ayuCafe

<   2009年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

魂が踊る。マイケルジャクソン「THIS IS IT」

b0072051_7435634.jpg




正直に言うと、マイケルジャクソンのことをまるでわかってなかった。
この映画を観るまで。

ロンドンのO2アリーナで行われる予定だった
彼のコンサートの公演回数は、50回。
110万席のチケットは、5時間で売り切れていた。

この映画は、そのリハーサルの模様を
公開目的ではなく、プライベートな記録として
撮られていた映像をメインに編集したもの。


この様子が凄い。

アットホームなのだ。


マイケルとスタッフとバンド全員の
敬意と誠意しか感じない。

自分が好きで得意なものを
みんなが楽しんでくれるものを
いまどうしてもいいたいことを

とても丁寧に丁寧に「静かに」
夢中になってみんなでつくろうとしている。


マイケルがソロで踊るとき、
世界中からオーデションで選ばれたダンサーが、
舞台前で、そのパフォーマンスに見とれ、
歓声をあげる。

バンドのメンバーに、
マイケルが、「僕が一緒にいてあげるから大丈夫」
って声をかける。


もちろん、あの複雑なブレイクのポイントを
すべて生バンドで実現しているだけでも
壮絶なプロフェッショナリズムを感じる。



たぶん、緊張や罵声の現場というは、
まだまだ途上の環境なんだろうな。

ほんとうのプロフェッショナリズムって
危機感や訓練や向上心や礼節はもうとっくにあたりまえで、
お互いを尊重し合うアットホームの中にあるんだろうな。


このアットホームさを観ると、
その裏に築き上げられた、壮絶な訓練や
意識の極まりを感じて、ぞっとする。

壮絶なアットホーム。




映画の終盤、マイケルとスタッフ、バンドのメンバーが、
円陣を組んで、「手をつないで」、
マイケルがスピーチをする。


「前に進んでいこう、忍耐と理解をもって」



凄い。

私は、いったい
どれだけ忍耐をして、どれだけ理解に努めただろう。。

ちょっと逃げ出したくなる。




*************************




亡くなったことを差し引いても、これだけ評価の高い
映画も珍しいのではないだろうか。

ある女優さんは、ブログで
「凄すぎてどうすればいいのかわからなくなった」
と書いていて

ある女性カメラマンさんもブログで
「すっぴんで見に行ってよかった」(大泣きしたから)
みたいなことを書いていた。



特に、「Billy Jean」は圧巻だと思う。

これはパフォーマンスにおいて人間がなしえる
ひとつの到達点なんじゃないだろうか。


このダンスを見ると、優れたダンスというのは、
上手い〜、身体の動きが〜、どうのというより、

なにか目に目えないグルーブを
身体がつかまえた状態のことを言うのかなと思う。


踊っているのではなく、
音楽という魔術的なグルーブに
踊らされている。

ダンサーは、魔術的なものの触媒なのかも、と思う。


太古からある音楽の存在を考えると、
そういう意味では、彼は、
きわめて純度の高い、ダンサーなのかもしれない。



だから、これを見ると、マイケルがどうのか、
というより、
ダンスっていいなあ、
音楽っていいなあ、
と口をあけて思ってしまうし、

そんな魔術的な文化の魅力に、
彼が踊っている間中、
やさしくつつまれている気がして、

からだの細胞が元気をもらえる。


こういうのを、たぶん、

踊りたくなる、

っていうんだろう。




***********************




わたしが、とてもびっくりしたのが、
この映画が記録用として、たった2つのカメラで
撮られていること。

つまり2カメだけで、ほぼ、
同じ距離感でずっとマイケルのダンスを
映している。

これが、見れるようでなかなか見れなかった。

そして、ショービジネスの頂点にいる
マイケルのいままでの映像において、
2カメだけ、というのはありえなかった。


カメラの寄り引き、背後の演出、観客、
マイケルのアップ、メンバー。。。

カメラは、切り替えをするほど、
一見「面白い」「飽きない」映像になる。

でも、これは、カメラのカット割りの技術が
高ければ、どのアーティスト、あるいは、
近所の子供でも面白い映像になる。


前から思ってたのは、特にダンサーの映像の場合、
カット割りを細かくしてはダメだし、
もったいない、ってこと。

急なたとえでもうしわけないけど、
パフュームも売れだしてから、
カメラの数が多くなって、カット割りが増えて、
彼女達の高度な振り付けのシンクロの高さが
わかりづらい。
むしろ、むかしファンが一台のカメラで
俯瞰で撮っていたモーターショーとかでの
営業の時のダンスの方が、本来の良さがわかる。



こういうことは、ダンスに限らないかもしれない。
ショービジネス、あるいは、見せ方というのが、
ある種、飽和し、フォーマット化し、
なにを見てもあきてしまう。
伝わってこない。
演出すればするほど。


これは広告にもめちゃ言えると思う。


いまは、ごろんとそのものを見せた方が
ぐっとくる。(それもひとつの演出だけど)
どんなドラマより、プロフェッショナルの流儀
みたいなものの方が面白い。


だけど、まだ表現、演出に夢をみていて
その本来のものをしっかり
見ようとしないひとがまだまだいる。

「もっと表現で盛り上げてユーザーに夢見させてよ」
なんて軽〜く言われることがある。



マイケルのこの映像は、
彼と言う人間と彼の能力を
的確につたえる、傑作だと思う。

ただし、マイケルのプロ意識から考えると、
たぶん、亡くなっていなければ、
公開はされなかった。


この矛盾と奇跡。



リハーサルで八分目の力で、
すこし軽く踊る、

こういうとき、そのひとの能力が
逆に伝わってしまう。

変なたとえだけど、
熟練の料理人のまかない、みたいな。




これは、はっきり言って
あの裁判の証拠にさえなる。

いまどき、映像がやらせかどうかは
素人でも感覚でわかる。


ある意味、謙虚で、おどろくほど純真で
ダンスが好きで好きでたまらない
「男の子」がここにいる。


ここにはいないけれど、
ここにいる。







本日劇場公開最終日。
by ayu_cafe | 2009-11-27 08:43 | non category | Trackback | Comments(6)

日々の光は、闇をほどく恵みの光。

b0072051_918529.jpg



妻のお母さんは、わたしの母と誕生日が
ふつかちがいなので、
日々の写真のアルバムを
妻のお母さんのものと、母のものと、
ふたつつくりました。

こんなところに行きました。
こんな素敵なものをつくってもらいました。
こんな仕事をしました。
こんなところで暮らしてます。
こんな日々です。

みたいなアルバム。

これは、ふたつのアルバムのために
選んだ写真。
(実際は、人物の写真がもうすこし入ってます。)


それにしても、季節の光というのは、
ちがう季節にみると、奇跡みたいに見えます。。

日々の光は、闇をほどく恵みの光。





b0072051_9265241.jpg

b0072051_9261125.jpg

b0072051_9271087.jpg

b0072051_9274834.jpg

b0072051_9314462.jpg

b0072051_932485.jpg

b0072051_9323243.jpg

b0072051_9325830.jpg

b0072051_9332442.jpg

b0072051_9334756.jpg

b0072051_9341210.jpg

b0072051_9342784.jpg

b0072051_9344163.jpg

b0072051_9345579.jpg

b0072051_9351117.jpg

b0072051_9353052.jpg

b0072051_935461.jpg

b0072051_936925.jpg

b0072051_9363315.jpg

b0072051_9365522.jpg

b0072051_9371899.jpg

b0072051_9373626.jpg

b0072051_938114.jpg

b0072051_9411927.jpg

b0072051_9413393.jpg

b0072051_941523.jpg

b0072051_9421422.jpg

b0072051_9424792.jpg

b0072051_9432139.jpg

b0072051_9434693.jpg

b0072051_944969.jpg

b0072051_13433732.jpg

b0072051_945366.jpg

b0072051_1004694.jpg

b0072051_9452459.jpg

b0072051_9472089.jpg

b0072051_946740.jpg

b0072051_948401.jpg

by ayu_cafe | 2009-11-26 09:29 | かぞくのこと | Trackback | Comments(4)

母の誕生日。コンラッド・チャイナブルー,エヴァン,マイケルジャクソン。

b0072051_735477.jpg



母の誕生日。
母や祖母には、なにをしても
かえしきれないくらいなんですが。。


まずは、コンラッド東京のチャイナーブルーでお食事。
以前、母は、働いていたとき、
浜松町(支社)にも勤めていたので。


ここは、浜離宮(←でかい)が見下ろせて、
遠くに、お台場、レインボーブリッジが見えます。
よく晴れてくれてよかった。


b0072051_7393757.jpg


あの池の中のあずまやみたいなところ
行ってみたいね、などと話しつつ。。





b0072051_7395082.jpg


ここは、ミシェランで☆をもらっているとのことで、いざ。
b0072051_74035.jpg

b0072051_7403440.jpg

b0072051_7404927.jpg

b0072051_741381.jpg

b0072051_7413637.jpg

b0072051_7415745.jpg

b0072051_7434515.jpg

b0072051_74487.jpg

b0072051_7443054.jpg


b0072051_7465948.jpg

b0072051_7471619.jpg




きらきらひかる東京湾を見ながら、
ゆっくりお食事後、


行ったことがない、というので、表参道ヒルズへ。
母は以前、この場所の地代を徴収させていただく
仕事をしていたらしく。。



b0072051_7503226.jpg



表参道ヒルズは、中央の大階段が
メキシコの現代建築ぽくって大好き。

まわりを囲むスロープは、表参道の坂道と
同じ勾配になっていて、さらに、
外の街路樹をキャプチャーして、それを
室内に映写している、

どこかで、
「表参道の並木道を折りたたんだような」
って書いてあって、その表現も好き。

バリライトとサウンドシステムが、
きもちがよくてきれいな演出を
たえずしています。


b0072051_75895.jpg

b0072051_7582919.jpg

b0072051_7585274.jpg

b0072051_759116.jpg

b0072051_7593069.jpg




ジャンポールエヴァンで、誕生日のマカロンを買ったり。。

b0072051_831255.jpg





じゃ、そろそろ映画がはじまるので、
時間がちょうどよくて、いちばんちかい映画館へ。



b0072051_852950.jpg


六本木ヒルズ、プレミアスクリーンに到着。
きゃー、なんかベタな行程。。
ま、たまたまなんですけど。。



マイケルジャクソンの「THIS IS IT」。

これは、後でしっかり書きますが、
ものすごい作品です。
ほんとに映画館で観れてよかった。


帰りのタクシーで
「ビリージーン」よかったね、
って話しながら帰ったのですが、

ほんとに、あの「ビリージーン」は、
いつまでも続いて欲しいと思うくらいの
光芒の時間でした。



ちなみに、六本木ヒルズのプレミアスクリーンって
バーの奥にある70席くらいのスクリーンなんですけど、
ここよかったです。
六本木ヒルズで70席ってなんか素敵です。







ということで、あちこちまわって、帰宅。

プレゼントは、花と、
この一年の日々の写真、

b0072051_8165562.jpg




あと、表参道ヒルズの
北欧デザインセンターでみつけた
くまのスノードーム。


b0072051_8174896.jpg



箱に入ってるところもいかす。
b0072051_8181419.jpg






プレゼントが不得意なのも、
わたしの大きな課題です(苦)




b0072051_8194178.jpg

by ayu_cafe | 2009-11-25 08:20 | かぞくのこと | Trackback | Comments(16)

泳ぐ。もがく。かきわける。





パルコのCM。
NYマンハッタンを背に、
ワニがいるかもしれない、と言われている
ハドソンリバーを内田裕也さんがスーツで泳ぐ。

原案は、内田裕也
クリエイターは、井上嗣也、加納典明、仲畑貴志

コピーは、

「昨日は、何時間生きていましたか。」



これ、ADCとかの範疇じゃなくて、
ヴェネチュアビエンナーレとかの領域なのでは。。

ぬくぬくしていない
きわめてすぐれた
インスタレーションアート。





このCMのビジュアルは、
映画「コミック雑誌なんかいらない」の
メインビジュアルに。


映画「コミック雑誌なんかいらない」は、
プロデュース、主演、内田裕也で、
当初、上映館は、0。

次第に評価が高まり、カンヌ映画祭監週間の招待を受け、
上映後、スタンディングオベーションを受ける。
スパイクリーとアレックスコックスの作品と評価を競う。

ニューヨークタイムズとロスアンゼルスタイムスは、
この映画の大々的な特集を組む。

ニューヨーク近代美術館で特別上映。

ニューヨーク リンカーンセンター、
ロサンゼルス シネプレックスビバリーセンターでも上映。

監督は、2008年に「おくりびと」で
アカデミー賞外国語映画賞を受賞した
滝田洋ニ郎。






ちなみに、このCMのキャッチ、
「逆境は、退屈しない」
ではだめでしょうか。。。
ってごめんなさい。



内田裕也さんが
死にものぐるいで
素敵です。
by ayu_cafe | 2009-11-19 01:34 | ayutube | Trackback | Comments(2)

ねこものまね 「終電のお父さん」

b0072051_612284.jpg

by ayu_cafe | 2009-11-18 06:10 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(6)

ジョン・ワーウィッカーの作品集を見て、企画書を書き直す。

b0072051_1646552.jpg



このところどっぷりと奮闘していた競合の結果がでた。
5社中2社まで残って落選。
5社の中には、H報堂さんもいたらしく。。

建築家のプレゼンテーションみたいな本を読むと、
プレゼンというのは、50%の確率だ、みたいなことが
書いてあった。

ただ、すべての批評には、とんちきなものも
ふくめて、真実が含まれていると思うので、
たりなかったものも確実にあったのだろう。(反省)

だけど、そのプロセスもふくめて100%なにかの
身になっていると思う。
てか、身にしないと意味がない。





今回、プレゼン作業を終えもろもろ提出し終えたあと、
脱力して、ABC本店にふらふらと出かけた。


ジョン・ワーウィッカーの作品集が出ていて、
パラパラ見ていたら、急に、

企画書、もっと端的に美しくできる、

と思ってしまって、
もう出してるのに、
急いで会社にもどってつくりなおした。(←バカ)

すぐに出来てチームのひとたちに送った。(←迷惑)




でも、少し見えた気がする。

なにか、すこしでも、前進したいものです。

このせっかくの機会を「利用」して。






ジョン・ワーウィッカーさんの分厚い作品集と
彼が特集されているideaの最新号の
“一部”をご紹介させてください。

端正で冷たくて美しい電子音楽みたいな、
作品集です。




b0072051_1758349.jpg

b0072051_1758111.jpg

b0072051_1758233.jpg

b0072051_17583491.jpg

b0072051_17584522.jpg

b0072051_1804417.jpg

b0072051_1812893.jpg

b0072051_181396.jpg

b0072051_1815461.jpg

b0072051_182644.jpg

b0072051_1821864.jpg

b0072051_1823028.jpg

b0072051_1824236.jpg

b0072051_183177.jpg

b0072051_1872753.jpg

b0072051_1874056.jpg

b0072051_1875669.jpg

b0072051_1891028.jpg

b0072051_1892849.jpg

b0072051_1894278.jpg

b0072051_1895992.jpg

b0072051_1810122.jpg

b0072051_1811412.jpg

b0072051_18112043.jpg

b0072051_18113726.jpg

b0072051_18115097.jpg

b0072051_1812218.jpg

b0072051_18121967.jpg

b0072051_18131381.jpg

b0072051_18133828.jpg

b0072051_18145830.jpg

b0072051_18153570.jpg

b0072051_1816645.jpg

b0072051_18162285.jpg

b0072051_18164445.jpg

b0072051_18165853.jpg

b0072051_1818464.jpg

b0072051_18182910.jpg






この号の「idea」は、気合入りまくりなのでは。。。

b0072051_18185672.jpg

b0072051_18202432.jpg

b0072051_18203822.jpg

b0072051_18205278.jpg

b0072051_1821924.jpg

b0072051_18212983.jpg

b0072051_18215837.jpg

b0072051_18222188.jpg

b0072051_18223560.jpg

b0072051_18225116.jpg

b0072051_18231135.jpg

b0072051_182661.jpg

b0072051_18262823.jpg

b0072051_18264614.jpg

b0072051_1827087.jpg

b0072051_18271669.jpg

b0072051_18272951.jpg

b0072051_18274416.jpg

b0072051_18275543.jpg

by ayu_cafe | 2009-11-18 01:43 | ayuCafe ART Bar | Trackback | Comments(2)

コピーライター養成講座時代の課題☆

b0072051_149415.jpg


以前、表参道のコピーライター養成講座
っていうのに、通ってたことがあるんですけどね、

そのとき、センセが課題を出しました。


↑このビジュアルにコピーを入れろ、と。

クライアントは、パルコを想定。

わかりづらいですが、
わりとアメリカの荒涼としたところ。
女のひとは、泣きそうな、嘆げくような様子。
かなりぼろな服をきています。。




んで、コピーを入れたものを、教室の前に全員分貼って
クラス(30〜40人くらいだったかな)全員で
いいと思うものに、投票する。
最多得票者には、センセから景品が。。


という授業。





パルコの広告が元気があった、
いや、広告が元気があった最後の方の
時期だったのかもしれません。

だから、いまと、パルコに対する感覚、
キャッチの感覚もだいぶ変ってると思います。



という前置き付きで、
キャッチ、入れたものをご紹介。




どどーん。













b0072051_157231.jpg

逆境は、退屈しない。










にゃはは。
ちなみにこのキャッチ、最多得票で、
無印良品を担当されていたセンセに、
無印良品の名刺入れ等をいただきました。






まあ、キャッチとしてどうかとか、
別にどうでもいいんです。


ちょくちょく逆境の時、
思い出してみたりしてます。



「つかえる」作品って
わりと好きです。
by ayu_cafe | 2009-11-17 02:05 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(6)

あきらめる、ってなに? *SOIL&"PIMP"SESSIONS X 椎名林檎/MY FOOLISH HEART*






おそすぎるんだけど、すいません。
あんまりにもかっこいいので。



lalalalaのタイポグラフィーもかっこいい。


こんなものsingleで、あきらめないで世に問うてる
ひとたちがいるんだなあ。



なぜか、ものすごくフランスを感じる。
濃厚で孤独できりりとしてて甘くて。
こういう音楽は歳をとればとるほど、
カッコよくなるだろうな。きゃー。


あんまり知られてないけど、
歳を重ねるのっては、
むちゃくちゃかっこいいことですよね☆




soilの9月に出た新作は、
なんといっても、深夜にやってたアニメ、
「ミチコとハッチン」のオープニング曲が入っている!
きゃー。


「ミチコとハッチン」も、むちゃくちゃカッコよくて
声、真木よう子と坂井真紀だし、
この監督の山本沙代ってひとも、
あきらめずによくやってるなあ。

っていうか、

あきらめる、ってなに?

って感じでものをつくってる。。




ちなみに、わたしは、soilのピアノの入れ方が
すごく好きです。

昔のアルバムで「mo' better blues」って曲をやってるんだけど、
わたしは、ブランフォードマルサリスのバージョンより、
soilの方が好き。

youtubeで探したけど見つかんなかった。

itunesではさわりだけ聴けます。

すんごくいい曲です。
by ayu_cafe | 2009-11-15 22:16 | ayutube | Trackback | Comments(4)

トロール詩集 *総集編*

b0072051_792950.jpg




新シリーズ「トロール詩集」。
第一回目にして、総集編☆。


まずは、大好きなこんなセリフから。




***************************



「ちょうどオーロラのことを考えていたところなの。
オーロラって、ほんとうに存在しているのか、
それとも、見えてるだけなのか、よくわからないなあ...って。

ものごとって、
すべて、とてもあいまいなのよね。
だからこそわたし、
安心していられるの」

(トゥーティッキ「ムーミン谷の冬」)



***************************



「だれかを崇拝しすぎると、
ほんとうの自由は、得られないんだよ」

(スナフキン「ムーミン谷の仲間たち」)



***************************



「死んだら、死んだのよ」
トゥーティッキが、やさしくさとしました。
「このリスは、そのうち、土にかえるでしょ。
やがて、その土から木がのびて、その木の上で
新しいリスたちがはねまわるわ。
それが、そんなに、悲しいことだって思う?」

(トゥーティッキ「ムーミン谷の冬」)



***************************



(道や川って、なんだか、とっても不思議なんだ。)
スニフは思いました。
(どこへ行くんだろう...って見つめてると、なんだか
ワクワクするみたいな、
なつかしいみたいな気持ちになるんだ。

どこか知らないところへ、たまらなく行ってみたくなって、
いったいどこまで行くんだろう....って、
ついていってみたくなってしまう.....)

(スニフ「ムーミントロールと彗星」)



***************************



ぼく、ムーミンたちのことだって、
わずらわしく思うこともある。
おしゃべりもしたがるし、
どこへ行っても、誰かしらいるし。

だけど、ムーミン一家と暮らしていると、
いっしょでも、ひとりでいられるんだ。
みんなどんなふうに、ふるまってたんだろう....?
不思議な仲間だなあ......

あんなに何年も、長い夏を、
ムーミン谷ですごしていたのに、
ぼくは、気づきさえしなかったんだなあ。

ムーミンたちは、ぼくのことを、
ひとりにしておいてくれたんだ。

(スナフキン「ムーミン谷の十一月」)



***************************



「ここは、わけのわからないものだらけだわ」
ムーミンママが、ひとりごとをいいました。
「だけど、なにもかもいつもおなじでなくてはいけない、
なんてことは、ないですものね?」

(ムーミンママ「ムーミン谷の夏まつり」)



***************************



「きみ、あのふたりのことを、そんなに深く、
悲しんでるの?」
ボムサがきいて、ミーサがこたえました。
「ううん、すこしだけよ。でも、いろんな泣きたいことを
泣いてしまうチャンスでしょ。
ちょうどいい理由だったので、使わせてもらってるの!」

(ミーサ「ムーミン谷の夏まつり」)



***************************



大変な大仕事です。でも、ともかく決心は、されたのです。
決心すること。それが、大切なことなんです。

(ムーミン谷の冬)



***************************



「新しい人生は、こんなふうに、一歩をふみだすべきなのだ。
かがやくカンテラをマストのてっぺんにかかげて、
後方では、海岸線が闇の中へと消えてゆき、
世界中が寝静まっている。
夜の旅立ちほどすばらしいものは、ほかにはないねえ!」

(ムーミンパパ「ムーミンパパ海へいく」)



***************************



「なぎさにぶつかって死んでしまう波のひとつひとつが、
一個の巻貝のために、ちゃっちゃな歌にうまれかわるんだよ」

(ムーミン「ムーミントロールと彗星」)



***************************



ムーミンママは、あまりのうれしさに、
一瞬、怒ったような顔になっていました。

(「ムーミンパパ海へ行く」)



***************************



「ほかのものの名前を忘れると、
ちょっとやるせなくなります。
しかし、自分の名前を忘れるのは、
気楽でいいもんです。」

(スクルッタおじさん「ムーミン谷の十一月」)



***************************



「劇場は、この世で、いっとう大切なところ。
みんなに、どんなふうになれるのか、
お手本を見せてあげるところなんだから。
いまのすがたと、勇気さえもてばなれるほんとうのすがたを、
見せてあげる場所なんだよ」

ムーミンママがおそろしそうに息をのみました。
「.............それって、感化院じゃない!?」

(ムーミン谷の夏まつり)



***************************



「どこへ行こうが、ぼくは、かまわないよ。
ぼくには、どこもみんな、いいところなんだ。」

(ヨクサル「ムーミンパパの冒険」)



***************************



「あれっ、ぼく助かったんだ.....」
ムーミンは、がっかりしたように、いいました。
「ワクワクすることって、こわいのがすぎて、
やっとおもしろくなったころに、いつも終わってしまうんだ。
つまらないなあ」

(ムーミン谷の冬)



***************************



「これってこの世の終わりなの?」
ちびのミイが、好奇心のかたまりみたいになってきくと、
ミムラねえさんが、ぴしゃりといいました。

「そんな、あまっちょろいもんじゃないわよ」

(ムーミン谷の夏まつり)



***************************



「みなさん、こわがらないでくださいよ。
しかし勇気がありすぎるのも考えものだ。
おばけにたいして、失礼ですからね」

(フレデリクソン「ムーミンパパの冒険」)



***************************



「おだやかな人生なんて、あるわけがないですよ」
スナフキンは、ワクワクしながらいいました。

(「たのしいムーミン一家」)



***************************



歌の調べって、気むずかしいものなのです。
特に、楽しくて同時に悲しい歌でなくてはならない時には、
なおさらです。

(スナフキン「ムーミン谷の仲間たち」)



***************************



ランプのあかりが、かすかな音をたてて燃えていました。
そのまわりでは、あたたかい親密さと安心がありました。
強いきずなでむすばれている家族と、家族がよく知っていて
信じている者たちとのだんらんがありました。
外は、未知と不安と夜の闇で、遠く世界のはてまでも、
びっしりとつまっていました。

(「ムーミンパパ海へ行く」)



***************************



「なんだってできるわ。
だけど、なにもやらないでいましょ、
ああ、なんだってできるって、
なんてステキなことなの!」

(ミムラ「ムーミン谷の十一月」)



***************************



「初恋と最後の恋のちがいを、ご存知?
初恋は、これが最後の恋だと思うし、
最後の恋は、これこそ初恋だと思うもの、
なのよ」

(サーカスのプリマドンナの馬「ムーミントロールの恋」)



***************************



「わたしね、ムーミンのこと、一日に何度も何度も
大ダコから助けてあげたい!」

(スヌークのおじょうさん「ムーミントロールと彗星」)



***************************



「わたしは、ひとりめの友だちを見つけたのでした。
つまり、わたしは、ほんとうの意味で、
生きることをはじめたのでした。」

(ムーミンパパの冒険)



***************************



「みんな今夜は、おやすみ前のてんこを、
自分たちでとってちょうだい。
ママは、楽しいことが多すぎて、疲れたわ」

(ミムラ「ムーミンパパの冒険」)



***************************










b0072051_1171632.jpg

by ayu_cafe | 2009-11-15 07:55 | トロール詩集 | Trackback | Comments(2)

“もうすぐお前達、散っちゃうんだろ?”







“つらくなってからが、勝負なんだよね”





“客がすくないとね、ようしわかった、と
すくなきゃ、すくないでいい、と。
来なかった奴のためにな、おもいしらせてやるからな
ってのはあるな。
いきゃ〜よかったのに、って言わせてやるからな、っていうね”





“あ〜別れんの、かなしいよね
もうすぐお前達、散っちゃうんだろ?”


“雨に濡れてんのかわいいんだよね
ぞくっと興奮するくらい、この美しさね”







“すくなくともおれはー、じゅうぶんに生きたですよ
ピザパイも食ったし、
ハワイも行ったし、飛行機も乗れたし、
温泉も入れたしね、うん
白いご飯も食べられたしね、

うそでもいいたいじゃないの、
十分に生きたよ、ってそれなりに


未練はやまほどあるよ、
そんなに言ったらきりがないよ、うん

十分に生きたぜ。”









***********************




あーう、このひとにくらべると、わたしは、
底の底だなー。



(「らくだ」で酔ってない方のひとの時の眼光の強さ。。。)



でも、底の底って気が楽だなー、
成長するしかない、のぼるしかない☆
にゃはは。






間違ってたら、ごめんなさいね、


こういうの(こういうひと)、

極上のエスプリ、だと思います。






“あ〜別れんの、かなしいよね
もうすぐお前達、散っちゃうんだろ?”








“もうすぐお前達、散っちゃうんだろ?”
by ayu_cafe | 2009-11-14 00:57 | ayutube | Trackback | Comments(4)