ayuCafe

<   2015年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

詩の学校へ。

b0072051_11042040.jpg


先日、誘ってもらって、
詩の朗読会に参加させていただいた。

みかん畑の細い急勾配を
かなりの高さまで登ると
陶芸家で詩人の志村正之さんの
時光窯がある。

b0072051_11042069.jpg



眼下にはロワール川みたいな川が
静かに蛇行し、
地上の音が混ざり合って
のぼってくる。

b0072051_11042079.jpg



志村さんが建てた素敵な小屋には
昔の学校にあったような
小さな椅子が並んでいる。

小屋の横の斜面には
曼珠沙華が咲き揃って
桜の木陰で山の風に揺れている。

b0072051_11042018.jpg



小屋の裏手はすこし切り開かれて
志村さんの作品が点在している。

b0072051_11042133.jpg


b0072051_11042120.jpg



詩は各自が持ち寄り、
箱にいれて混ぜる。
箱に手を入れひいた詩を
順番に読む。

つまり誰の詩かわからないので
先入観がなくなってよかった。

さらに、この後が面白かった。

読んだひとは、まず
その詩の感想を言う。

そのあと、志村さんが
進行しながら、みんなで
感想を言い合う。

うわ、昔こうゆう授業、
めちゃ得意、っていうか
好きだった、と思い出した。

作者の意図の仮説を
立てたりしながら、
もう一度読んでみたり、
ひとつの詩にたっぷり時間をかける。

窓から山の風が溢れ込んでくる
詩の学校。


b0072051_11042174.jpg



しかし、朗読というのは面白い。

何人かの方がそれぞれの
声やトーンやテンポで詩を読む。

詩が体現している思惑と
あいまって

そこに、ひとつの声と詩の
人格のようなものがあらわれる。

世間一般の言うところの
容姿や社会性から離体した
人間のなまめかしいなにかが
あらわれる。


そこには、優れた詩や
優れた朗読があるのではなく
志村さんの小屋のまわりの
アートや曼珠沙華みたいな
生きたなにかが
ごろんごろんとしている。


あれ、なんて言えばいいだろう。
裸ともちがう、
内面のセクシャリティというか。。




どの朗読も、どの詩も面白かった。


普段、より良い情報を
より自分に合うものを
多くの中から必死に
探しがちなので
とても新鮮だった。


また、行きたい。





b0072051_11042237.jpg















by ayu_cafe | 2015-09-30 10:58 | Trackback | Comments(2)

グリーンスタイルマーケット。

b0072051_10572858.jpg


湘南Tサイトの
グリーンスタイルマーケットに行った。
Lucy Grayさんで、コレオプシス ウリドリームを4種類。
LUFTさんで、ラベンダーを二種類。
hanauta#さんで小さなリースと
祖母への花束を買った。
このあたりにも
いい花屋さんあるんだな。
週末に一軒づつ訪ねてみよう。




by ayu_cafe | 2015-09-29 10:56 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(0)

北海道ガーデン街道(音楽付き)




北海道ガーデン街道

上野ファーム、
紫竹ガーデン、
十勝千年の森、
真鍋庭園、
六花の森、
十勝ヒルズ、
大雪森のガーデン、
風のガーデン、

美瑛、
美瑛ビブレ



行ってきました。



※youtubeの設定マークをクリックして
画質をHDの最大に上げると、全画面でも
きれいに表示されると思います。








by ayu_cafe | 2015-09-26 21:17 | 北海道ガーデン | Trackback | Comments(0)

思い悩むなら、どこで悩むか。

b0072051_23241044.jpg



思い悩むなら、ここで悩む。
そして、できることから、
できるだけやるしかない、
と思う。

宿泊先の部屋数5部屋のホテルで
もうすぐパンが焼き上がる。

ひとまず帰って朝食。
















by ayu_cafe | 2015-09-18 23:18 | Trackback | Comments(2)

近くのオーベルジュに朝ごはんを食べに行く。

b0072051_11010099.jpg

b0072051_11010029.jpg

b0072051_11010121.jpg

b0072051_11010185.jpg

b0072051_11010206.jpg


b0072051_11010297.jpg

b0072051_11010344.jpg

b0072051_11010325.jpg



おれって、自意識過剰で、
かっこつけてて、
詰めが甘くて、失敗ばかりで、
ほんと課題の多い人間だよな、
と思いながら、

屋根をウィーンと開けて
近くのオーベルジュに朝ごはんだけ
食べに行った。

なにを気にしていたか、
忘れた。






by ayu_cafe | 2015-09-12 10:56 | Trackback | Comments(0)

小説は、孤独にフォームを与える。

b0072051_05140805.jpg



ラドリオという古いカフェの
本棚を物色していたら、
風の詩があった。

風の詩は、銀座にある
ウエストという喫茶店が
つくっている無料の冊子。
もう60年くらい続いている。

これはそれをまとめた本。

著名人や一般のひとの
詩やエッセイが投稿されている。

その中で、森繁久彌さんが
ウエストについて書かれた
エッセイがとてもよかった。

ぽつんとひとりの人間が
ぽつんと呟いているような
短い文章。

以前ある作家さんに、不躾に

小説というのは
孤独にフォームを与えるものですね、

とDMしたら、そうかもしれない、
と言ってくださったけど、

この森繁さんの文章にも、
孤独のフォームがあった。





by ayu_cafe | 2015-09-11 05:12 | Trackback | Comments(0)

coffee shop indie.

b0072051_04093713.jpg

b0072051_04093752.jpg



Apple musicが、
ライブラリーを読み込んで
好きそうな特集を組んで
おすすめしてくる。

さっきみたら
coffee shop indie
っていう素敵な特集だった。
ファイストがうたって、
ボンイヴェールがうたって、
最後がスミスで、
やるじゃん、と思った。


歳とって、自我とか力みとか
なくなって、まだまだたくさん
苦い目にあって、
そして、いつか武道館とかじゃなくて
ちいさな血のかよった
coffee shopで、
幻想的な詞ときれいなメロディーの
うたをナイロン弦のギターで
囁くようにうたいたい。
客席に無視されながら、
隅っこで。

売れないころの
スザンヌヴェガとか
落ちぶれてたころの
ブライアンウィルソンみたいに。

夢があるっていいものだ。



by ayu_cafe | 2015-09-10 04:08 | Trackback | Comments(0)

焦燥感と衝動に駆られて、何か作っては壊れて、また立ち直って。

b0072051_20360034.jpg



台風の警報が出てる雨の中を、

シーガルスクリーミング

キスハーキスハーの新作

『ETERNAL ADOLESCENCE』を

買いに行った。

まさに、

ETERNAL ADOLESCENCEな雨。

不安と確信を高速で行き来する

抜群のボーカル。




「私とか私の友達とかってそういう人たちが多いんですけど、17歳ぐらいに感じる先が見えない暗闇が続いている部分と、何か見つけて、"うわっ、これやりたい"っていうアンバランスな感覚を常に持っているというか、生きるのがヘタというか。アンバランスなまま、焦燥感と衝動に駆られて、何か作っては壊れて、また立ち直って、また壊れてってことを繰り返している。たぶん70歳になっても変わらないと思うんですよ。」

日暮愛葉
by ayu_cafe | 2015-09-09 20:34 | Trackback | Comments(0)

小さなサプライズは、 大きなサプライズよりも嬉しい。

b0072051_10555935.jpg




by ayu_cafe | 2015-09-08 10:55 | Trackback | Comments(0)

美しいものをつくる仕事をコツコツと。

b0072051_14503355.png



仕事のはなし。

ずっと関わらせていただいているクライアントさんの
webまわりのオーダーを受注し、
渾身のフルリニューアルをさせていただいた。






随分勉強になった。

webづくりは、効率とトレンドが重視されるけど、
それにまんま従うと企業の色がわかりづらくなって、
単なるスペック比較になってしまう。

また、効率重視の昨今のコミュニケーションは、
デザインもコピーもその存在意義を問われるところまで来ている。

企業色と効率を両立し、デザインとコピーでこれだけのところまで持って行ける、
ということを証明しようとおもった。

webは、機種やOSのバージョンによって、色味、書体、改行が変わる、
というのは、本当にすごい価値変化だ。

webスタッフの方達のまるで異なる考え方も勉強になった。

感じたのは、webは情報整理、情報デザイン、が8割なんだな、ということ、
スマフォを指でスクロールする時のスピード感の話法。

ちなみに、イントロのモデルのスライドショーをつくる際、
モデルの顔を極端にトリミングして配置して、フィルターをかけて、
音楽をつけて、imoveでデモをつくる作業が楽しすぎて手が震えた。

pc、スマフォ、pad、とランディングページとバナーを作ったけど、
padのこの画面比率が美しくて好き。

公開後、クライアントの社長から厚いお礼のメールをいただいた。

美しいものをつくる仕事をこつこつと続けてゆく。

(PCのみ音楽が鳴ります。)




※さきほど、クライアント様スタッフの10名以上の方から、
お礼と感想メールをいただいた。。

泣くな、これは。。。
by ayu_cafe | 2015-09-07 07:49 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(0)