ayuCafe

<   2014年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

伊豆半島、ところにより、雨。

b0072051_1114280.jpg









by ayu_cafe | 2014-08-29 11:01 | 海辺の生活 | Trackback | Comments(0)

涼しくなったから、といって世界中のベッドルームから、音楽が発表されたら素敵だろうな、と思う。

b0072051_04501916.jpg





ストンと涼しくなったので、一曲アップ。

涼しくなった、寒くなった、といって、

その時々、

世界中のベッドルームから、ポロンと

自作の音楽が発表されたら、

まるで、ネット自体が、みずみずしく息をしているようで

素敵だろうな、と思うし、それが可能だから面白い。

大事なのは、創作物や創作者ではなく

創作物を通して気づく

季節や日々や感情のみずみずしさだから。


by ayu_cafe | 2014-08-28 04:55 | メランコリア | Trackback | Comments(0)

やもり。

b0072051_1014733.jpg



朝、窓を開けたら

網戸の内側に、大きめのやもりがいて
びっくり。

どうやって内側に。。

ヤフー知恵袋で調べてみると

いもりは、
井戸の中の虫を食べてくれるので、
井守。

やもりは、
家の中の蚊や蛾を食べてくれるので、
家守。


ちょっと見方が変わった。。


とうゆうわけで一曲。


夏の夜のあたたかい防波堤









by ayu_cafe | 2014-08-26 09:57 | Trackback | Comments(0)

映画「グレートビューティー」美意識の経験値が上がる。

b0072051_13192962.png



映画「グレートビューティー」観た。

凄い体験。

これが映画。これがイタリア。

本当に美しいものは、
泣き言を言わない。

本当に美しいものは、怖い。

映像と音でゾクっと感動する
シーンの連続。

映画は静かなのに、
映像の怖いほどの美しさで、
ずっと心拍数が高まっていた。

美意識の経験値が上がる。


フェリー二、
アントニオー二、
ミケランジェロ、
ベルニーニ、
ピ二ンファリーナ、
ヴィスコンティ、

やはり、イタリア、は凄い。


b0072051_22332571.jpg

b0072051_22333793.jpg







by ayu_cafe | 2014-08-24 22:27 | ayuCafe 映画 Bar | Trackback | Comments(0)

夏とは、夜の海をのぞきこんだ時の、防波堤のコンクリートの、お腹に感じるあたたかさ。


b0072051_05351647.jpg



夏とは、何。

みたいな乱暴な言い切りが好き。
明日には、変わってしまうような乱暴な言い切り。


夏とは、

夜の海をのぞきこんだ時の
防波堤のコンクリートの
お腹に感じるあたたかさ。

明日には変わってしまうかもしれないから
うたっておこう。



夏の夜のあたたかい防波堤








フランソワーズサガンのことを
ふと思い出したりしながらつくった。

スピード狂で浪費家で薬物依存症で
バイセクシュアルのサガンの人生は、
気が重たくなるけど、

他人に気が重たくなってもらう筋合いは
ないとサガンは言うだろう。

だから、
夏のバイクのラジエーターの熱さと
がらんとした冷たい海と
背中をたたく波のことだけを書いた。





by ayu_cafe | 2014-08-24 05:38 | メランコリア | Trackback | Comments(0)

いやなことすべてがありがたい。いやだけど。

b0072051_2345861.jpg



昔より、複雑で難解で辛いことが増えた。

でも歳を重ねた今は、
なるほど〜勉強になるなあ、
と強がりではなく思える。


重要なヒントをもらってる。

いやなことすべてがありがたい。

ここで味わっといてよかった。

成長しよう。

たまにうたでもうたいながら。







by ayu_cafe | 2014-08-22 23:43 | Trackback | Comments(0)

新江ノ島水族館のプロジョクションマッピング。

b0072051_1263149.jpg

b0072051_1263288.jpg

b0072051_1263086.jpg




夜、江ノ島まで散歩した。

江ノ水がナイトアクアリウム期間中
だったので入った。

東京駅をやったチームの
プロジョクションマッピングを
やっていた。

水槽の外側の足元に
波が寄せて返しているのが、よかった。

海獣の子供を読んでから
魚がすこし怖くなくなった。





by ayu_cafe | 2014-08-21 07:58 | 海辺の生活 | Trackback | Comments(0)

猫のナイフ置き。エイキンドラムのポストカード集。

b0072051_23103233.jpg
b0072051_23103043.jpg












妻の誕生日。


うみの近くの
対応がめちゃいい
猫のナイフ置きの
こじんまりしたイタリア食堂に
自転車で行く。


帰ってから
プレゼントを渡す。

エイキンドラムの
ポストカード集。


帰りの海風が
気持ちよかった。








by ayu_cafe | 2014-08-17 23:02 | Trackback | Comments(0)

「暗がりでそよぐ花」「スモモとスピカ」

b0072051_02072172.jpg



2番ができなくて15年くらいたって
ふとできた。
のんびりつくった。


今はもういない母が
今はもういない子を
寝かしつける子守唄
海中に 夜中

盲いのウミガメの涙
ひとつ落ち海が孕む


こういうフレーズが書けるようになるなら、
15年くらい、ま、いっか、と思う。







スモモとスピカにとって世界は
ほどいていないプレゼントみたいに新しい。
夏は気が遠くなるほど永い。

そして、スモモとスピカは
世界をほどいたりしない。
永い夏のあぜ道でただ風に吹かれている。











by ayu_cafe | 2014-08-17 02:11 | メランコリア | Trackback | Comments(0)

「2つ目の窓」。

b0072051_2320062.jpg




@ayucafe: 河瀬直美監督「2つ目の窓」。奄美、フルボリューム。命が充満している波と風のあの音を映画館で浴びないなんてもったいない。奄美の島唄で松田美由紀さんの手が動くところゾクッと来た。映画って凄い。




@ayucafe: 2つ目の窓。優れた表現は、無駄な血を抜いてくれる。血を抜かれて豊穣で放蕩な波と風をただ浴びてる。奄美のうたはやっぱりいいな。沖縄でも本土の民謡でもない。あの死の際で六調か。吉永淳さんのうたよかった。うたはいいな、うたをつくろう、と映画を観ながら強く思った。




@ayucafe: 2つ目の窓。一晩たってまだ余韻というか、波動が続いている。じわじわわかってきたことは、この映画は、島モノでも、奄美モノでも、カンヌモノ、でもない。あの洗練されたカメラと音響。これは、新しくて図太い音楽のような映画。凄いな、こんな仕事してるひとたちがいま生きてるんだな。










by ayu_cafe | 2014-08-15 23:18 | ayuCafe 映画 Bar | Trackback | Comments(0)