ayuCafe

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あたらしい光と赤い実のあるところ

b0072051_163822100.jpg

by ayu_cafe | 2012-12-31 06:39 | Trackback | Comments(2)

今年見た映画(ひとことコメント付)

b0072051_15591675.jpg





「サムホエア」
ホテルのボーイのおじいさんのうた


「抱擁のかけら」
赤いトマト。赤いキッチン。ペネロペクルス


「ミックマック」
おじいさんがつくったブラウスのダンス


「ソラニン」
破壊的な宮崎あおいの可愛さ


「アウトレイジ」
冒頭のシーン 映像の至福


「バージンスーサイズ」
サントラのジャケット‼


「マリーアントワネット」
プチトリアノンパートは動くlulaマガジン


「ロストイントランスレーション」
ラスト、スカーレットヨハンソンの目の演技


「私が生きる肌」
あくまで優雅に攻めるアルモドバル


「500日のサマー」
PVがさらに可愛いい


「画家と庭師とカンパーニュ」
出会えてよかった映画


「サイタマノラッパー3」
上映中の場内のすすり泣き


「ヘドィック&アグリーインチ」
もう八回目くらい


「サイタマノラッパー2」
最後のスローなラップの素晴らしさ


「nine」
ペパーミントブルーのアルファロメオスパイダー


「家族の庭」
じっくり静かに物語はすすみ、知らぬ間に誰かに情がうつっている


「夏時間の庭」
庭は意志のつくるもの。意志がなければすぐになくなるもの。


「ドリームガールズ」
シングル盤一枚に夢をたくす


「小さな泥棒」
メイド姿のシャルロットのうつむく首と顎のシルエット‼


「小さな悪の華」
フランスの田舎の並木を駆ける自転車


「サイタマノラッパー1」
惚れ惚れする画面づくりの強さ


「愛の罪」
人間の笑顔は内面の変化でここまで変われるものか


「美しい刺」
裏パリ案内


「プライスレス」
蝋燭の揺れる深夜のホテルのラウンジ


「白い婚礼」
ヴァネッサパラディ 湖畔の丘陵


「ブルー」
市川実日子 ぶどうを手に取るシーンの神々しさ


「リリィ」
風に騒ぐ樹々を堪能できる


「おおかみこどもの雨と雪」
初日と次の日 二回観た 普遍的傑作


「ミッドナイトインパリ」
身がよじれるくらい好きな作品


「サマーウォーズ」
立ち向かう姿勢。


「サルトルとヴォーヴォワール」
サルトル、勝手すぎ


「ユキとニナ」
隠しておきたい作品


「アルファヴイル」
架空都市の見せ方が見事 アンナカリーナ


「メイドインUSA」
マリアンヌフェイスフルがアカペラで歌うアズティアーズゴーバイ


「なまいきシャルロット」
脚が長すぎる


「男と女のいる舗道」
アンナカリーナの顔の真横のショット


「女は女である」
ジュークボックスのシャルルアズナブール


「男性・女性」
“それは、私たちの生きたかった映画ではなかった”


「暗殺の森」
撮影監督ビットリオストラーロの崇高な芸術 ドミニクサンダ


「緑の光線」
ロメールの腹の座った人間描写


「永遠の語らい」
ジョンマルコビッチの低い声 振る舞い ラスト


「ヴァンパイア」
岩井俊二が用意してくれた息をつける部屋


「四月物語」
篠田昇さんのカメラワーク 桜吹雪と大雨


「リリィシュシュのすべて」
蒼井優の電話のシーンのしゃべり方が圧巻


「市川崑物語」
エヴァンゲリオンの元ネタは市川崑か。


「スワロウテイルバタフライ」
渡部篤郎最高傑作


「花とアリス」
よすぎるのであまりみたくない


「ジェーンバーキン マザー・オブ・オール・ベイブス」
セルジュを好きになったきっかけのエピソードが好き


「突然炎のように」
ああ、確かにこうなんだよ、女性って。


「さすらい」
そもそもの状況設定が超モダン


「絶対零度ブエノスアイレス」
カーウァイのブエノスアイレスの大幅カットエピソードが
丸ごと入っている


「気狂ピエロ」
“一方通行の道でパリを出た”


「人生万歳」
もうだめだと思うとき、また観よう


「ドライブ」
北野映画+美しい女性(キャリー・マリガン)」なら、それりゃ傑作になる


「ダークシャドウ」
冒頭ムーディーブルースの音楽と映像、色彩設計、素晴らしすぎる


「アーティスト」
言葉をしゃべるということは、音楽をとめてしまうこと


「恋する惑星」
初夏のすべてが映像化されている


「コープスブライド」
ピアノを弾くとれた腕


「クリクリのいた夏」
“女性の前では帽子をとること”


「バンビ」
落ち葉が水面におちるたびオーケストラが同期する。マルチプレーンカメラ全開


「ピーターパン」
冒頭のメアリーブレアの背景


「不思議の国のアリス」
全編のメアリーブレアの背景


「ディズニーアート展のすべて」
背景画の革新の変遷


「ダンボ」
低予算、小スタッフで結果的に最高傑作になった


「おしゃれキャット」
ジャズねこ、という邦訳の素晴らしさ


「ピノキオ」
水中のシーンはいまでも革新的


「白雪姫」
小人たちの家を掃除するとき森の動物たち動かしすぎ。
ここまでやるのか。


「クリスマスキャロル(フルCG)」
あの時代のマナー 事務所の窓 スクルージの指の動かし方


「くまのプーさん」
未公開映像でラビットがテーブルに並べた皿の間隔を直していた


「ゲンズブールと女たち」
いちばんの弱点が武器になる
by ayu_cafe | 2012-12-30 14:02 | ayuCafe 映画 Bar | Trackback | Comments(2)

“あたらしい自分がみたいのだ、仕事する”

b0072051_14534098.jpg

b0072051_14534431.jpg




年末に、

あるクライアントさんから、打ち合わせの席で
ケーキを振る舞われ、

別のクライアントさんから、丁寧なメッセージが書かれたカードと
洋菓子をスタッフ全員分、いただいた。

びっくりした。

けして和気あいあいの関係ではないクライアントさんだったから。


そして、こちらが接待するようなことはあっても
クライアントさんから何かいただくようなことは
そもそもあまりないので。




いつも上手くはいっていなかった。
オーダーには応えきれてはいなかった。
厳しいことも言われた。
なんとかしよう、なんとかしようと
この一年苦闘した。


カードには、

「心から感謝しております」

と書かれていた。




よけい緊張する。

でも、仕事に緊張しなくなったら終わりだ。






仕事をすると自分のことが、よくわかる。


陶芸家の河井寛次郎さんの好きな言葉。


“あたらしい自分がみたいのだ、仕事する”





もうひとつ。


“この世は自分をさがしに来たところ。
   この世は自分を見に来たところ。”




来年もひとつひとつ
目の前の仕事を真摯にやるしかない。
by ayu_cafe | 2012-12-28 06:08 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(0)

その日、ずっと部屋にいた。 

b0072051_14431055.jpg





ある日

ある女性がディズニーリゾートに電話をかけて、
ディズニーのオフィシャルホテルに
宿泊の予約を入れた。

宿泊は2名。

その女性と女性の母親。


女性は、養女だった。

和菓子屋を営む女性の両親は、
幼いその女性を養子縁組した。


養子縁組した10年後、父親が急逝した。



ある年の命日、

母親は、大人になった娘と、父の思い出をしのび
ディズニーランドのホテルに宿泊したいと言った。


父親は、ディズニーランドが大好きだった。
家族も大好きだった。

娘は、そのことをさらりと宿泊予約のスタッフに伝えた。





スタッフは

それを聞いて、こう言った。

「お母様の好きなお父様のポートレイトをご宿泊前日までに
ご用意していただけますか」


娘がその理由を聞くとスタッフは、こう答えた。


「お母様の思い出に残るような宿泊の準備をしたいのです。
お写真を何枚かお部屋に飾りましょう。」







当日、2人がホテルにチェックインして部屋に入ると、
可愛らしい花瓶に花が飾られ、
送った写真が写真立てに入れられて数カ所に配置されていた。

テーブルには、総支配人からの宿泊を記念するメッセージが置かれていた。





その日、母親はパークには行かず、ずっとその部屋にいた。










*****************************









静かなその部屋に満たされた安らかな空気、

それから、お母さんがそのとき、
行くことのなかったパークの

たとえば、ディズニーシーのパラッツォ・カナルの
水路の澄んだ水のきらめきや、
冬の陽光に祝福されたメディテレニアンハーバーの
まぶしいにぎわい。



そんなことを考えていたら曲ができた。






melencolia. さざなみ まどろみ


その日 冬は薫り
光 翻り
面影のような花が
咲きこぼれる

水路にそって舟はすすんで
さざなみ まどろみ あの日々



港からの風
カーテンと踊ってる
時計の止まった部屋で
眺めている

南欧の午后 海原のシーツ
街並み クコの実 あの日々



なにもかもがはじまる
あの夏の朝
夢の中でレモンの樹が
そよいでる

山は若く みどりは蒼く
ツグミ ハシバミ あの日々


水路にそって舟はすすんで
さざ波 まどろみ あの日々
























※お母さんのお話は、小松田勝さんの著作から。
by ayu_cafe | 2012-12-27 14:49 | ウォルトディズニー | Trackback | Comments(2)

僕にもそれしか無かったよ。 *ウォルトディズニーに学ぶ*

b0072051_19335399.jpg



ウォルトディズニーは、キャッチボールが苦手だった。

貧しくて、子供の頃から、朝から晩まで働いていたから。
キャッチボールなんてしかたことなかった。


子供の頃、昼夜働いていたマーセリンというところは、
冬には、家の前の納屋にいくまでに
へたをすると凍死してしまうこともあるほど
自然の厳しいところ。

そこにあるのは、泥と埃と飢え。


ウォルトのお父さんは、いくつも職を変えた。
家は、いつも貧しく、厳しく、上のお兄さんたちは
耐えかねて家出した。

お父さんは家族がパンにバターを
塗るのを禁止していた。
お母さんは朝食のときこっそりバターを塗ったパンを裏返して
こどもたちにくばった。


すぐ上のお兄さんが家出するとき、
弟のウォルトに言った。

「お父さんの体罰をがまんしちゃだめだよ」

お父さんは、よく、木の枝でウォルトを激しくたたいた。
それが、お父さんのストレスの発露だった。

ウォルトは、それでお父さんの気が済むなら

と思っていた。




ディズニーランドの原点となるコンセプトは、


いつでもきれいで、お腹いっぱい食べれて、
親も子どもも仲良く、たのしめるところ。



その夢は、泥と埃と飢えからはじまった。










ウォルトは、やがて映画の道を志す。

でも、失敗の連続だった。

自分の作品の権利と自らのスタッフをねこそぎ
だまし取られたりした。


※自分の命である作品と
自分の同胞を、まるごとだましとられて
人間は再生できるものなのだろうか。




やがてアニメーションのヒット作品を次々に作り出す。

白雪姫、ピノキオ、ファンタジア、ダンボ、バンビ、アリス、ピーターパン、眠れる森の美女。


革新技術、マルチプレーンカメラは、初期の白雪姫から導入されている。

背景画の変遷は、革新に次ぐ革新だ。

ビートルズの、ラバーソウル、サージェントペパー、アビーロード
みたいな革新の連打。




ウォルトは、あきたらなくなる。

映画は、フィルム会社に納品したら、もういじれない。



だったら、ずっと創り続けられるものをつくろう。


しかも、そこは、

いつでもきれいで、お腹いっぱい食べれて、
親も子どもも、たのしめるところ。





あまり知らないひとがいるけど、

ディズニーランドは、家族で遊べる公共的なパークではない。

ウォルトの作品なのだ。



恐ろしいことに、入園者は、主役ではない。

「ゲスト」と呼ばれる。

スタッフの方が、「キャスト」と呼ばれる。



3次元の立体的な作品に招待されるゲスト。

作品であり、舞台。

だから、あの場所は、映画の美術スタッフの
渾身の舞台美術が学べる。


たとえば、汚し、と呼ばれる舞台美術。


ディズニーシーのトランジットスチーマーラインの
メディテレーニアンハーバーの乗り場の手すりには、
鳩の糞が描かれている。

そこに、本物の鳩が巣をつくった。


つくりもの、こどもだまし、と言われてる間に
夢を現実が模倣しはじめる。

これは、あまり知られてないけど、よくあること。


夢を現実が模倣する。



※そうだな、たとえば、フランス オーヴェルの麦畑は
永遠にゴッホの麦畑だ。




ディズニーランドの植栽は、約500種の植物で構成され、
そのすべてが完璧にコントロールされている。

ジャングルクルーズのジャングルに
鳥が運んできて発芽した新しい木の芽の
どれを摘んでどれを生かすか判断されている。


ここは、憧れの夢の国。

ならば本気でつくる。


迷子放送はしない。(昼夜600人の現場スタッフがインカムで連携する)
日本語表示は最小限。
ほとんどのトイレの洗面の前に
鏡は置かない。


憧れの夢の国だから。




アメリカ、東京、香港、フランスの
ランドの色彩設計は、たったひとりのスタッフが行っている。
地面の色まで。

色彩設計のような生理的感覚のものは、
ひとりがやった方が絶対に成功する。



そして、絶対に成功させなければならない。

憧れの夢の国をつくるのだから。




色彩設計、照明設計、
建築様式、植栽設計、
そしてネーミング(ピノキオの手前のワゴンは、ストロンボリーズワゴン)


童心に戻る、というけれど
戻らざるおえない。

まだなにもしらない。
そして学ぶべきことは、この中にも、ここが影響を受けた世界中にも
たっぷりと用意されている。


学ぶべきことが多すぎるとひとはどうなるか。

夢見心地になる。







これを偽物と思うのもよくわかる。

ローリングストーンズはブルースに憧れて
その後50年にわたる歴史をスタートさせた。



あるインタビューで

あなたたちは、かつてあなた方が憧れた
ブルースマンのように
ブルースをものにしましたか?

と聞かれてキースリチャーズは、こう答える。

ブルースマンのように?
だって彼ら本物だぜ。
おれたちなんてまだまだ

この謙虚さと
強い憧れが
50年にわたるバンドの航海をかなえ続けてきた。


強い憧れ


それこそが、その鉄とガラスを
溶かし、ジンと熱い芯となった。


そして文化は、時に、
いや、しばしば、
その憧れの熱く溶ける
芯によって花開き、
多くのひとの
心をやわらくとろけさせた。






ランドの入り口
ワールドバザールの手前
植栽に溶け込んだ
いくつものウーファーが

重低音をきかせ
チャイコフスキーの
くるみ割り人形の花のワルツを
奏でている


チャイコフスキーは

堅苦しい教養の教材として
花のワルツをつくったわけでは
もちろんない

いっときの夢を見る
ために冬の長いロシアで
このワルツを紡いだ


であるなら
このディズニーランドでの
使い方はいちばん
作曲家の意図に近いのではないか


快晴の青空の下
美しい城のたもと
家族とおとぎばなしの
主人公たちのそばで
重低音を響かせる
チャイコフスキー。

こんな場所が
いまこの世界にある


それは
入り口なのだとおもう。

クラッシック芸術の
童話芸術の
建築芸術の
色彩、照明、ネーミング

文化の入り口


そして強い憧れの入り口


偽物?子供だまし?

憧れてなにが悪い


でも、たとえば
チャイコフスキーって
いいなと思うきっかけが
入り口がここにある


アメリカ河には
ミシシッピー河から
空輸した本物の
ミシシッピー河の水が
注ぎこまれてる


シンデレラ城の壁面のタイルは
イタリアの職人が
一年をかけてつくった



その憧れは、本物なのだ



だから本物の憧れに会いにいく。


そして偽物だろうが
キャッチボールが苦手だろうが
現実の世界が厳しかろうが

鉄とガラスを溶かす強い憧れが
いったいなにを
出現させたかを確かめる


そして、憧れる、
ということを学ぶ

いや、憧れる、ということを
許される


そして、ただの憧れが
ここまでのものを
なしとげることがある
という事実に救われる。



バンビの、白雪姫の、あの流麗な動き、
あれは、美しいものへの、この世界への憧れだった。




憧れるなら
できる。

こちらの領域だ


ウォルトは言いそうだ


「きみにも
憧れるならできるでしょう


僕にもそれしか無かったよ。」










ディズニーランドホテルに
泊まった夜に、部屋のまどから
シンデレラ城を見てたら
城にクリスマスの映像を
うつしていた。

映像はいつか雪になり
シンデレラ城だけに
雪が降りしきっていた。







b0072051_20174023.jpg

by ayu_cafe | 2012-12-26 21:34 | ウォルトディズニー | Trackback | Comments(0)

東京ディズニーリゾート  2泊3日の休暇

b0072051_12331461.jpg

b0072051_1234035.jpg

b0072051_12342133.jpg

b0072051_1234437.jpg

b0072051_1235325.jpg

b0072051_12382395.jpg

b0072051_12383752.jpg

b0072051_1239941.jpg

b0072051_12392336.jpg

b0072051_12394022.jpg

b0072051_1239581.jpg

b0072051_12401522.jpg

b0072051_13423858.jpg

b0072051_12403664.jpg

b0072051_12405461.jpg

b0072051_12411716.jpg

b0072051_12415186.jpg

b0072051_12441576.jpg

b0072051_12445676.jpg
b0072051_12451236.jpg
b0072051_12454099.jpg
b0072051_12465573.jpg
b0072051_12473622.jpg

b0072051_1248547.jpg
b0072051_12521286.jpg
b0072051_12535923.jpg
b0072051_12541412.jpg
b0072051_1254374.jpg
b0072051_12544914.jpg
b0072051_12545811.jpg
b0072051_1255125.jpg
b0072051_12563341.jpg
b0072051_12575371.jpg
b0072051_12585045.jpg
b0072051_12592130.jpg
b0072051_12595171.jpg
b0072051_130238.jpg

b0072051_131236.jpg
b0072051_1315749.jpg

b0072051_1323155.jpg
b0072051_1324757.jpg
b0072051_1331814.jpg
b0072051_1333671.jpg
b0072051_1334921.jpg
b0072051_134231.jpg
b0072051_1342345.jpg
b0072051_1343853.jpg
b0072051_135348.jpg
b0072051_1351843.jpg
b0072051_1362074.jpg
b0072051_1371539.jpg
b0072051_1373512.jpg
b0072051_1375799.jpg
b0072051_1381741.jpg
b0072051_1385347.jpg

b0072051_13105857.jpg
b0072051_13111882.jpg
b0072051_13114142.jpg
b0072051_1312255.jpg
b0072051_13121719.jpg
b0072051_1312335.jpg
b0072051_13125754.jpg

b0072051_13143496.jpg
b0072051_1314553.jpg
b0072051_13151180.jpg
b0072051_13152825.jpg
b0072051_13154177.jpg
b0072051_1316161.jpg
b0072051_13164127.jpg
b0072051_13165561.jpg
b0072051_13171462.jpg
b0072051_13173750.jpg
b0072051_13182527.jpg
b0072051_13184621.jpg
b0072051_1319364.jpg
b0072051_13192267.jpg
b0072051_13193713.jpg
b0072051_13195233.jpg
b0072051_1320685.jpg
b0072051_13201749.jpg
b0072051_13204511.jpg

b0072051_1325372.jpg

b0072051_13252126.jpg
b0072051_13254971.jpg
b0072051_13285549.jpg
b0072051_1329829.jpg
b0072051_13322279.jpg
b0072051_1332479.jpg
b0072051_13334924.jpg
b0072051_1334436.jpg
b0072051_13343089.jpg
b0072051_13345730.jpg
b0072051_1338864.jpg
b0072051_13382175.jpg
b0072051_13383348.jpg
b0072051_13391250.jpg
b0072051_13393679.jpg
b0072051_13395665.jpg
b0072051_13401626.jpg
b0072051_13405729.jpg
b0072051_1343181.jpg
b0072051_13432796.jpg
b0072051_13434318.jpg
b0072051_13442692.jpg
b0072051_1345060.jpg
b0072051_13451983.jpg
b0072051_1345355.jpg
b0072051_13455285.jpg
b0072051_13461870.jpg
b0072051_13473840.jpg
b0072051_13484936.jpg

b0072051_13524146.jpg
b0072051_13525870.jpg
b0072051_13533144.jpg
b0072051_13535513.jpg
b0072051_13544647.jpg

b0072051_13553087.jpg
b0072051_13554214.jpg
b0072051_13561130.jpg
b0072051_13564297.jpg
b0072051_1357258.jpg
b0072051_13572130.jpg
b0072051_13573514.jpg

b0072051_14375913.jpg

b0072051_14402717.jpg

b0072051_14442870.jpg

b0072051_14444493.jpg

b0072051_14573319.jpg

b0072051_1458562.jpg

b0072051_14581867.jpg

b0072051_14584482.jpg

b0072051_1458591.jpg

b0072051_14591234.jpg

b0072051_14592678.jpg

b0072051_14595074.jpg

b0072051_150638.jpg

b0072051_150231.jpg

b0072051_1504146.jpg

b0072051_1505318.jpg

b0072051_1511392.jpg

b0072051_151468.jpg

b0072051_152872.jpg

b0072051_1522230.jpg

b0072051_1523392.jpg

b0072051_153633.jpg

b0072051_1532219.jpg

b0072051_1561750.jpg

b0072051_1534497.jpg

b0072051_154699.jpg

b0072051_11391245.jpg

b0072051_1553342.jpg

b0072051_1574840.jpg

by ayu_cafe | 2012-12-21 07:44 | ウォルトディズニー | Trackback | Comments(0)

Light dance / Akira Kosemura


by ayu_cafe | 2012-12-08 05:03 | ayutube | Trackback | Comments(0)

ディズニーランドでの話。

b0072051_2002823.jpg






「サイン帳の落とし物はないですか??」

インフォメーションセンターに
ひとりのお父さんが元気なく入ってきました。

落としたサイン帳の中身を聴くと、
息子さんがミッキーやミニーに一生懸命に集めた
サインがあともう少しでサイン帳一杯になるところだったそうです。

でも、残念ながらインフォメーションセンターには、
サイン帳は届けられていませんでした。・・・・・

キャストはサイン帳の特徴を詳しく聴いて、
あちこちのキャストに連絡を取ってみました。

しかし、見かけたキャストは誰一人としていませんでした。

「お客様、申し訳ございません。
 まだ見つからないようです。
 お客様はいつまで滞在されていますか??」

と伺ったところ、お父さんが言うには、
2日後のお昼には帰らなければならないとのこと。・・・・・・
「手分けして探しますので、2日後、お帰りになる前に
もう一度インフォメーションセンターに立ち寄っていただけますか??」

と笑顔で声をかけたそうです。

そして、お父さんが帰られた後も、
細かな部署に電話をかけて聴いてみたり、
自分の足で探しにも行ったそうです。

ところが、どうしても見つけ出すことができず、
約束の2日後を迎えてしまいました。

「見つけることができませんでした。申し訳ございません」

「代わりにこちらのサイン帳をお持ちください」

それは、その落としたサイン帳と全く同じサイン帳を
自分で買って、いろんな部署を回って、全てのキャラクターの
サインを書いてもらったものを手渡したんです。

お父さんがビックリして、喜ばれたのは言うまでもありません。

後日、ディズニーランドにこのお父さんから、一通のお手紙が届きました。
先日は「サイン帳」の件、ありがとうございました。

実は連れていた息子は脳腫瘍で、
「いつ死んでしまうか分からない」…そんな状態のときでした。

息子は物心ついたときから、テレビを見ては、

「パパ、ディズニーランドに連れて行ってね」
「ディズニーランドに行こうね」

と毎日のように言っていました。

「もしかしたら、約束を果たせないかもしれない」
…そんなときでした。

「どうしても息子をディズニーランドに連れていってあげたい」
と思い、命があと数日で終わってしまうかもしれないときに、
無理を承知で、息子をディズニーランドへ連れて行きました。

その息子が夢にまで見ていた
大切な「サイン帳」を落としてしまったのです。
あのご用意いただいたサイン帳を息子に渡すと、
「パパ、あったんだね!パパ、ありがとう!」
と言って大喜びしました。

そう言いながら息子は数日前に、息を引き取りました。

死ぬ直前まで息子はそのサイン帳を眺めては、

「パパ、ディズニーランド楽しかったね!ありがとう!
 また行こうね」

と言いながら、サイン帳を胸に抱えたまま、
永遠の眠りにつきました。

もし、あなたがあの時、
あのサイン帳を用意してくださらなかったら、
息子はこんなにも安らかな眠りにつけなかったと思います。

私は息子は「ディズニーランドの星」になったと思っています。

あなたのおかげです。
本当にありがとうございました。

…手紙を読んだキャストは、その場で泣き崩れたそうです。

もちろん、その男の子が亡くなった悲しみもあったと思いますが、

「あの時に精一杯のことをしておいて、本当に良かった」

という安堵の涙だったと思うんです。



***********************************



東 京ディズニーランドにある若い夫婦が訪れました。
そしてディズニーランド内のレストランで彼らは「お子様ランチ」を注文したのです。
もちろんお子様ランチ は9歳以下とメニューにも書いてあります。
子供のいないカップルに対してはマニュアルではお断りする種類のものです。
当然の如く、「恐れ入りますが、このメニューにも書いておりますが、
お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますので・・・」
と 言うのがマニュアルです。

 しかし、アルバイト(キャスト)の青年は、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。
「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」・・・・・・・
「死んだ子供のために注文したくて」と奥さんが応える。
 「亡くなられた子供さんに!」とキャストは絶句しました。
  「私たち夫婦には子供がなかなか授かりませんでした。
求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが、
身体が弱く一歳の誕生日を待たずに神様のもと に召されたのです。

私たち夫婦も泣いて過ごしました。子供の一周忌に、
いつかは子供を連れて来ようと話していたディズニーランドに来たのです。
そしたら、 ゲートのところで渡されたマップに、
ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に・・・」そう言って夫婦は目を伏せました。
キャ ストのアルバイトの青年は「そうですか。では、召し上がって下さい」と応じました。

そして、「ご家族の皆さま、どうぞこちらの方に」と四人席の家族テーブ ルに夫婦を移動させ、
それから子供用の椅子を一つ用意しました。
そして、「子供さんは、こちらに」と、まるで亡くなった子供が生きているかのように
小さな 椅子に導いたのです。

 しばらくして、運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。
キャストは「ご家族でゆっくりお楽しみください」と挨拶して、その場を立ち去りました。
 若い夫婦は失われた子供との日々を噛みしめながら、お子様ランチを食べました。

このような行為はマニュアル破りの規則違反です。
しかし、東京ディズニーランドでは先輩も同僚も彼の行動を咎めません。
それどころか彼の行為はディズニーランドでは賞賛されるのです。
マニュアルは基本でしかありません。マニュアルを超えるところに感動が潜んでいるのです。
 この出来事に感動した若い夫婦は、帰宅後に手紙を書きました。

  「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。
まるで娘が生きているように家族の団欒を味わいました。
こんな娘との家族団欒を東京ディズニーランド でさせていただくとは、
夢にも思いませんでした。これから、二人で涙を拭いて生きて行きます。
また、ニ周忌、三周忌に娘を連れてディズニーランドに必ず行 きます。
そして、私たちは話し合いました。
今度はこの子の妹か弟かをつれてきっと遊びに行きます」
と言う手紙が東京ディズニーランドに届きました。



***********************************



私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていました。)
が歩いていました。
キャストの方が付き添い丁寧に説明をしながら歩いていました。
そしてミッキーに会う部屋に入りその夫婦の方の番になりました。
キャストの方が、「ここがミッキーの耳ですよ~!」
と言うとミッキーがその夫婦の手を持って自分の耳に持っていきました。
夫婦は手をさぐりながらうなずいてとても嬉しそうでした。
ミッキーは他にも、鼻に手を持っていったり、たくさん夫婦を抱きしめて
キスをしていました。そしてドアの所まで夫婦を送りました。
そんな光景を見て、私は泣いてしまいました。
そして泣いている私の所にミッキーが来て頭をなでてくれました。



***********************************



2月に家族でシーに行きました。
前の晩、娘(年長)が「ミッキーとミニーにお手紙渡すの~」と
一生懸命書いていました。
ミッキーやミニーは人気者で、すごい人だと思うから多分無理だよって言うのも聞かずに。

初めて行ったシーは子連れが少なくて、少し場違いのような印象すら受けました。
偶然、見つけることが出来たミニーも、取り囲んでいるのは大人の女性ばかりで、
子連れが近づいてもいいかな・・・という感じだったんですが、
人ごみの外から娘が「ミニー!ミニー!」と呼んだら、サッとかき分けて出てきてくれて、
「これね、お手紙。ミニーにあげる。それからこれね、ミッキーへのお手紙だから渡しておいて!」
という娘を見て、周囲の人はドッと笑ったのに、
ミニーは受け取った手紙を胸にあてて、すごく喜んでくれていました。
何が書いてあるかも判読できないような手紙だったのに。
娘は帰宅後「ミニーがお手紙ありがとうって言ってた!」(本当は言ってないんですけど)
と人に会うたびに話していました。
大きくなってもそういうことって忘れないんだろうな・・・
あの時のミニー、ありがとう。



***********************************



二度の脳梗塞で重度の障害が残った夫は、狭心症発作を繰り返しながら
自宅療養を続けている。人との接触を求めて、時々外出する。

冬の一日、急に思い立って遊園地へ行った。
広場の隅に車椅子を止め、私は傍らに立って元気に走り回る
子供達を見ていた。思ったより寒く、早く帰らねばと思った。
その時広場に歓声があがった。ドナルドダックの着ぐるみを着た人が
現れ、子供達がどっと駆け寄ったのだ。
ところがそのあひるさんは、子供達をかき分けてどんどん駆けて、
こちらへ近付いてくる。広場の隅にいる私たちの方へ……。
車椅子に乗った夫の前へ来ると、大きく一礼して大きな手で
夫の背中を撫でてくれる。
二度、三度、突然の出来事に私達も周りの人も驚いた。
夫の背中を大きく撫でて、今度は私の腕をさすり、両手で包み込んでくれる。

大きな白い温かい手で……。優しさが老二人を包み、その温かさが
周りに広がり、見ていた人達の間から拍手が起こった。
夫の顔を見ると、涙がほろほろ頬を伝っている。風の冷たさを忘れた。

「優しさをありがとう」と言うのが精一杯の感謝の言葉。
あひるさんはウンウンと頷いてもう一度夫の背中を撫でて、
子供達の方へ駆けていった。

思いがけない出来事だった。着ぐるみだからお顔は見えない、
お声も聞けなかった。けれど、優しさと励ましのお心はしっかりと
いただいた。病む夫にも、介護の私にも元気をくださったあひるさん、
ありがとう。



***********************************



ハングリーベア・レストランにて
 
読者の POOHさんからのメールです。
 
「あれはン年前。わたしが高校2年生のときの 話です。
 
〈中略・・・・・Hungry Bear Restaurant で食事をとっていたとき〉
 
私は はめていた指輪をもてあそんでいて 落としてしまいました。
落とした場所が悪かったんです。  
そこは地面から少し高いところに板張りの 床を作っている場所で、
板と板の隙間に落ちてしまい、 どうしても取れなくなってしまいました。
わたしは必死になって取ろうとしましたが、 どうしても取ることができずに
途方に暮れていました。
大人たちは 「あきらめろ」と言いましたが
わたしにとっては とても大切な指輪でした。
初めて私がもらった指輪でしたから。  ・・・・
泣きそうになりながら仕方なくあきらめようとして その場を立ち去ろうとしたとき
一人の男性スタッフが泣きそうなわたしに気が付いて 声をかけてきました。
「どうされましたか?」  
〈事情を説明すると、その方は〉  
「泣かないでください。今すぐ指輪をお取りする ことはできませんが、必ずお手元に お届けします」
と、 言ってくださいました。  
「テラスの板張りの床は そのままお店の中に つながっているから、
板を途中で切ってしまわないと その下に落ちた指輪は 取り出せません。
それができるまで、待って下さい」。

まさかそこまでしてもらうような指輪ではなかった ものですから、
「もう いいですから」とわたしは もうしたのです が、
そのスタッフの方は、こうおっしゃいました。  
「ディズニーランドで泣いているお客様を 放っておくわけには 参りません。
ここはディズニーランドですから、 お客様には 笑っていていただきたいんです。
大切な指輪なんでしょう?」
〈すばらしいキャストですね。  
わたしは いま、しばらく 泣いています。 マロウィ注。〉  
にっこり笑顔のおまけ付き。  
わたしは『大切な指輪』だなんて  一言も言わなかったのに  
スタッフの方は わたしの気持ちを 分かってくれていたんです。  

その優しい心遣い、あたたかな言葉に、
わたしは 嬉しくてほんとうに泣いてしまいました。  
「かならずお手元にお届けしますから あきらめたり泣いたりしないでくださいね。」
と、スタッフの方は、元気づけて下さいました。  
その三週間後、  ディズニーランドから電話がありました。
「指輪を見つけましたので お送りします。」 と女性オペレーターの声。  
翌日には 確かに わたしの指輪は  戻ってきました!!  
しかも、きちんと洗ってくださったらしく  指輪は以前よりピカピカになってわたしの指を飾ってくれました。」    

「本当のディズニーランドの良さを知った 出来事でした。  
本当に本当にディズニーランドは素晴らしいですね。  
その精神を育てるウォルト・ディズニー の世界は かけがえのないものです。
 Viva! Disney!      E N D



***********************************



ミステリーツアー、キャストさんのお話
この話は、私が以前、シンデレラ城ミステリーツアーで勤務していたと
きの出来事です。
私がデビューして半年位したころに、ある養護学校の生徒さんが数名、
私のツアーに入られました。私は「大丈夫かな?怖がって、出てしまうんじゃないかな?」と少し不安になりながらツアーを始めました。

ツアーが進み、私が魔法の鏡とやりとりをしているのを聞いて、生徒さ
んの1人が私に「お姉ちゃん、あいつ悪いやつなの?」と尋ねてきました。
私が「うん、あいつ悪いやつで、お姉ちゃんのこと、いじめるの!」と答
えると、それまで怖がりながら私の後ろについてきてた生徒さんたちが私をとり囲んで、「僕たちがお姉ちゃんのこと守ってあげるよ」と言ってくれたんです。しかも、ツアー中、ずっと私の手を握っていてくれました。
そしていよいよ、最後の部屋で悪の大王と戦う勇者を1人選ぶときがき
ました。私が「どなたかいらっしゃいませんか?私と一緒に悪の大王と戦って下さい!」とお願いすると、1人の男の子が小さく手を上げてくれました。
養護学校の生徒さんの1人でした。
そして私が、「大丈夫?本当にお姉ちゃんと戦ってくれるの?」と尋ねる
と「僕ね…本当はとっても恐いんだ。でも、お姉ちゃんのためにがんばるよ。」
そう言って、勇気を出して戦ってくれたんです。
もちろん、彼は見事に勝利を納め、私は彼に勇者のメダルを首にかけてあげました。
彼のあのときの笑顔は忘れられません。
ツアーが終わり、私がお城の下でツアーの皆さんを見送っていると1人
のおばあちゃんが、泣きながら私の所へ握手を求めてきました。
さっき、戦ってくれた男の子のおばあちゃんでした。

「本当にありがとう。私は今までにあの子のあんなにうれしそうで誇らしげな顔は見たことがない。
今日は連れてきて、本当に良かった。」そう言ってくださいました。
私はこのときに、うれしくて、本当にこの仕事をして良かったと心の底から思いました。
そして同時に“ハピネス”というのは、私たちキャストがゲストに提供するだけでなく、
こんなにもステキな“ハピネス”をゲストから受け取ることがあるんだ!ということを知りました。

私にとっては、何年たっても忘れることのできない、大切な思い出です。 
そして、このときの気持ちを思い出して、1人でも多くのゲストに
「今日は来て良かった」と思ってもらえるような、ゲストサービスをしていきたいと思います。

いつまでも、キャスト・ゲスト共に幸せな気持ちになれるパークでありますように…



***********************************



ゲストからの素敵な手紙
前略、失礼いたします。
私は今年77歳、いわゆる喜寿を迎えた老人です。
…中略…
ピーターパン空の旅の長い行列に並び、1時間近くかかってやっと自分の番になりましたが、
周囲を見回しても私たちのような年寄りは目につきません。
自分が来てはいけない場違いの所に来てしまったような気持ちになりました。
「動いている乗り物に乗り降りするのだから、足元に気をつけて」と子
供に注意され、なおさら、無理な所へ来てしまったと思いました。
ところが乗る時です。係りの女の方は、動いている1つの席を空のまま先送りし、
次のボックスを停車状態にして私たち二人を乗せてくれ、「いってらっしゃい」と声を掛けてくれたのです。
嬉しゅうございました。
空中遊泳気分で一周し、いざ降りる時、また男の係りの方が手を添えてゆっくり降ろ
してくださり、「足元にお気を付けて…。ありがとうございました」と送り出してくださったのです。
お礼は私どもから申し上げなければなりませんのに…。

社の教育でしょうか、係りの方々が、高齢の私たちに温かく接して下
さり、来て良かったと思う気分にしてくれました。
3時のパレードの時、私たちはパレードの少し手前に席を取りました。

こ こでも高齢者は私たちぐらいでした。パレードが始まり、
何番目の組だったか忘れましたが、立派な男性7~8人ぐらいのグループで、
茶系統のすっきりしたス タイルで踊りながら進んでこられた方のうち、
一人の方が私の前を通り過ぎたと思いましたら、引き返して来て両手で私の手を握り、
「ようこそ。こんにちは」 と、ニコニコしながらおっしゃったのです。
私は「ありがとうございます」と申し上げましたが、
残り少ない人生の良い思い出となり、胸に焼き付きました。

夜の光のパレード、夜空に輝く花火を終わりまで見物して帰りました。
人と人との触れ合いの尊さ、ありがたさ、名も存じ上げない方々ですが、
一度お礼を申し上げたく走り書きいたしました。これからも若い人はもちろん、
長い人生をしめくくろうとする年輩者にも楽しい夢と喜びを分けて下さい。

皆様方のご健勝と、益々のご活躍、さらには貴社のご繁栄をお祈り
申し上げ、お礼に代えさせていただきます。    



***********************************



家族でキャラブレに行ったときのことです。
テーブルにサイン帳をおいてキャラ達にサインをしてもらっていた子供が
何を思ったのか自分のサインをピノキオに渡してしまった。
ピノキオが喜んだ様子を見たキャストさんが
「良かったね~ピノキオ、お爺さんに見せようね~」と言ってくれた。
気の利いたことをいうキャストさんだな~と思いながらも
紙キレを持っていたら次のテーブルをまわる邪魔になると思い
子供に気付かれないように「邪魔になると思うのでさっきの紙を
返してください」とキャストさんに言ったところ
「ダメですよ~お爺さんに見せるんですから~ピノキオも
そう思ってるのに返しちゃったらガッカリしますよ~」
と笑顔で言ってくれました。
あの素敵な笑顔を今でも覚えています。



***********************************



結構前のシーのアクアスフィア付近にて。
ミニーがグリしてて(ミッキーはいなかった)
平日だったから、そんなに混んではいなかったけど
軽くひとだかりができた中、ミニーが人をかきわけて
一直線に歩いて行った。まわりにいたゲストは皆
『??どうしたんだ??』という感じでキョトーンとしてた。
でもその先には白い杖?をもった人が。
盲目の方らしく、目は見えないんだけどミニー一生懸命グリしてた。
相手の手をやさしく握って、その人の鼻を触って、
その手をそのまま自分の鼻のところに持っていったりして。
キャラコンさんが隣で『これがミニーちゃんのお鼻ですよ』て聞こえるように説明もしてくれてた。
一通り、鼻、目、口、耳 触ってもらったあとミニーちゃんそのゲストをぎゅーーっと抱きしめてた。
そのゲストすごくうれしそうだったなぁ・・・。
一緒にいる付き添いの人にも、『がんばってね♪』てジェスチャーしてて。
ディズニーてやっぱりすごいですね!!
まわりのゲストもみんな、すごい幸せそうな顔してた。
だれもグリに割って入るようなことする雰囲気じゃなかった。
ミニーのおかげで周りのゲスト全員が幸せに感じれました。
ミニーと写真は撮れなかったけど、とてもいい思い出です。



***********************************



私も双子を産んで、そのうち一人を幼い時に病気で亡くしています。
以前、TDRに行った時に、娘がお誕生日シールを貼っている子を見つけたんです。
前日が誕生日だった娘は図々しくもキャストさんに
「昨日お誕生日でもシールもらえますか?」って聞いてしまったんです。
キャストさん(女性でした)は「もちろん!お誕生日おめでとう!」と貼ってくれました。
それだけでも図々しいのに、娘は「お姉ちゃんのももらえる?」と聞いてしまったんです。
「同じお誕生日なの?」と聞かれて、
「うん、でもおうちにいるの」(お骨が家にありました)と娘は答えました。
キャストさんは事情がわからずに、ちらっと私や夫の方を見たのですが、
娘が言い出したことに絶句してしまっている姿に、何か事情があると思ったのでしょう、
「いいよ!お姉ちゃんのお名前は?」と聞いてくださいました。
そして、「大事に持っていってね、必ずお姉ちゃんに渡してあげてね」と
ニモのシールも下さいました。

今も戴いたシールは大切に飾ってあります。
あの時のキャストさん、ありがとうございました。



***********************************



10年以上前の話ですが、TDLでキャストをしてました。
夕方1人の女の子が泣いているのを見つけました。
「迷子センター」に連絡しましたが、親御さんらしき方は来ていないとのこと。
欠勤者がいて、その時間はギリギリでローテーションを回っていた為、
チケットの私がお預かりする事になりました。
初めは泣きじゃくっていた女の子も、話をするうちに心を開いてくれて
「今日は何に乗った。」など色々話してくれました。
親御さんの話になった時、思い出す様に
「お姉ちゃん・・お母さんが見つからなかったら、どうしよう・・」と
「大丈夫だよ!絶対に見つかるよ!」と、勇気づけたのですが
「でもでも・・」と、また泣き始めたのです。
困ったなぁ~と思いながら
「もし見つからなかったら、お姉ちゃんと一緒にココに住もうよ!楽しいよ!」
女の子は泣き止んで「あれもしようね、これもしようね、」と、色々と空想しながら連絡を待ちました。
寒い中、女の子を私のコートで包み、待つ事約1時間。
お母さんが見つかったと連絡が入り、迷子センターまで案内しました。
殆どの迷子さんは親御さんを見るとワーーっと泣きだし、
親御さんに抱きついて「お姉さん」なんてどうでも良くなるのです。
ところが、その女の子はお母さんをみつけると、私にしがみついて
「お姉ちゃんとココに住むの!帰らない!」と言ったのです。
お母さんは困っていましたが、見つかった安心感で終止にこやかでした。
「お姉ちゃんは一緒にいたいけど、お母さんやお父さんは、きっと悲しいよ。」
「お姉ちゃんは、いつでも待ってるから、また遊びにおいでよ!」
そう言うと、ようやくお母さんの元へ。
バザールの大きなツリーの前で「迷子の記念」に一緒に写真を撮りました。
女の子は「きっとだよ!また絶対に会おうね!」
と何度も振返り、手をふって笑顔で帰って行きました。






b0072051_20136.jpg









※ネットから転載させていただきました。
by ayu_cafe | 2012-12-06 07:00 | Trackback | Comments(0)

カラフル

b0072051_19451637.jpg





「カラフル」。

宮﨑あおい最高傑作。



「おおかみこどもの雨と雪」が
宮﨑あおい最高傑作と思ったけど、ちがった。


「おおかみ〜」の細田守監督は、
「カラフル」を観て、宮﨑あおいさんに主役をお願いしようと思った。


「カラフル」のあおいさんの声は、
現実のあおいさんの顔がじゃまなくらい
人間味豊かで圧倒される。




いっこ好きなセルフ。


「なくなったものも
おれとかが
興味をもてば
ちょっとだけ
よみがえるじゃん。」
by ayu_cafe | 2012-12-06 06:43 | Trackback | Comments(0)

自分のつらさに甘んじていないか。 18代目 中村勘三郎 1955ー2012

b0072051_1405941.jpg




中村勘三郎のドキュメンタリー。

渡辺えり子を演出にむかえた創作劇と
古典歌舞伎を同じ日に演じる勘三郎は、
稽古ももちろん、同時進行。
彼は、その古典の稽古の時に、
先輩の老歌舞伎俳優を呼んで、
レクチャーを受ける。
その時の彼の目つきが凄かった。

緊張と、重圧に対峙する
強い意志と、そして、
大御所とは思えない謙虚な精神。

腹をくくって、折り目正しく
現状に立ち向かう。



中村勘三郎は、平成16年に最初の
ニューヨーク公演を行った。
世界の舞台芸術のメッカ、
リンカーンセンターの敷地内に、
平成中村座を建設し、あたり一帯には、
漢字ののぼりをはためかせた。

彼は、オリエンタリズムとしての
伝統芸能というショーではなく、
ドラマを持ってニューヨークに来た。
通し狂言を一本、演出は現代劇の串田和美。
当初、関係者はほとんど反対した。
「やめとけ」「失敗したらどうする」と言われると、
彼は、「失敗したら腹を切る」と答えた。

彼は著書の中で、こんな風に書いてる。
「絶賛か拒絶かどちらかになるような
気がしてしかたがない。」
そして、こう続ける。
「私はだからこそやりたい、と強く思った。」



中村勘三郎のニューヨーク公演を
ニューヨーク・デイリーニースは
こんな風に評した。

「彼は伝統に甘んじていない」



話しの合うひとに甘んじていないか。
他人の不備に甘んじていないか。
日々の忙しさに甘んじていないか。
自分のつらさに甘んじていないか。







※ 以前投稿したものに
書き足しました。
by ayu_cafe | 2012-12-05 07:59 | 中村勘三郎 | Trackback | Comments(4)