051_118983.jpg





そして、母に、尽力してもらい、日本のお料理で、
おもてなし。。(早く自分で作れるようになりたい。。)


※すみません、お話しに夢中であまりうまく撮れてません。。
すでに食べちゃってたりしてて。。。苦



b0072051_124346.jpg

まず、
くるみの白和え、
引き上げ湯葉、
すずきと平目のお造り、
蒸しなすのごまだれかけ、
とうがんの煮物、うに添え。
剥きトマトのタマネギとアンチョビソースがけ。



b0072051_1281124.jpg

京都万願寺のとうがらしとうなぎ。



b0072051_1291158.jpg

あじと夏野菜の甘酢あえ。
冷しゃぶとアボガドのナンプラソース。



b0072051_131978.jpg

鱧(はも)のお吸い物。



b0072051_1315665.jpg

あなごと、庭でとれた大葉の天ぷら。



b0072051_1324874.jpg

きゅうりの漬け物。そして最後に。。。。



b0072051_1334253.jpg

かぼすをしぼった一夜干しのかれいと、
みょうがとしらすの炊き込みご飯。
さらに、ご飯の上に、近所の海でとれたシラスをふんだんに。。

若さあふれるじゅんぺくんには、
醤油味の牛ひれのステーキを。




「デザートに山梨の桃か、ぶどうは?」と伺ったら、
「もう。。。笑」と、お二人。。笑



食事の間、すんごくいろいろお話ししました。
パリでは、ラーメンが流行っていて、
「ラメン(ンヌ)」って発音してるとか。。。(笑)

時折お二人の間で、交わされるフランス語が、
日本の料理と相まって、心地よく。。。



食後は、もみに登場願って、
じゅんぺい君とのツーショット撮影タイム。
(かりてきたネコみたいに、
ネコかぶってました。。)




b0072051_1495489.jpg

おみやげもたくさんいただきました。
ワインの目利き(!)mavieセレクトのブルゴーニュワイン。
カマルグの塩、サラミ(美味しかったです!)などなど。。
ありがとうございます!!



夕方までおしゃべりして、
(やっぱ、イノセンスは最高!とか。。)
重いけど、ぶどうを持って帰って
もらいました。



夜、もみは、
慣れないおもてなしで、疲れたのか、
変なかっこうで寝てました。

b0072051_1551798.jpg










********************************

mavieさんのブログに、
もみ、出演中です。。
by ayu_cafe | 2008-08-12 01:55 | 友人・同僚のこと | Trackback(1) | Comments(8)

歌舞伎座 立川談志・談春 親子会 1

b0072051_846171.jpg



歌舞伎座。
立川談志・談春親子会。


嵐のような会だった。

石原東京都知事が、客席から野太い声を飛ばし、
坂井真紀さんは、「シビレタ」とブログに綴り、
2階の通路には、三谷幸喜がひょうひょうと歩き、
あるブログでは、「この会は完全に失敗だ」と断定した後、
「でも、来てよかったと思わせる、かなわない」と綴られた。

公演の告知が出た時、
家族の参加を募ると、全員が手をあげた。

チケットの発売日、電話はまったくつながらず、
インターネットで5分後になんとか、人数分を確保。
でも席が悪いので、もう一度アクセスしたら、
完売になっていた。
歌舞伎座の約2000席が、6分で完売していた。



当日の前売り券売り場。
まだ早い時間。
嵐の前の静けさ。

外人さんの夫婦が、
7月歌舞伎の予定表を小粋に眺めていた。
by ayu_cafe | 2008-08-11 09:04 | ayuCafe 落語 Bar | Trackback | Comments(2)

花火

b0072051_2264225.jpg







****************************


どんな立派な言い回しより、
どんな立派な成功より、
個人的に一番尊敬してしまうのは、

ただ黙って、
朝顔のつたをからませるものを用意する、
というようなこと。

そんな静粛で、敬虔な行為によって、
日常は静かに豊かに、そして、
どっしりと力強く、育まれる。

雨風や、失敗や困難の渦中でも、
黙って、つたをからませる用意をする。

そういうことを、日々、大切にできれば、
たぶん、続けて行ける。(かも)
by ayu_cafe | 2008-08-10 02:45 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(0)