ayuCafe

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

笑顔の余韻に包まれながら、シャンゼリゼをくだる。白い観覧車が近づく。

b0072051_2246289.jpg




フランスの一週間 月曜日3
(さりげなく再開。でもまだ一日目☆)



もう午前零時を過ぎている。
対岸のカルチェラタンのアパートまで
まったりとタクシーに揺られながら、
さっきまでお食事をご一緒させていただいた
フランス在住20年のmaVieさんのお人柄と笑顔と
フランスでのお話しの余韻につつまれて、
シャンゼリゼ大通りをくだっている。


夜遅くまで、右岸で食事して、タクシーで、
左岸のアパートに帰るのは、至福の時。
たいがい、コンコルド広場か、ルーブルの真正面を
通ってくれる。
ワインでとろんとした車窓の向こうにパリが流れてゆき、
エフねえさんが、遠くでまたたく。





7時すぎにすこし遅刻してしまって(ごめんなさい)
レストランにつくと、maVieさんはもういらしていて、
ブログとメール以外では、「はじめまして」。
妻とも「はじめまして」。


このレストランは、maVieさんが
「pudlo」(たしか)というレストランガイドで
探してくれた。

『最近は、ミシュランじゃなくて、これ。
お店を調べて、決めて、予約するのって、
やっぱり楽しいですねえ』

って、旅行前にメールをいただいて、
ひそかに、嬉し泣き。。


場所は、凱旋門を超えた先の一角。
以前このあたりにお住まいだったとのこと。
それも、このレストランにしてくれた理由のひとつ。


b0072051_22491498.jpg
b0072051_22502471.jpg
b0072051_22502661.jpg



7時過ぎに、料理をオーダーする頃は、
まだ、お客さんもガラガラで、
ロックみたいな音楽がかかってた。
やがて、月曜日だというのに、超満席になり、
音楽もずっと神妙な音楽が流れてた。


いろんなお話を聞かせてもらった。
フランスに来てからのこと。
愛猫のふんがちゃんのこと。
ご子息のじゅんぺいくんのこと。


b0072051_2301399.jpg
b0072051_2304080.jpg
b0072051_231643.jpg



ふんがちゃんが、パリのお部屋を闊歩してるところが
目に浮かび、maVieさんがふんがちゃんに
世話を焼いてるところが目に浮び、
じゅんぺい君が育っていくときに、
いろいろなかなか上手くいかないことがあって、
困っているmaVieさんが目に浮かんだ。


あとでブログに書いていらして、知ったことだけど、
ふんがちゃんは、maVieさんが、じゅんぺい君を
出産する直前まで、心配そうに見守ってくれていた。

じゅんぺい君は、小さいころからずっと習っていた
空手の黒帯を、最近、もらった。


あのときのレストランでお話を聞いていた身としては、
その記事に載っていた小さい頃の柔道をやっている
じゅんぺい君の写真と、それを撮っている
maVieさんのツーショットが目に浮かんで、
ジンとしてしまう。


b0072051_2333061.jpg
b0072051_23332038.jpg



maVieさんは、よくわたしが仕事で大変そうなこと書くと、
コメントで「わたしこんなに楽しちゃっていいのかしら」
なんて書いてくれるけど、
ぜんぜん楽してないじゃん、いままで(笑)


結局、0時近くまで、あれこれお話していて、
気づいたら、まわりのお客さんもほとんどいなかった。
音楽はまたロックみたいなのに戻っていた。
お料理は、最後まで、とんでもなく
おいしかった。
なにしろ、人生のエピソード付きだしね。


b0072051_23333858.jpg

b0072051_23393255.jpg
b0072051_23395238.jpg





帰りのパリは、行きのパリとは、もう違った。
maVieさんが悪戦苦闘したパリだった。


両側に過ぎてゆくシャンゼリゼを眺めながら、
不思議な気持ちになる。


つい一週間前は、東京であくせく残業してた。
そして、いまは、maVieさんの
一気に聞いたエピソードがフラッシュバックしながら、
シャンゼリゼを通りすぎてる。
一週間後には、たぶんまた、東京で残業してる。

夢みたい、だと思う。
夢ってわずかの時間の方が、実は、盛り上がる。
ワインの酔いがまわる。
真正面のコンコルド広場の白い観覧車が近づく。





フランスの一週間 月曜日3








白い観覧車、近くで見上げるなら、こちらで
by ayu_cafe | 2009-01-31 23:48 | フランスの1週間 | Trackback | Comments(4)

一月七日の七草粥と焼き椎茸

b0072051_8512452.jpg



一月七日に七草粥を食しました。


七草粥は、英語でいうと、

セブン・ハーブ・ガユ

でしょうか。
(↑ま、どうでもいいです)



この七草粥には、下田から送ってもらった
あおさ、という海苔が上にちょこんと
のせてあります。
この、あおさ、ほのかな風味と味わいに、
すこし夢中になります。



焼き椎茸は、
あさば、という旅館に家族で行ったときに
朝ごはんに、大きな椎茸がでてきて、
それを七輪で焼いて、塩をすこしまぶして
食べたんですけど、

いまだに家族でも、
「あれは、いままでの朝食ベスト1だった」
なんて話していて、
思い出深い一品なんです。


料理だけじゃないかもしれないけど、
いろいろたくさんとか、あからさまに
偉そうだとか、高そうだとか、
恩義せがましく、手間ひまかけました、というより、
無骨に、飾り気なく、芯からうまい、
みたいなのっていいですよね。

あさばの焼き椎茸にかぶりつきながら、
その時、つくづく思いました。
あ、こういうのが、いいんだ、って。


あさばさんは、こんなところです。



ちなみに、七草粥に入れるのは
春の七草と呼ばれるもので、


芹(せり)
薺(なずな)
母子草(ははこぐさ)
繁縷(はこべ)
小鬼田平子(こおにたびらこ)
蕪(かぶ)
大根(だいこん)



秋の七草というのも、あるんですね。


女郎花(おみなえし)
薄(すすき)
桔梗(ききょう)
撫子(なでしこ)
藤袴(ふじばかま)
葛(くず)
萩(はぎ)


覚え方は、

「おすきなふくは」

と覚えるそうです。



花や草は、(虫も?)
名前を見ているだけでいいですよね。

過度な情報や邪念に疲れた脳を
浄化してくれるような気がします。
by ayu_cafe | 2009-01-31 09:22 | ayuCafe 食の道 | Trackback | Comments(4)

.....and Cat.

b0072051_920931.jpg



キリリ。
すいません。。。
うちの家族は、写真となると、
どうも、きめたくなるらしく。。。




(ねこものまね)

<横柄な道案内>

「その先を、左! わかった?」
by ayu_cafe | 2009-01-30 09:20 | かぞくのこと | Trackback | Comments(2)

Mother and Son.

b0072051_9133637.jpg




イタリア、ローマ法王の避暑地、オルビエートにて。

※10年以上前の写真なので、
現在は、さまざまな経年変化をしています。

※なぜ、わたしが、自信満々なのか、
まったくわかりません。
(おそらく若気のいたりでしょう。。)


前にも書きましたが、母の口癖は、

できる範囲でいいから、ちゃんとした服を着て、
できる範囲でいいから、ちゃんとしたものを食べなさい。
(↑あんまり守れてないけど、努力はしている)



山梨のいなかにアルファで行くときは、
屋根を開けたがり、
屋根を開けて高速を飛ばしているとき
よく言うのは、

「寿命が延びるわねえ」



身近な人間が、
とんでもなく落ち込んだ時は、

「それくらいのことで、ごはん食べれなくてどうするの」
って言って、目の前に、
おいしいごはんをどんと並べます。
by ayu_cafe | 2009-01-29 09:20 | かぞくのこと | Trackback | Comments(8)

風にそよぐ一途な雑草。

Agriというブランドの
神楽坂での展示会に行ってきました。

元同僚(わたし的にはいまでも同僚)の
増田ゆみさんが立ち上げたブランドです。


まずは、ホームページの写真を。



b0072051_07567.jpg



b0072051_081532.jpg



b0072051_083567.jpg



b0072051_085119.jpg



b0072051_08567.jpg



b0072051_09149.jpg




増田さんは、会社にいるときから、
80歳くらいのおじいさんの師匠について、
学んでいて、いまでも学びながら、
作品をつくっているそうです。


この虫たちは、つくる道具から
つくる、とのこと。


わたしは、増田さんが辞めるとき、
定期収入の仕事をやめて、
ひとりの師匠について、学びながら、
ものづくりをする、っていう話を聞いて、
しばらくて、ひそかにある決心をしました。

それは、

わたしは、これまでも、これからも出会う、
クリエイターと呼ばれる種類でないひとも含む、
あらゆるひとを、師匠にしよう。
増田さんが会社をやめて、ひとりの師匠のもとで
学ぶとき、わたしは、ならべくいろんなひとと
仕事して、いろんな目に逢って、
いろいろすれちがって、いろいろ叩かれて、
いろんな経験をしよう。

と、いうようなこと。


コントラスト?


あるひとがいることで、
自分の方向性がくっきりしてくることがあります。



ちなみに、増田さんは、まだ新人の頃、
文字の多い、細かいパンフレットに来た修正を
直した後、ライターに文字校してもらうために、
出力し、それを、ライターに渡す前に
自分で一字一句、指差し確認していました。
(こういう風に丁寧にやるひと、
恥ずかしながら、実はかなり珍しいんです。)



そして、在職中、最後にもらった
メールでは、こんな風に言ってました。



*******************


ある人が「雑草」のことを

「どんなところでも力強く根を伸ばし、
咲きたいように咲く。
その一途な姿に、力強い姿に、
憧れさえ抱いているのかもしれません。」

と語っていて。

作品は、作者の背景を映し出すと言われます
わたしも雑草のように一途で、力強い姿勢で
カタチにしていきたいと思います。
そして、誰かのこころをドキンとさせられたらなって。


*******************



気持ちがあれば、だれでも
いいものがつくれるほど、
あまくはないと思うけど、

基本的に、
こういうひとの作品が
良くないわけないです。



神楽坂の展示の写真です。
ホームページの写真と一緒に載せるの恐れ多いし、
わたしのカメラでは、この小さな造形を
とらえきれないけど、
でも、ディスプレイ自体もすごくよかったので、
雰囲気だけでも、お伝えできれば。。
(とりあえず、作品への愛だけこめました。。)




b0072051_0154575.jpg



b0072051_0162052.jpg



b0072051_0171074.jpg



b0072051_0174690.jpg



b0072051_0181789.jpg





いくつかあるアクセサリーの中で、
tentoumusiを最初につくったそうです。

ある日、部屋に
てんとう虫が入ってきて、
そのままじっと動かなくて
“つくって”って言ってるみたいだったので、
つくりはじめた。

ってその場で話してくれました。



わたしは、あるものを
オーダーメードでお願いしました。
オーダーメードのできあがりを
待つ至福の時。。



次回の展示会は、フランスのパリだそうです。



「一途な雑草たち」は、たとえパリでも、
風にそよぐように、ひょうひょうとしているんだろうな。
by ayu_cafe | 2009-01-28 00:40 | 友人・同僚のこと | Trackback | Comments(2)

おはよう。

b0072051_9395231.jpg



おはよう。
また新しい一日。


また新しい可能性。
また新しい再挑戦。
また新しい償い。


おはよう。
また新しい運命。
by ayu_cafe | 2009-01-26 09:40 | Trackback | Comments(4)

カリブの海賊

b0073798_095785.jpg


目隠しを外された後、
眩しい日射しの中に最初に見えてきたのは、
船の上をいそがしく行き来する海賊達の姿だった。

「飯だぜ」
体のロープを解いた後、海賊は、
二つの大きなマンゴーが入った籠を、足もとに置いた。

見上げると、巨大な白い帆が、満面に風を受けて、
のびのびとふくらんでいる。

船は、おだやかにうねる海の上を、すべるように進んでいる。

「なあ、夕べの嵐は、ひどかったよな」
ひときわ大柄な海賊が、近付きながら、声をかけてきた。
「夕べみたいな大荒れの時にゃ、おめえさんみてえに、
縛り付けられてた方が、転げまわらずに済んだかもなあ」
体に、感覚がゆっくりともどって来るのを感じる。
同時にはっきりとした痛みが全身に広がる。

大柄な海賊が足もとのマンゴーを指差して言う。
「なあ、こいつは上物だぜ。果肉って言うけど、
こいつは、本当に肉みたいにほうばりがいがある。
おまけに、蜂蜜並みに甘いときてる。
たいがいの疲れなら、ひとつ食べ終わる頃には
とれてるぜ。」

海賊は、じゃべりながら、ブーツにさしたナイフを抜き、
そのナイフで、マンゴーをざっくりと割って、
こちらに差し出した。

「あんた、船長かい?」
果汁のしたたりおちるマンゴーを受け取りながら聞く。
手のひらにずっしりとした重みを感じる。
「ああ、いかにも。こいつは、おれの船だ。
“レジーナ”ってんだ。
おめえさんのことも知ってるぜ、ピアノ弾きだろ。」
それには、答えず、重たく熟したマンゴーをほおばる。
全身に、ゆっくりと、濃厚な甘みと、
みずみずしさがいきわたる。

「なあ、おめえさんにひとつ頼みがあるんだ。
あいつを弾いてみてくれねえかな」
船長が指差した先にある革のシートを、
やせた海賊がめくると、
いくつかの上等な箱や家具といっしょに、
小さなピアノがあらわれた。

それから、しばらく、船長は無言で
マンゴーを食べ終わるのを待った。
食べ終わり、立ち上がろうとすると、
船長は、二人の部下に合図して
両脇を支えさせた。

ピアノの前に腰掛け、しばらく何を弾くか、考える。
帆が降ろされ、船が減速する。
他の海賊達も、動きを止めてこちらを見ている。

指が上手く動かない。

快晴のカリブ海を、とてもゆっくりとしたテンポの
メンデルスゾーンの音階が包む。
by ayu_cafe | 2009-01-24 06:14 | ayuCafe 創作 Bar | Trackback | Comments(4)

同僚は、いつまでも、同僚。

b0072051_1433122.jpg


同僚は、やめたら、「元同僚」ではなく、
いつまでも「同僚」。

時間がたっても、遠く離れても、話さなくても、
成功しても、失敗しても、亡くなっても、
逮捕されても、最低でも、最高でも、同僚。

友人・知人も同じ。

たとえ、十年会ってなくても、
昨日のようにいつでも新鮮。
たまに、飲んだり、ちょくちょくメール交換しなくても
たくさんしゃべっていなくても、すぐ会えなくても、
脈々となにかがつながっている。

いつでも胸に存在が灯っている。

そんな同僚、友人、知人がすこしづつ増えていく。
胸に灯るあかりが増えていく。

家族も。言うまでもなく。

灯りなんて、やさしいもんじゃないかもしれない。
消したくても消せず、叱咤激励される。

そんな同僚、友人、知人、家族に恥ずかしくない
仕事をしないとまずいなあ。

無言の会話のやり取りが、
無言の手紙のやり取りが、
まるで暗い海沿いの道の、街灯のように、
脈々と続いている。

胸に灯る存在のあかり。
それは、死んだくらいでは、消えない。
by ayu_cafe | 2009-01-23 02:22 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(8)

「Everybody Had A Hard Year」ティーカップ

b0072051_243530.jpg



暗い絵本みたいな模様。


marzというバンドの
大好きな「Everybody Had A Hard Year」という曲が
入っている「Love Streams」というアルバムの
ジャケにもどこか似てる。


b0072051_24516.jpg




ゆっくり、お茶をいれて、
気分一新。
by ayu_cafe | 2009-01-22 02:19 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(4)

仕事の反響。もしくは「王を倒せ!」。

b0072051_2305465.jpg



10年くらいほとんど毎月、一緒に、
うん、うん、考えながら新聞広告をつくっている
クライアントさんがいます。

去年の暮れには、朝日新聞に、
15段(片面全面)広告を打ちました。
ちょっと刺激的なキャッチコピーだったんですけどね。

刺激的な割に、
社内、外とも好評だったので、
いくつかの他の新聞にも、同じ広告を打ちました。
(これだけでもうれしい。)


そしたら、年末、
人気女性エッセイストの方が、
この新聞を、このわたしたちのキャッチコピーを、
まんま大きなタイトルにして、
週刊現代にエッセイを書いていらっしゃる事が判明。

新聞社の代理店の方に教えていただいたのですが、
読んでみると、はじめちくりとくるけど、
結論的には、わりと同調みたいな感じでびっくり。


さらに、朝日新聞にも、この新聞広告に対する
投書が掲載されていました。
こちらは、ちくりとご意見いただきました。



いま、新聞広告は、なかなかダイレクトレスポンスが
望めないケースが多いし、新聞を舞台に広告展開する
ケースも急激に減ってきています。


それどころか、広告の効果すら、あやしい。
好きな広告って昔は言えたけど、いまは。。
一昨年のコピー年鑑のグランプリってなんだっけ。。


新聞の投書欄に広告に対する意見が載るのも
珍しいことではないでしょうか。

批判すらされない広告。

いま、「パソコン、8,9000円」とかの
告知の方が強いもんね。
死活問題のご時世に、言葉遊びや、内輪受けしてる
余裕ないもんなあ。。


でも、エッセイに取り上げれられた。
投書でご意見をいただいた。


なんてうれしいんだろ。
ひっかかったってことだもんね。

内輪受けじゃなくて、
全然知らないひとに、届くってほんとうれしい。


以前、前の会社の上司が貸してくれた本に

「たとえば、昔、ほんとうに優れた演説を聞いた人々は、
“よくできた演説だね”とは言わない、
“王を倒せ!!”と叫んでいる」

というような事が書いてあった。


よくできてる。
上手く言えた。
きれいにできた。
って、いったい誰のためのなんの仕事なんだ、
と思うし、やるからには、
見る人にいい意味のトラウマを与えないと。。



でも、毎回そう願って、やってるから、
ほんとは毎回いろいろ反響なきゃだめなんだよな。
く〜厳しい。



先日、このクライアントさんと会議をしたのですが、
もしかしたら、怒られるかも、とも思っていたのですが、
全然そんなことなくて、反響のあったことに、
むしろよろこんでいて、さすが、と思いました。


いま、企業様は、クレームが恐くてしかたない時代。
表現も、ひかえるし、万が一、世に出ても、
クレームがきたらすぐひっこめる。


その点、このクライアントさん、偉いなあ。
ご批判の電話にも、毅然と説明されてたらしいし。


でも、このキャッチ、この案、固めるために、
クライアントさん、ともどもさんざん考えたから。
時代のこと、心理変容、これからの生活のあるべき姿、
そして、このクライアントがずっと大事にしているこころざし。
それをもちろん全部こめた。


ただの挑発じゃない。
真剣な挑発。

どんな批判にも、どこからの批判にも、
自信をもって答えられる。


その会議では、アンサー広告、出そうか、なんて
お話もでたんだけど。。

でも、これ、反響あったから、ここまで
うたい上げるように書いてますが、
なかなか上手くいかない。

でも次回も、また目指さないと。


うん、でも、とりいそぎ、10年目にもかかわらず、
同じクライアントさんと新鮮にものづくりができて、
小(?)ヒットが出せたことはうれしい。
by ayu_cafe | 2009-01-20 23:44 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(0)