ayuCafe

<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

その時はじめて 私たちはサインを刻む。Designed By Apple. 







どんな世の中でも
どんな状況でも
プレゼンテーションし続ける。
いままで見たこともない
スマートな方法で。
by ayu_cafe | 2013-06-24 01:49 | Trackback | Comments(0)

動いとるもんに 乗っとったら 悲しいのがドンドン なくなんねん。

b0072051_9163326.jpg







こないして
エスカレーター乗っとったら
悲しいのが消えていくねん。

ふしぎやな。

動いとるもんに
乗っとったら
悲しいのがドンドン
なくなんねん。


こないだの
雨の日かって
そうやってん

お母ちゃんに
会われへんで
悲しなったのになー。


おっちゃんの車が
動きだしたら、
楽しいような気持ちに
なってきてん。


雨のつぶが
ピカピカで

しょうすけと
いっぱい
歌てんで。


ワイパーが
ぱたーん
ぱたーん
なるさけ、
それに合わせて
歌たんや....


乗り物、乗ったら
悲しいのんが
消えていくて...


まほうみたいやな。







松本大洋 sunny
by ayu_cafe | 2013-06-21 09:14 | Trackback | Comments(0)

melencolia. 今日の海もちがう表情をしてる

b0072051_123387.jpg






今日の海もちがう表情をしてる


今日の海もちがう表情をしてる
バナナの葉が颱風の風にさわぐ
文字のない無数の手紙の音
なまあたたかくきみの文学を奪う

白昼の交差点
あの海がふりむく


今日の海もちがう表情をしてる
きっと
月の浜辺に二匹の犬が遊ぶ
青い死の棘 若い薔薇を守る
夜のセスナ機 きみの文学を奪う

地下道の階段
あの海がふりむく


今日の海もちがう表情をしてる
潮の匂いがしないと不安になる
浅瀬に迷い込んだ子どものくじら
静かな瞳 きみの文学を奪う

雨の歩道橋
あの海がふりむく







******************




奄美に行く何日かまえ、
夜中に、島尾敏雄さんの
死の棘日記を読んでいた。

猫が起きてきて、外が見たいというので
窓をあけてあげた。

季節外れの台風が近づいていて
庭の木々も近くの公園の木々も
なまあたたかい強風に荒れていた。

窓の外を注意深く見ている猫のそばで
死の棘日記をゆっくり読みながら
この風は南方の奄美の方から吹いてきているんだろうな、
と思った。


奄美の教会のそばで
バサバサと風に荒れる
バナナの木の葉のことを考えながら
死の棘日記を読み進めた。



嵐が近づいている時の風の荒れる音を
部屋で聞いている時間。

とても好きな時間。

五十嵐大介さんは、あの感じを、
とてもうまく捕らえている。



夕べは、またそんな夜だった。

夜中に自転車で帰る時
海の風にバサバサと吹かれながら
一番をつくって

帰って、窓を開けて
バサバサと荒れる風の音を聞きながら
奄美のことをたくさん思い出して
二番と三番をつくった。



つくってる途中、夜の二時半頃、
消防車の音が少し遠くでずっとしていて

それがやんで、しばらくて三時頃
セスナ機の音がした。

こんな風の強い夜中にセスナ機?
とは、まったく思わずに二番に入れた。
by ayu_cafe | 2013-06-20 01:49 | Trackback | Comments(0)

戦場のしぶとい兵士。 *道重さゆみさんに学ぶ*

b0072051_8202751.jpg




大森靖子さん経由で
道重さゆみさんのことを知った。
こちらから転載させていただきます。


【道重さゆみ伝説】
http://alfalfalfa.com/lite/archives/6298805.html





久住小春はつんくがオーデションの時点で「次世代のエース」と明言し
合格告知にはつんくとメンバー全員がわざわざ新潟まで出向いたほど
鳴り物入りでゴマキ以来のピン加入で入った超エリート待遇のVIPメンバーだ
新加入最初のツアー名もメンバーの名前を初めて冠した「小春ちゃんいらっしゃい」

片や道重さゆみは超絶音痴で顔以外の取り柄がなく
歌唱至上主義のハロプロでは後列端に置かれ人気もなくファンの間では
常に解雇候補一番手と囁かれていたメンバーだった
久住の教育係というのも大人気ゲームソフトに糞ゲーを抱き合わせで売るように
事務所がVIPの傍にくっつけてみただけの意味しかなかった

だから久住が教育係の道重を付き人のように扱いこき使ったのもある意味自然なことだった
道重の言うことをまったく聞かず話の途中にトイレに行ってしまうなど
久住の傍若無人さに道重はストレスで人知れず眉毛を抜き続けるほど病んだ
しかも当時は顔のタイプが似ていたため僅かにいた道重のファンも
新人の久住にごっそり持って行かれた

久住は加入後ほどなく抜擢されたアニメ「きらりんレボリューション」の月島きらり役が大当たり
持ち前の明るさ華やかさで当時の幼女界隈ではトップアイドルとなり
主題歌の久住ソロ1曲目「恋☆カナ」はヒットし2曲目の「バラライカ」は遂にモ-娘。
本体のCD売り上げを超えた
既に全盛期の終わっていたモ-娘。においては久住は初めて外部で売れたメンバーとなった

その間も道重は仕事も無く同期にくらべ写真集もろくに出せず
道重を持て余した事務所は事務所枠の空きができた名古屋ローカルのラジオ番組を与えた
それも娘。ファンの間では田舎の味噌ラジオが唯一の仕事かと嘲笑されていた
番組では毎週2~3曲ハロプロの曲をかけるがバラライカヒット中も
その番組で久住のソロ曲がかかることは決して無かった

しかしこのラジオが後に道重の運命を変えることになる




2006年4月に始まったアニメ「きらりんレボリューション」は大人気を博し
主人公月島きらりの声優とメディアミックスできらり役を演じた久住は
「小学一年生」などの学習雑誌や、きらりグッズのテレビCMなどに頻繁に登場する
久住のきらり人気は小学館の上手い仕掛けもあって、その後2年以上に渡って続くことになる

一方、「きらレボ」開始の半年後2006年10月に道重のローカルラジオ
「今夜もうさちゃんピース」がひっそりと始まった
他に仕事も無い道重は、コツコツとラジオで話すネタを練り喋りを工夫し徐々に進歩していった
まだわずかに居た道重ファンはその喋りの上達ぶりに注目し
道重自身もこの番組で自分の喋りの才能に初めて気付くことになった

翌年の2007年5月、道重の芸能生活で初めての幸運が訪れる
藤本美貴が庄司智春とフライデーされた岩盤浴事件である
当時モー娘。のエースの二人、藤本と高橋愛は、
大御所明石家さんまのラジオ「ヤングタウン」の
レギュラーを長年務めていたが、この事件で藤本はモー娘。を急遽脱退し
ヤンタンも一時休養することになった

急なことで慌てた事務所は、その時メンバーで唯一ラジオをやっていたという理由で
道重を臨時の代役に立てた
このヤンタンの1回目2回目で道重はソロラジオで培った喋りの面白さを一気に爆発させ
それまで何年もレギュラー固定でマンネリで澱んていた番組の空気を一変させて活気付かせ
3回以降にはもう藤本休養の間の代役という当初の設定は立ち消え暗黙のうちにレギュラーとなった

道重はその後、相槌などが不器用だと厳しく叱責した大御所さんまに向かって
放送中に鉛筆を投げつけるという伝説も作ったが
半年後にはそのさんまをして
「可愛くて面白い、おまえが何で売れへんのかわからん」と言わしめるほどになった
しかしさんまは自分の番組のキャスティングには一切口ききをしないポリシーがあり
世間では道重は相変わらず無名のままだった




一方久住は月島きらり役が好評で予定上限の2年を超えもう1年延長することになった
その3年目に入った2008年4月、事務所は久住をモー娘。でも本格的に売り出すべく
つんく渾身の新曲「リゾナントブルー」で歌パートやPVのスポットを
高橋愛、田中れいな、久住小春のスリートップに
極端に偏らせ他のメンバーをバックダンサーにした布陣でモー娘。復権の勝負に出る




この曲の積極的なプロモーションの一環でモー娘。はテレビ番組「音楽戦士」で
1年以上ぶりとなる長時間トークの機会を得た
ここで道重はソロラジオで蓄積したネタとヤンタンでさんまに鍛えられたトークで
何度もスタジオに爆笑の渦を巻き起こし
深夜テレビとはいえこの時メディアで初めて、隣の久住を差し置いて道重が脚光をあびることなり
そのトークの成長を知らなかった、かつて味噌ラジオと嘲笑した他メンバーのファンを驚愕させ、
初めてグループ内での存在感を示した

これで今後にかすかに光明の見えた道重だがしかしその年の夏、
また道重を病ませる壁が立ちはだかる
ミュージカル「シンデレラ」の蓑虫号泣事件である




2008年夏、モー娘。はメンバー総出演のミュージカル「シンデレラ」を興行した
主役と王子役に5期の高橋と新垣、意地悪なお姉さん役に6期の亀井と田中、
姉役に次ぐ伝令官役に7期の久住と、キャリアの上から順当に相応の役が割り振られるなか
6期の道重は原作にはない妖精役で、セリフがなくワイヤーで吊るされで宙を舞う役があてがわれ
ヤンタンで話を聞いたさんまに「おまえは蓑虫か!」と笑われていた

先に音楽戦士でトーク能力を示し、ヤンタンでも度々さんまに絶賛されていた道重だが
歌唱力や舞台に拘る事務所は音痴の道重の売り出しに動くことは無かった
それまで先輩の卒業コンサート以外では人前で泣くことが決してなかった道重だが
ミュージカル終演後の2008年10月、ソロラジオでその時の辛い心境を語りながら号泣した
このシンデレラが、初めて道重にある覚悟をさせ、それが後のバラエティブレイクへの伏線となる

一方、久住の「きらレボ」も吉川友などとユニット売りで目先を変えたりしたが、
3年目はさすがに人気も下火になり
また久住自身も身長が著しく伸びて顔つきも急激に大人びてきて、きらり役にそぐわなくなった
3年間でアイドルファンの嗜好に合わない長身美人系に変貌した久住は、
モー娘。ファン内での人気がなかなか上がらず
事務所が高橋愛の売り出しに傾倒したこともあり、久住は足踏み状態に陥った
この年のモー娘。は年間のテレビ出演数が片手で数えられるほど
メディア露出に背を向けた閉塞状態が続いていた




高橋愛の売り出しに固執し続けた事務所は遂に、高橋にNHK20時の連続ドラマの主役を獲得した
2008年秋はその高橋のドラマ撮影のため、他のメンバーはツアー以外は事実上活動休止状態に陥った
そこで事務所は他メンバーファンへのガス抜きのため、初めて他メンバーを
バラでいくつかのテレビ番組に出演させた
道重にも矢口真里のバーターで2009年1月3日オンエアの
日テレ特番「小学生教科書クイズ」への出演が割り振られた

後年から振りかえれば、これが道重にとって最初で最後の唯一度のチャンスであった
シンデレラの号泣から僅か2ヶ月後のこの時、道重は、もうモー娘。には自分の居場所は無い、
と覚悟していた
この番組は、里田まいが起こしたお馬鹿ブームに便乗して、つるの剛士、スザンヌを目玉としていたが
ピンでのテレビ初出演であった道重はここで爆発的にお馬鹿な面白回答を連発して
出演30人中で回答を弄られた回数が、つるの、スザンヌ、他の芸人たちを上回る最高数となり
司会の上田晋也から「芸人は君とはもう出たがらないよ。君は今年忙しくなるねぇ」と驚かれた

しかしそこまで道重を持ち上げた日テレでも丁度AKB推しを始めた時期でもあり
その後ほとんどオファーはなく
事務所は少しづつ道重を地方やテレ東の番組でコツコツとテレビ経験を積んではいたが
しばらく鳴かず飛ばずであった
そして教科書クイズから半年ぶりに掴んだメジャー番組の出演が
2009年7月のロンドンハーツ「格付けしあう女たち」である
ここで道重は最後の賭けに出た




教科書クイズのお馬鹿回答でその番組内を席巻した道重だったが、
当時もうお馬鹿ブームは終焉を迎えつつある時期であり、
今からお馬鹿に新規参入しても先が無いと危惧するファンは多かった

また当時、Liveパフォーマンス至上主義で「ハロプロブランド」に拘っていた事務所上層部は、
現役メンバーのバラエティ売りには頑なに否定的であり
教科書クイズ後の道重の地方局などでのテレビバラエティ修行も、実は事務所の若手スタッフたちが
上層部を騙し騙し目立たぬように進めていたもので、いつ上からストップがかかるかもしれない状態、
つまり道重には時間の猶予が無かった

こううした状況のなか、20歳目前でロンドンハーツ収録に臨んだ道重は、ここで賭けに出た
過激な「ナルシストキャラ」に打って出たのである




実は道重のナルシストキャラは、加入後間もない14歳頃から自分で考えて始めたものであり
数少ないモー娘。のテレビ出演の時には、ときにそれを出してダウンタウンにツッコまれたり
青木さやかにキレられたりと、その場その場では笑いを取っていた
その後道重は18歳の頃にキャラが年齢的に潮時と考え、ナルシストキャラはほぼ封印し、
モー娘。内では腹黒キャラ(ぼそっと毒舌を吐くキャラ)に取り組んでいた

ここで押し入れの中で埃を被っていたナルシストキャラを引っ張り出し、腹黒キャラの毒舌を
上乗せした道重の決死の出演は、キャラとしてはファンの見慣れたネタではあったが、
その攻撃的な絡み方、表情、言葉の切れ味など、すべてが昔より格段の進歩をとげており、
国生さゆりや杉田かおると渡りあうそのインパクトは視聴者に大反響を巻き起こした。

大反響のほとんどは反感・非難であったが、引き続き同年9月に2回目の出演をした道重は、
更に磨きがかかったナルキャラと巧妙な毒舌トークで1回目がマグレでないことを業界に証明した
しかし一般人には火に油を注ぐ結果となり、その年秋の週刊文春「女が嫌いな女ランキング」で
初登場10位に登場した

この2009年の1月からワンクール放送された高橋愛の連続ドラマ主演は、
その頃のモー娘。ファンからみたら
夢のまた夢のような、モー娘。メンバーでこんなメディア露出の量は、
これが最後だろうと言われていた
しかしこの7月のロンハー以降、誰も予想していなかった道重のテレビラッシュが始まり、
その年の暮れまでに高橋愛のテレビ出演時間数を追い越してしまった

モー娘。後列メンから一躍人気バラドルとなった道重であったが
一般からは嫌われ者キャラとしての反響が大きく、
知名度と比例してそのストレスも徐々に蓄積されていった
そしてそれが顔の肌荒れとなって道重を襲った




カワイイを自称する道重が、こともあろうにその顔が酷い肌荒れのままテレビに出て
ナル毒舌キャラを演じねばならなかった時期の苦悩は、想像を絶するものがあった
肌荒れの原因となった嫌われ者キャラのストレスを軽減するため、道重と事務所はテレビ出演を控えた
この時に道重は、それまでの無理をやめ、素に近い自分でやっていく決心をする

元々、素の道重は多少のナルシスト要素も毒舌要素も持っていたが
それを極限まで誇張し攻撃的にしたのが、それまでのテレビの道重だった
しかし、テレビが要求するままにそれをエスカレートさせていって、
やがてその先にある断崖から落ちる前に
道重はこの肌荒れによって立ち止り、等身大の自分へと立ち戻ることができた
(この肌荒れはその後、4か所の病院を廻った後、つんく紹介の病院の治療がうまくマッチし、
完治した)

一方、きらり役終了後、足踏み状態が続く久住に、2009年5月の春ツアー終盤で小さな異変が起こる
それまでMCコーナーのひとつを担当していた久住が、あと数公演を残すだけの段階になって、
突然MCが田中れいなに交代されたのだ

たかがMCコーナーのひとつではあるが、千秋楽ではコンサートのDVD撮影が予定されており、
それまでの30公演でMCを務めてきた久住がDVDの記録には残らないことになり、
普通ではまずありえないことである
久住はそれまでつんくの楽曲批判に近い発言を何度かしてきており、
これもつんくと衝突したことによる
何らかの制裁であるとも推測できたが、確たる原因は不明であった。しかしこれが伏線だった




同年9月、秋ツアー初日に、突然久住の卒業が発表される
以前は毎年のように卒業と加入を繰り返してきたモー娘。であったが、先の藤本美貴の脱退以降、
3年間も卒業加入がなく、この時の9人のまま解散する予定なのではと噂されていた矢先のことだった
メンバーの世代構成的にも実績的にも、次の次のリーダーと目されていた
久住の突然の卒業は衝撃的であった

久住の卒業は、発表から3カ月で卒業するという異例の短さ、
卒業公演にアリーナクラスの会場で追加公演を行わず
当初の予定通りのホール会場のままであることから、
卒業が急遽決まったこと、事務所に久住の卒業を盛り上げる気が無いことは明白であり、
久住と事務所との間に何か修復不可能の衝突があったことを伺わせた
 



道重と久住の確執は、お互いに嫌い合っていただけの単純な関係ではなく
時にアイドルとして認め合い憧れ合う面も含んだ愛憎入り混じった奇妙で複雑な感情がそこにはあった
その一端が発露したのが2009年12月の久住の卒業公演である

久住は卒業公演を翌週に控えたある日、一人でつんくを訪ねた
そこで久住は、「最後にレインボーピンクを歌わせて下さい」とつんくに直談判したのだ




「レインボーピンク」とは、かつて久住がモー娘。内で期間限定で組んでいた
二人組のユニットであり、その相方は道重だった
この、ブリッコアイドルを極限まで誇張しパロディ化したユニットは、
そのコンセプトのぶっ飛びぶりと
持ち曲「レインボーピンク」「メリピンクリスマス」の面白さには強烈なインパクトがあり、
ユニット活動終了後も、アイドルファンやアイドルの卵の女子などで伝説的に語られていた

久住の申し出をつんくは了解し、数年ぶりに道重久住の伝説のユニットが久住卒業公演で復活した
それを直談判した久住の、道重に対する思いが垣間見えた卒業公演であったが、
しかし公演はそれだけでは終わらなかった
久住の家族も来ていてツアーDVDも撮影中の卒業セレモニーで
道重が前代未聞のコメントを発したのだ

卒業セレモニーではメンバーの一人一人が順番に久住へのメッセージを発表する
他メンバーからの送辞は、お決まりの言葉とお約束の抱擁で淡々と進み、道重の番がきた
道重と相対した久住は万感の思いを込めて突然、「道重さーん!」と道重に駆け寄ろうとする
しかし道重は「来ないで!」と制止して久住を元の立ち位置に戻し、そしてこう言い放った
「私は嫌いだった、あなたのこと」




「私は嫌いだった、あなたのこと」
当時すでにテレビでの毒舌キャラが知られていた道重ではあったが
卒業式での、久住の目の前にしてのこの言葉には、
久住の教育係時代の確執を知っているメンバーもファンも、一瞬反応に困り会場は騒然となった

しかし道重は続けて「・・でも、何でこんなに寂しいのか・・・」と久住への複雑な感情を語りだした
傍若無人な久住への嫌悪と、アイドルとして圧倒的な「華」を持つ久住への
尊敬・憧れの入り混じった心情を
切々と語り終わった後、二人は抱擁したが、その抱擁はいつまでも終わらず、
時間進行を心配した周りのメンバーたちに引き剥がされるまで続いた




(エピローグ)
次世代エースのVIPメンバー久住小春と、窓際音痴メンバー道重さゆみ
この対照的な二人の教育係時代からの愛憎劇には、まだまだエピソードは多々あり
道重の劇的な躍進も背景にあり、傍目には何年にも渡るドラマのような面白さがある

また、モー娘。の閉塞状況を見限り新天地を求め飛び出した久住と
テレビで売れた後も閉塞状況のモー娘。に留まることを選び、リーダーとなった道重
二人の選んだ道もまた対照的なものになった

ちなみに、道重の礎となったラジオの成功を見て、事務所はその後他のメンバーも
次々にラジオを始めさせた
それはメンバーたちの喋りの上達には寄与したが、いずれも1,2年で終了した
しかし道重の「今夜もうさちゃんピ-ス」は、一時は若手アイドルたちから
「アイドルラジオの教科書」と評され
ラジオメディア不況で何度も時間枠が再編されるなかでも、なお生き残り
6年を超える現在も継続中で、ハオプロのソロラジオ最長記録を更新中である




モー娘。の長い歴史の中で個人名をツアー名を冠したのは、
以前紹介した通り、次世代エース久住小春が新加入した時の「小春ちゃんいらっしゃい」と
2011年秋、事務所イチ推しのエース兼リーダーだった高橋愛の卒業ツアー「愛BELIEVE 」

そして、この春から始まる次のツアー名は「ミチシゲ☆イレブンSOUL」
遂に、かつての窓際音痴メンバー道重が、冠ツアー名を獲得した
決して派手ではないが継続は力なりを地で行く道重の物語はまだまだ続く











*****************




道重さんの「ネタ帖」。


b0072051_10205856.jpg



書いてあること。



○とにかくはなさなきゃ↑

○意見をゆわなきゃ↑↑

○とりあえず今日はしゃべんなきゃ

○しゃべらなきゃうつらない

○前へ、前へ↑

○もっと前に出て話すべき……

○このはなしはわかんないからだまっとこーって思ってるトキが多すぎた(汗)

○ボキャブラリーを増やす

○まわりがどんなにゆってきても負けるな

○負けじと強気にはなすコト

○向こうが引いててもこっちはえんりょするな

○空気になっちゃダメ(汗)

○ゆわないでこうかいするより ゆってこうかいした方がいい








*****************





道重さんは

「批判は全て受け入れる」

という主義のもと
ブログのコメント欄の検閲をしない。



大森靖子さんも

自身への批判ツイートを
ツイッターのお気に入りにいれて
ギターと物販トランクを
ライブハウスに持ち込んで
毎晩、伝説みたいなライブをしてる。




ここは自分のための戦場で
これは自分のための戦争なのだ。


道重さゆみ 23歳

大森靖子 25歳



戦場のしぶとい兵士。
by ayu_cafe | 2013-06-18 10:34 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)

melencolia. スプーン

b0072051_10475181.jpg





スプーン


言葉はあらわな文月の
月夜に青い草の丘
弓なりにしなる海岸で
解き放たれぬ翡翠の矢


言葉はおろかな水無月の
雨の海をゆく終列車
あまくカーブするスプーンで
こころのふちをすくわれる


言葉はかじかむ霜月の
指をあたためる呪いの火
深くねむったジュウシマツ
土に溶けてもうたは続く


言葉は恥らう如月の
百年の秘密の待ち合わせ
夜露に錆びつく観覧車
約束のように刺さってる









******************





押見修造さんの新作を
読んでいたらできた。
by ayu_cafe | 2013-06-14 09:45 | Trackback | Comments(0)

マーライオン。

b0072051_10121091.jpg










b0072051_10123390.jpg

by ayu_cafe | 2013-06-11 10:13 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(0)

初夏。湯島天神。

b0072051_1064250.jpg





初夏。湯島天神。


左側の人物の粋な身体の軸線のしなり方や
右側の人物の胴回りを締める帯の感じ。

こんもりとした緑を急勾配で登る階段。
その上の境内から聞こえる祭囃子。

祭りの日の夕方の風にふわっとふくれる
かるめやき、の暖簾。

おばあちゃんが屋台で売ってる夏の扇子。
くっついて歩く浴衣姿の小学生の女の子たち。


そういうの全部音楽にできないものか、と考えながら、
今週も出勤。
by ayu_cafe | 2013-06-10 10:16 | 休日の散歩 | Trackback | Comments(0)

ひと休み。

b0072051_6202018.jpg














太宰治が、井伏鱒二に連れられて
この天下茶屋にやってきたのは、
昭和13年9月。







b0072051_5254564.jpg






それから、たっぷり3ヶ月。
太宰はその美しい山と湖を望むこの茶屋に滞在する。






b0072051_6142033.jpg







そのときのことが、小説「富獄百景」に残されていて、
本の中で彼は、

富士には月見草がよく似合ふ

という静かな一節を紡いでいる。


※あの雄大なランドスケープを描写する際に、
月見草をもちいるなんて。








b0072051_5371065.jpg






茶屋の二階の彼が滞在した部屋は
机も火鉢もその時のまま。





b0072051_5412829.jpg






その美しい山も湖も、その時のまま。





b0072051_6231657.jpg










素敵なエピソードがある。




茶屋の主人が、名物のほうとうを

彼に出した。

彼は、

「僕のことを言っているのか」

と不機嫌になった。






放蕩の魂は、その10年後、玉川上水で息を止める。

その作品の中で紡がれた言葉は、

あるいは、その作品のなかで立ち現れる精神性は、

いずれもとても凛と美しい。





b0072051_663252.jpg






作家がどうしてこの部屋を
気に入ったのか。

そこに、作家が遠く憧れ、焦がれた
美しい精神性があったからではないか。


パリでもつくづく思ったが
ゆかりの土地というのは
作品理解への暴力的なほどの近道だ。





b0072051_5462770.jpg

by ayu_cafe | 2013-06-09 06:16 | 休日の散歩 | Trackback | Comments(2)

melencolia. 少年は神様の名前を知ってる

b0072051_942633.jpg






少年は神様の名前を知っている


ロックンロールスターを
ライブハウスの
前で待ってる
少年がひとり

止まり木みたいに
ガードレールに
登ってホットドック
頬張ってる

ロックンロールスターは
まだ無名で
だけど少年はその
名前を知ってる



ロックンロールスターが
出てきても
いつも少年は遠くで
見つめている

ひとしきり見つめ
終えたあといつも
ホットドックの紙をまるめ
帰ってゆく

少年は運命から
みはなされてる
少年は誰からも
みはなされてる



だけど少年はその
名前を知ってる
自分の神様の
名前を知ってる



ロックンロールスターを
ライブハウスの
前で待ってる
少年がひとり

夏は近づき
夜はつやめき
すべての夜風が
彼に味方する
by ayu_cafe | 2013-06-08 09:09 | Trackback | Comments(0)

「卑屈だから努力家にしかなれない。」   大森靖子のことば、まとめ1

b0072051_20444134.jpg





全部はじめからやりなおしたい、そんなの無理だからいつまでもゼロでいたいけど、あれー思春期とかとっくに終わっていて、いつまでたっても、答えが、がんばる、しかないままです。だから死ぬほどがんばります。嫌いでもいいので、無様だって笑ってていいので、色んな戦い方をやってみるので、何に?と思う方ばかりかもしれませんが、こんなクズが、女子ぶってワンピとか着て、スマイルしてるので、そんで本物になりたくておじゃましますと内心震えながら音楽に投身しています、だからまあいろいろ、あるのです、皆様も、色々あるとおもいます、ちゃんと色々ある世の中ですから。なので、生き残るために、戦うのです、戦えなきゃ死ぬんです。自殺も殺されたも同然、誰かに消されるのなんてごめんだから、がんばります。ごはんも食べます。絶対に何も諦めないわたしは。
2012年06月25日




今まで沸々とさせていたものがただの僻みだったことに自分で萎えてしまった。才能はないから努力するしかない。

私は彼女がいつか大森靖子のライブを最初からみていると自慢できる日がくるように、その時も一番良い席を空けておけるようにしたいなと本気で思っていた。

あきちゃんは私の天使だ、例え世の中の全てを上手に表現できたって、あきちゃんの琴線に触れない歌なんてうたっても意味ない。だから時々、なにも歌いたくなくなる。
2012年07月30日




溶け込んでる、ふりをしていた。男らしく強く振舞った、実際私が一番強かった。転んでも「うん、痛い」とだけ言ってまた歩き出していたと叔母にきいた。誰より喧嘩っぱやかった。とにかく負けず嫌いだったし、なめられたくなかった、今でもその性格は変わっていない。

男三人はみんな勉強ができて有名大学に入った、勉強にどうしても興味が持てなかった私だけ出来損ないみたいに言われるのがしゃくだったというのも美大に行った理由のひとつだった。

今日、帰り際、親に「ほらせいこちゃん帰るから挨拶しなさい」と言われて怠そうにでてくる全員のバイバイを完全に無視した。私は、大嫌いな片想いをしているような気分になって、泣きそうになりながら帰った。だから来たくなかった。おじいちゃんもおばあちゃんも大好きなのにかなしい。

今日は色んなことを思い出して、感傷的になってしまった。でも泣かない、私はまた東京にきた、自分にとってここは、戦場だし、晴れ舞台。休みは終わった。がんばろう
2012年08月13日




これからも泣きながらでもたくさんのものを戦って掴むんだ。

私はアイドルじゃないし、方法は違うけど、私も同じように誰かが明日がんばる力になりたいとか、おこがましいことを本気で思った。

終演後、とても可愛い女の子が、ライブをみて、つらかったことがどうでもよくなりました!と完璧な笑顔で話しかけてくれた。
他にも会えて嬉しい人がたくさん居た。声の調子もとてもよくて、気持ちを思いどおりにのせることができた。
2012年08月21日




退屈だったらごめんなさい。うん。つらいときは、心をこめて歌えば伝わるはず、っていう一番基本的な希望を強く持つようにしています。だめだったとしても、何万回だってあたらしくなろう。
2012年09月18日




とても嫌なことがあって、まあ嫌なことはいつだって沢山あるけど、ひとつがもうほんっとーーーに嫌で、理由のわからない悪意が自分に向かっているのが怖くて悲しくて、何してても勝手に涙がでてきた。それでも、きっと同じなのに私の前では笑ってるアイドルは凛々しくて偉いなあと思って、拠り所にしたかったけど活動チェックする暇もなくて、脳内で夏にみたハロコンをエンドレスリピート再生して過ごした。
2012年10月19日




クソ、はやく全部愛したいだけなのに。最近ムカついてて、ここ20年くらい。ずっとなんですけど、同じ人、居ますか?

二日間ライブをたくさんした、その場所の空気と呼応して唯一無二の空間をつくるのがとても好きだなぁ。
2012年10月22日




うまくいってなくたってうまくいってる顔したいよね。
絶対!って顔してる人が好きだなー。
2012年10月26日




皮肉なことに人に虐げられて強くなってきた、誰かの悪口のおかげでもっとひかることができる。おまえのだらしない言葉にもいちいち傷ついてやるよ、絶対に笑い飛ばしたりしないからな。
2012年11月20日




悪いやつが得をするのはこの世の常だよ。そんで悪役の私の幸福が憎くて仕方ないんなら、私はいくらでも不幸になってあげられますよ。

議論好きのきみと雨の日の公園で湿気った花火に一本でも、一本でもいいから火をつけたいんだ。そんなしけたパーティーを、でもたった一度のパーティーだから終わらせない。おまえなんかのせいで終わらせない。
2012年12月10日




だって私は誰よりも普通になりたかった。今毎日ライブをしている私にとって、歌うことは普通だ。やっと手に入れた普通だ。普通の歌を手に入れた今、絶対伝わる自信と余裕と、これで無理ならもう無理というところまできたなという諦めもうまれた。でも会えば、その空間で歌えば、確実に伝わると思うんだ。あらゆる誤解でもイメージでも嫌悪感でもなんでもいい、そいつらと戦うチャンスがほしいよ私は、だからどこまでだってライブをしにいく。それしかわかんないから。はじめましての人には鮮やかでいたい。もっともっともっともっと会いたい有名になりたい、嫌われてもいい。嫌わないで。
2012年12月16日




私たちは大袈裟だ、大袈裟で演技派でいつも大丈夫な振りか悲しいふりか、どちらかをしているようにしか思えないよ。悲しい歌に希望を添えて、唄う時だけリアルになれる気がするの。

あいしてるよ愛してるよ愛してるよ愛してるよ愛してる私が愛してるから、あとはつまらないことだから、大丈夫だよって、そういうアルバムです。物心ついたときから私は汚い。でも大丈夫!化粧とかすれば多分大丈夫!
2012年12月28日




私はすっごいとこにいきたいの、絶対に素晴らしい景色をみるんだ、好きな人達と一緒に。ね!今年も大森靖子をよろしくお願いします。
2013年01月03日



卑屈だから努力家にしかなれない。
2013年01月06日




Y字路の自販機の前で、すこしゆっくりしたら別れよう、あんたが選ばなかったほうをいってあげるよ、多分こっちがハズレだし、ただいつかこの道はまた交差する、そのときに私のほうがいかにハズレだったか、グロテスクにロマンチックにうたってあげようじゃないか、でもうたなんて、あんた好きじゃなかったね、どうせ伝わらないけど、まあ、でも私うたすきだし、っていう
2013年02月12日




この前、私のことを好きだという16歳のとても綺麗な女優さんと対談させていただいた。

ふんわりした雰囲気なのに、足元をしっかりみていた。刈谷さんは、私が音楽を続ける限りがんばれると言ってくださった。
本当に本当に本当に嬉しい。

私こんなだけど、確実に誰かの雑音だけど、誰かに元気をあげれたらいいなって本気で思って音楽をやっているんだよ。だって私はそうだったから。好きな歌、好きな孤独を垂れ流して、なーんだ私だけじゃないんじゃんってラクになれた。そのときの私が好きになれる音楽にしようっていうのだけはいつも心がけている。
2013年02月15日




わたしは、やられる覚悟があるからやってる。それで掴んだものだけを、羨まれたって違うよ。誰もみつけてくれなかったから、手段を選ばずなんでもやる。最初から無理なやつは最後まで無理だから、そういう人にはどう思われたってかまわない。ダメージでかいけど私は平気。
2013年03月08日




あーあ!がんばってアルバム売らなきゃねー!!!というわけで、安バスで東京へ。明日もライブ、新大久保にて、どんな人に会えるかな。私を好きになってはくれないかなほんとうは全然当たり前に誰にも嫌われたくないけどすごーく諦めているっ!できる限りのことは、やるぞ。

「私に刺される覚悟ぐらいあってやってるんですか」と匿名でメールをくださった方へ、あなたは私を殺しにきたときに、殺り返される覚悟くらいあるからそんな発言したんですよね。いいえ有名税でしょっていうなら、私の声のほうが大きいし、名前もないあなたなんて居ないも同然。それでいいの?私はいいけど。同じとこ立とうね。私ならほぼ毎日ライブハウスで待ってまーす!
2013年03月10日



また私の大嫌いなノスタルジー、風を感じればあの日あの時あの場所でと、あんな主語の無い、場面の想定もできない歌が流行ったのだから、み、ん、な、思い出に関してのみ想像力が豊かすぎですよねゲロい。私には生きてきて今より楽しかった過去があったことなんか一度だってないです。今のところ、昔の自分よりブスだったことも一度もないつもりだし、もしも~からやり直せるならどうする?とか、うんざりする。そーーーんなめんどくさいことってない。必死でやってきたのになかったことなんて嘘だろ。現状は過去やってきたことに、世間との関連性や信じられないミラクルが加味された結果であって、過去自ずから積み重たもの自体とは微妙に、ときに大幅にズレていて、だから面白がってまたどんどん新しい仕事を自分に課したくなる。
2013年03月20日




すんごく良い声で、すんごく良いうたを歌えば、みんな聴いてくれるんだって信じてたけど違った。

急に爆音で、ときどき聴こえるか聴こえないかの音で、気をひいたけど無駄だった。それが6年間やってきた弾き語りのライブを通してわたしが学んだこと。

魔法が使えないなら死にたい。ほんとうに、そうおもった、音楽に完全に100%絶望したら、死ぬしかない、だから今生きなきゃ、止まれなかった、狂ったように毎日毎日ライブをして、誰より音楽を求めていたつもりだった。そんなに欲しがったって、きっと手に入れたらすぐ消えてしまうよ。それでもいい、一瞬でもいいから触れたい、そのためなら、何時間かけても、どこへでもいく。私か私の代わりの誰かが、私の音楽と一緒になれる瞬間があり得るのなら。

まだそうおもって、今回のツアーを続けています。ばかでしょもう
2013年04月13日




最近アイドルと対バンさせていただく機会が何度かあって、私は化物として対バンできて、しめしめこれはあたらしい無銭接触の方法を得たぞ。
こうなってくると立派に化物に育ってよかった、私が超絶美少女とかならこんな風にはならなかった、もっと簡単に中途半端に売れてしまって、私だけの歌を手に入れることがなかっただろう。
2013年04月23日




最近言われた悪口メモ、・始終暗い歌うたって山崎ハコのコピーってかんじできつい(のに自分の推してるアイドルの出番がこんな奴のせいで削られた!)・大森靖子の声無理・ハロプロに寄生してるくせに売れない(ついに言われた!ハロヲタはもちっとあの規模のコンサートすることがどれだけすごいことかわかった方がいい、わたしはお客さん100人規模のイベントをするのに5年はかかった。才能なーい!きゃはは)・主演映画が撮ってる奴のオナニーで気分悪い(ごもっともです。ドキュメンタリーだし)
もっとあった気がするけど案外こんなもんだ。あの時大ダメージだったことも、今はそうでもない。悪口言うなら超ハイセンスでぐうの音もでないようなのを頼むよお願い、ぶっ殺されたいのに全然ダメだ。

昔はYouTubeの低評価ごときですらつらかった。同じ時間に私の全部の動画に低評価をつけてまわる人がいて、私はおまえの親でも殺したか?と思った。

今日は女優の橋本愛ちゃんがFMラジオで大森靖子の歌謡曲をかけてくれて舞い上がった。以前からファンを雑誌やブログで公言してくれている刈谷友衣子ちゃんとお友達らしく、愛ちゃんが私の音楽を聴いてくれていることは知っていたので、「あまちゃん」をドキドキしてみていたのだった。しかし彼女達が私を応援することで悪いイメージを持たせては絶対にいけない。心配だ。

自分はしょーもないのでどんだけ悪口いわれても、自分のこと語ってもらってる時点で過大評価ですけど、人の評価につながるのはちょっとこれは、弾き語りでひとりで自営で、全て自己責任で、一ヶ月前くらいまでスタッフ無しでやってきた私には(現在は撮影スタッフが一名)感じたことのないプレッシャーなのです。無駄でもな
2013年05月2日




ふと、小さい頃からずっとこんな風に過ごしてきたなぁと思った。いつになったら不満不安不条理のない平穏な日が私の人生には訪れるのだろう?一秒だってそんなの感じたことないってことは、波乱万丈でも不幸でもなくて、単に私が嫌な性格をしているだけなんだろうなとようやく理解した。

どうして私だけ普通の女の子になれないんだろう。みんなの謎の清潔感透明感キラキラ感はどこから来るんだろう?女の子みんなに使えて私にだけ使えない魔法、その正体が知りたくて、交換日記を勝手に読んだりトイレをのぞいたり体育の時間後輩のロッカーを漁ったり、または頑張ってさりげなく仲良くなって、頑張ってさりげなくプリクラを撮ったり話をしたりした。遠くに住んでいる女の子のブログを読むのが好きだった。やがて、自らそういう個人的な情報を好んで提供してくれる、しかも好きになることや知りたいと思うことを許容してくれる、アイドルにどんどんはまった。


こんなこと言うと評価下がるのかもしれないけど、正直、私はインディーズの事務所からすら、「うちからCDだしませんか?」「プロデュースやらせて」などの話がきたことは、一度もない。一人で物販トランクとギターを持ってライブハウスにはいるので、クアトロの前売チケット買ったら私と2ショットチェキ撮れるよ、という企画をずっとしてたけど、撮るスタッフがいなくて、いつも近くにいるファンの方に撮影してもらっていた。写真の修正 (笑)、フライヤーやCDジャケットのデザイン、在庫管理、グッズ制作、スケジュール管理、次の企画、私の仕事なんなんだよ!とつっこみたくなるけどとてもたのしい。そう言えばみうらじゅんが自身のことを「一人電通」と言っていた。今おもうと、何の話もなかったことを逆手にとって無茶できたのかな、私はふつーにメジャー志望だから、こんなの強がりだけど。

私の無茶についてきてくれている人たち、本当にありがとうございます。もっともっとがんばるので、とりあえず明日は一緒に、身の丈にあわない、大きめの夢をみようね。
2013年05月12日




魔法が使えないなら死にたいツアーファイナル@渋谷クアトロワンマン、超満員どうもありがとう。

夢は汚いほど叶うもの。汚されてなぶられて、色も形もわからなくなって、もしかしたらこんなガラクタ要らないんじゃないかなって、
でもなんか、やっぱり捨てらんないんでしょ。
好きなだけ好きなことをやろうね。

そんで、あんなに素敵な夜なのに、もっと素晴らしい明日を夢みてライブがやめられないなんて、希望とはとても残酷だ。

欲深いわたしはいつの間にか、涎をたらして眠っていて、目覚めたって朝だか昼だかわかんないまま、あー私がたとえおばさんでも、クアトロおばさんだから別にいーやとか思って、
好きな言葉で新しいうたをつくるのでした。
2013年05月20日









大森さんの
2013年6月のライブのスケジュール

5日 名古屋 池下clubeUPSET
7日 渋谷MilkyWay
8日 TOIRO(さいたまスーパーアリーナ内)
8日(深夜)名古屋 池下clubUPSET
9日 京都 元・立誠小学校 特設シアター
13日 新宿 LOFT
17日 渋谷 Last Waltz
18日 高円寺 円盤(柴田聡子とお互いの曲カバー合戦)
19日 新宿 Motion【ピントカ】
23日 渋谷(サーキットフェス)
23日 渋谷 7thFloor
24日 大阪 南船場地下一階
25日 大阪 梅田HARDRAIN

ずっとこんな感じ。













ことばは、ブログから
抜粋させていただきました。

写真は、金子山さんのサイトから転載させていただきました。






大森靖子のことば まとめ2

「当たり前だろ、やりたいことやってんだから、つらいのなんか。」



大森靖子のことば、まとめ3  

「基本は歌うの好きとかそのぐらいのことのほうが根源にないと、うまくいかない。」



大森靖子のことば、まとめ4   

反響編 「この人生をもう一回ちゃんと自分のために生きよう、って思える」



大森靖子のことば、まとめ5  

「絶対大丈夫。」



大森靖子のことば まとめ6
「君の毎日は全部かっこいいって教えてあげたいよ」








by ayu_cafe | 2013-06-06 08:44 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)