ayuCafe

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春風のためのけいこ

b0072051_20275392.jpg





坂東三津五郎さんによる 中村勘三郎さんへの弔辞から。




****************************************




 長い付き合いでしたが、性格があまりに違いすぎたせいか、
ケンカをしたことがありません。
芝居も踊りも持ち味が違い、20代から8回も演じた棒縛。
はじめの頃は、お前たちのようにバタバタやるもんじゃない、
春風が吹くようにフワッとした感じでやるものだと、
諸先輩から諸注意を受けましたが、
お互いに若く、負けたくないという心から、
なかなかそのようにできなかった。


 それが、お互いに40を超えた7回目の上演のとき、
「やっと先輩たちの言っていた境地の入り口に立てた気がするね」
と握手をし合ったことを忘れません。
長年の経験を経て、お互いに負けたくないという意識から、
君には僕がいる。僕には君がいるという
幸せと感謝に生まれ変わった瞬間だったように思います。



 君がいてくれたおかげで、この56年間、本当に楽しかった。
ありがとうね、哲明。
君は交友関係も広く、活動の場も広かったから、
さまざまな人の心に、さまざまな思いを残したと思うけど、
僕は50年間一緒に芸を勉強し続けた友人として、
不屈の信念で体に宿った魂。人の何倍もの努力によって培った芸のすごみで、
誰にもマネのできぬ芸の境地に立った歌舞伎役者だったことを、伝え続けたいと思います。

 君のマネはできないし、やり方は違うかもしれないけれど、
(勘九郎の本名)雅行くん、(七之助の本名)隆行くん、七緒八(なおや)くんと一緒に
これからの歌舞伎をしっかり守り、戦い続けることを誓います。

 これで、しばらくは一緒にやれなくなったけれど、僕がそちらに行ったら、
また、一緒に踊ってください。

そのときのために、また、けいこしておきます。



坂東三津五郎




****************************************







この現実のためのけいこを今日もする。

いつか、この日々が、この気持ちが、

フワッと吹く春風のようになるまで。


人の何倍もの努力をした人間の余韻は
それはそれはまばゆくて太陽のようだ。

この現実のためのけいこを今日もする。


それは、挑みがいのある
春風のためのけいこ。
by ayu_cafe | 2013-01-16 06:28 | 中村勘三郎 | Trackback | Comments(8)

雪の日

b0072051_19185977.jpg



2013.1.14 TDL
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/blog/130115-2/
by ayu_cafe | 2013-01-15 06:21 | ウォルトディズニー | Trackback | Comments(0)