ayuCafe

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うたとたび。リスボン編

b0072051_10485760.jpg




ポルト、ナザレ、オビドスと周り、
リスボンに戻ってきたのは午後遅め。

天気がよくて風が気持ちよかったから
街に出かけたかったけど、
長距離バスの疲れと
ホテルのひんやりしたシーツの
誘惑に負けてしばし仮眠。


起きたら夕方で、
すこしぼんやりしてたら
夜になったので、

支度して、タクシーで
アルファマ地区のファドの
老舗レストランへ。


アルファマ地区は大震災で
崩れなかった下町のエリア。

坂の道が入り組んでいて
ファドを聞かせる店がたくさんある。



タクシーはアンティークな市電を
追い越し、オレンジ色の夜の
リスボンの街をゆく。

石畳の上を走るタイヤのあの感触。



タクシーの運ちゃんが
暗い露地にクルマを停めて
エンジンを停めたので
ドキドキしてたら、


ついてきて、
その店、この露地の奥で
わかりづらいから、

とのこと。
(ジェスチャーからの憶測)


ポルトガルはだいたいこんな感じ。
ひとがやわらかい。




ファドの老舗レストランは
地下にくだると
天井の高い大きな古い空間が
現れる。

ワインのカーヴのような
礼拝堂のような。

とても暗い。



メインの料理が来てしばらくして
はじめの歌手が登場。

すごく若い女性。
ワンピースでメジャーな曲をうたう。

ファドは、郷愁や情念のうたかと
思ってたけどこんな曲もあるんだ。



正装したギターのおじいさんの
ギターの音色と音質がとてもきれい。


すごいなあ、ホンモノだなあ、
と思って見とれる。




何組か歌って夜の12時。

ワインも効いてきてしまったので
途中できりあげる。



帰り際、妻がトイレに行っている
あいだ、レストランの狭いロビーの
ようなところで待っていると、

しばらくして、
みるからに大御所の歌手然とした
太った女性が入ってきた。


あ、このひと、今夜のトリのひとだ。


と思った。



しばし、その狭く古く暗いロビーで
大御所の歌手とふたりきりになった。

歌手は呼ばれたら
そのままダイニングに
入っていって歌う感じ。



間が持たないので
燭台の写真を一枚。




いまでも、あの狭く古く暗い
ロビーでじっと出番を待ってる
歌手と一緒にいた数分のことを覚えている。



歌手はシャーマンみたいな
触媒だと思う。


そのひとの中に
街並みがあり、風があり、
土があり、海があり、暮らしがあり、
諦めと、あがきと、悲しみがある。


となりにいたのは
ひとではなく、
そのようなものが全部混ざった
ぼわっとしたなにかだった。



わたしはそのうたを聴いていない。


でも、歌う直前の怖いほどの
緊張と威厳に満ちた
波動を今でもしっかり覚えている。


それは、すでに豊かな音楽だった。


音楽は、はじまる前から音楽なのだと思う。


わたしが何かをつくるとき
何かを伝えるとき

その聞かなかった音楽を
わたしなりにはじめようと思う。
by ayu_cafe | 2013-07-30 09:59 | Trackback | Comments(2)

踊り場に百合とねこ。

b0072051_8211763.jpg

by ayu_cafe | 2013-07-26 08:21 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(2)

居間にラベンダー。

b0072051_822235.jpg

by ayu_cafe | 2013-07-25 08:18 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(0)

玄関にローズマリー。

b0072051_047290.jpg

by ayu_cafe | 2013-07-24 00:47 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(0)

美しいものをつくることこそが 最良の解決方法。

b0072051_10234052.jpg






風立ちぬを見て、

美しいものをつくることこそが
最良の解決方法だよな、

とつくづく思う。



すれちがい、バッシング、
誤解、不評、失敗、
力不足、消耗。。



努力目標や理想ではなく
現実的な対処療法として

まず美しいものをつくることが、
解決策であり、救いになる。



何度、そうは出来なくても、
美しいものをつくろうと思い続けよう。

注意深く、大胆に。
少し時間はかかるだろうけど。

疲労と虚しさの只中でも。

小さな花を活けるように。


それが、いつかきっと自分を
救ってくれる。
by ayu_cafe | 2013-07-23 10:04 | ayuCafeジブリ詩集 | Trackback | Comments(0)

どんな状況でも礼節をふまえ、美しさを志向せよ。*宮崎駿の遺言。 風立ちぬ*

b0072051_14192180.jpg



宮崎駿さん脚本の新作を見るたび
毎回、これが最後では、
これが遺言なのでは、と思ってしまう。


そして、毎回、最後にしてこれか、
晩年にしてこれか、と打ちのめされる。

毎回、あまりに、新しくて、でたらめで、ストロングで、
希望に満ちているから。




新作。風立ちぬ。




風のあるところで、ないところで
風が立つ宮崎アニメの集約みたいな
タイトルに緊張する。



主人公の夢の中で

カプローニは繰り返し問いかける



風は吹いているか。



私はカプローニが宮崎さんに思えてしかたがない。


主人公は、はい、吹いています。と答える。


カプローニはにっこり笑ってこう続ける。



ならば、生きることを試行せねばならぬ。






また、カプローニは、こんなことも言う。


設計士は、夢に美しいカタチを与える。



これは、設計士でなくてもすべての
仕事をするひとに、暮らしを営むひとにもいえる。

企画書をきれいにつくること。
だんどりをきれいに整理すること。
メールの文をもう一度みなおすこと。
一本の線をひくこと。
一本の釘を打つこと。
お皿の盛り付けに少し配慮すること。
季節の花を飾ること。


すべてが、夢に、現実に、
美しいカタチを与える作業。



作品の状況は過酷を極める。

大震災、恐慌、戦争、戦争への加担。


しかし、背景の日本の風景は
まるですべて失われたもののように
圧倒的に美しく、登場する人々は礼節に貫かれている。
(あの、圧倒的なおじぎの数)





主人公は、オンボロの定食屋さんで
食べている鯖定食の鯖の骨を箸でとり、
同級生にうっとりと語る。


美しいだろう
すばらしい曲線だと思わないか。








美しいものは
世の中に確かにある。




現状に諦めず
後悔しないように礼節をふまえ
美しいものに憧れ続ける。

そして、この日常に
美しいカタチを与える。

どんなに小さなことでも。




ああ、こう生きればいいんだと
とても救われた。


遺言としては完璧だ。



ただ、最後のカプローニの
セリフが重く、チャーミングすぎて
詩みたいで
本当の遺言かと思えて
上映後の映画館の通路で
まっすぐ歩けないほど動揺した。
by ayu_cafe | 2013-07-22 10:50 | ayuCafeジブリ詩集 | Trackback | Comments(0)

Temple Book / Plainsong #1 (5songs,18min)


by ayu_cafe | 2013-07-10 03:55 | ayutube | Trackback | Comments(0)

秒速5センチメートル。




電車の窓の外、美しく泳ぐ電線。順番に蛍光灯に光る教室の机。
桜の落ちる速度。たたみかけるカットのテンポ、列車の音響。世界を捉え直す行為。
秒速5センチメートル。
by ayu_cafe | 2013-07-01 03:18 | ayuCafe 映画 Bar | Trackback | Comments(0)