ayuCafe

<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

タクシーの運転手さんとの会話。

b0072051_7214714.jpg



ある深夜、とてつもなく仕事でぐったりした日、
タクシーに乗った。

行き先を言うと、

「じゃ、○○の○丁目あたりですか」

と詳しいので、聞くと

「15年くらい、このあたりで、○○(宅配便の会社)に勤めてまして」


50〜60歳くらいの方、口調がとても落ち着いていて
やわらかいので、つい、はなしをしてしまう。



わたし「宅配便は、地域にまんべんなく詳しくなるほど、
頻繁にオーダーがかかるものなんですか、不況とかでも。」

運転手さん「かかりますね。需要はあります。個人の方のものから、会社の書類まで。」


運転手さん「特に、○○(宅配便の会社)は、他の会社や、ゆうパックよりも
よく選ばれていました。」


わたし「それは、なぜですか。」

運転手さん「会社の指導が徹底していました。
お届けものを丁寧に扱う、迅速に、丁寧に、きめ細かく応対する、
笑顔で応対する。。わたしも、15年間で、30回くらい
研修を受けました。。

○○(宅配便の会社)は、他社より、少し値段が高かったけれど、
でも、選ばれていました。」


わたし「そうなんですか。。いま、すこしでも安いものを、
みたいな時代なのに、
そういうケア力(りょく)や、サービスの品質の良いものを
お客さんが選んで、そういう会社が勝ち残る、っていうのは
いいおはなしですね。」


運転手さん「そうですね、ある時、突然人気がでる会社って
たまたまその商品が当たっただけかもしれません。
結局は、人間的なサービスが大事ですよね。」


わたし「たしかに、マニュアル通り、慣例通りのあいさつや
サービスだけで、マニュアルからはずれたことが起きると
まるで、丁寧でなくなることもよくありますよね。」


運転手さん「そうなんですよ、でも、ほんとうに
いろんなお客様がいます。それぞれが、性格もちがえば、
価値観や考え方もちがう、生活、環境もちがう、
ひとりとして、他の方と同じ、という方はいませんね。


クレームに、あやまる、と納得されるお客様
ただあやまる、と怒り出し、逆に、お客様側のことを指摘すると
納得される方もいます。

こういうのは、経験をつまないとわからないですね、
わたしは、15年で、ほんとうに鍛えられました。」






運転手さん「考えかたも生活もそれぞれ、それから、
多くのひとは、次の日になったら、いろいろな感情は変化していますから、

だから、必要以上に引きずって傷つくことはないですよね。

傷つく、というのは、ある意味、自己陶酔というか、
自己中心的で、ナルシステックな部分がありますね。」






あなたは、お坊さんですか、と聞きそうになった。



疲れはかなりとれているような気がした。








写真は、庭のペンタス、オクラの樹、百日紅、
秋の光。
by ayu_cafe | 2011-09-30 08:11 | Trackback | Comments(2)

羽田空港のDEAN&DELUCAにて。

b0072051_10133859.jpg




きょうは九州出張。
プレゼン。



出発前の空港は
いつも独特な気持ち良さ。















b0072051_10134429.jpg

by ayu_cafe | 2011-09-29 10:11 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(2)

melencolia. シトロン

b0072051_841695.jpg




シトロン


シトロン 夜の部屋で輝く
したたる 光のシトロン

夜のカフェ 弟に書く手紙
輝く シトロン 贈るよ

星降る夜 水辺沿って走る
列車に 運ばれるシトロン

糸杉が夏の夜風にそよぐ
パレットにのこっているシトロン

星月夜 都会の部屋にとどく
南の光 こぼす シトロン

夜のカフェ 新しい手紙書く
黄色は なんて素晴らしい色

シトロン あの星にもあるよね
こんなに輝く夜のカフェが

僕がもしもいなくなったら
あの星の夜のカフェにいるよ

あの星の夜のカフェで逢おう
新しいシトロン見せてあげる
by ayu_cafe | 2011-09-28 08:07 | Trackback | Comments(2)

その願いのせいで。*フィンセント・ファン・ゴッホの手紙*

b0072051_8465627.jpg





「ぼくは今夜、かなりいい気持ちでいる。
この絵がよくかけたからだ。

何と言っても、カフェテラスを明るい黄色で
生き生きと描けたことが一番うれしい。
カフェのテラスは、店の外に張り出した
天幕の下のテーブル席と店の外壁が、
壁から突き出した灯りで、
あたたかく黄色に照らされている。
立っているウェーターの服と
テーブルクロスの白さも、小さいけれど美しい。

もうひとつ、ぼくが好きなところは、
通りの奥の建物の上に見える夜の空だ。
ぼくはそれを深いけど明るい青で描いた。
教会のステンドグラスの濃紺色を思い浮かべて。

そして、空の星を大きく、
黄色の花が咲いたようにいくつもいくつも描いた、
ぼくはきっと、遠くの星にも、
ここと同じような明るいカフェテラスがあって、
その灯りがここまで届いているのだと、
思っていたのかもしれない。

そしてぼくは、何かの理由で
ここのカフェに来られなくなったら、
あの星のカフェに行こうと
思っていたのかもしれない。
その願いのせいで、
ひとりでにあんなに大きな星を描いたんだ。」
by ayu_cafe | 2011-09-27 08:51 | Trackback | Comments(2)

新シリーズ 朝食の花

b0072051_2303411.jpg



朝食に花を生け続けるような
人間になることが、
どうも、最終目標な気がする。

もちろんどんなときも。



※これは、わたしの誕生日に、
家族にあげた小さな花束のうちの
妻にあげたもの。
by ayu_cafe | 2011-09-26 02:33 | 朝食の花 | Trackback | Comments(6)

ねこものまね

b0072051_10482249.jpg





飛行船飛行中。
by ayu_cafe | 2011-09-21 10:49 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(2)

「大江健三郎 on タクシー」on twitter

b0072051_9393360.jpg



昨日の原発卒業5万人デモ。

実際は、6万人集まった。


b0072051_939404.jpg




いつもどうり、マスメディアは
消極的な報道で、
大江健三郎さんのこの写真も、
報道されるわけもなかったが、

個人の方が撮ったこの写真は、
ツイッターを通して自在に
世界を駆け巡り、
われわれは瞬時に共有できた。
by ayu_cafe | 2011-09-20 09:33 | Trackback | Comments(6)

melencolia. 薔薇のバレッタ

b0072051_3253848.jpg



薔薇のバレッタ


薔薇のバレッタ 風が吹いた
半袖にからまり夢を見た

待ち遠しくて遠すぎて
真夜中の月もあまくうるむ


薔薇のバレッタ うそをついた
一緒の内緒はとてもあまい

くずれたケーキで笑いあう
失敗でたくさん笑いあう


会うとすぐにむかしにもどる
会うとすぐにクスクス笑う





薔薇のバレッタ 夜の小道
たったふたりでひとりじめ

プレゼントの包装紙
きれいな紙のいい匂い


薔薇のバレッタ 手に残った
お別れの空 青い空

あまい運命ありがとう
たのしい運命ありがとう


会うとすぐにむかしにもどる
会うとすぐにクスクス笑う
by ayu_cafe | 2011-09-16 03:27 | Trackback | Comments(0)

melencolia. ブラジルの魔法学校

b0072051_2584296.jpg




ブラジルの魔法学校



リオデジャネイロ
2月の河
魔法学校
夜明けのサンバ


タンバリンで
呼び出すのは
カルトゥーラと
エリスレジーナ


コパカパーナの
海岸授業
とどろく夕立ち
起こす練習


ミナスの滝の
しぶきを一滴
弦にかけて
水の音楽
















**********************


この夏、ハリーポッターの最終作を観たあと
できた。

すこしでも魔法が続くように。


海岸授業、って書けてうれしい。
by ayu_cafe | 2011-09-16 03:03 | Trackback | Comments(0)

melencolia. たしか木槿の花が咲いてた

b0072051_251212.jpg




たしか木槿の花が咲いてた



目もあけられない夏の
眩しい朝に
木槿の花が咲いてた
たしか咲いてた

遠くかすんだ過去にも
眩しい過去にも
木槿の花が咲いてた
たしか咲いてた

名もなき静かなひとたちが
花を咲かせ続ける
名もなき静かなひとたちの
傍らに花がいる



苦しみのときも病める
その時も
木槿の花が咲きだす
いつものように

まっさらな花咲きだす
まっさらな日に
とても親しい魂
笑うように

名もなき静かなひとたちが
花を咲かせ続ける
名もなき静かなひとたちの
傍らに花がいる
by ayu_cafe | 2011-09-16 02:52 | Trackback | Comments(0)