ayuCafe

<   2016年 05月 ( 56 )   > この月の画像一覧

椅子にのぼって梅の樹の枝の剪定をしていて、ふと下を見たら、宇宙があった。

b0072051_08582650.jpg










by ayu_cafe | 2016-05-31 08:57 | Trackback | Comments(0)

チェックするひと。

b0072051_22585340.jpg







by ayu_cafe | 2016-05-30 22:58 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(0)

朝、部屋掃除しながら、ミヤコワスレのつづきをもっと、といううたつくった。

b0072051_09182229.jpg










by ayu_cafe | 2016-05-30 09:18 | Trackback | Comments(0)

球根掘り。

b0072051_17413692.jpg


球根掘り。
乾かしてしまっておいて
11月に植えて、来年の春に咲かせる。

by ayu_cafe | 2016-05-29 17:38 | Trackback | Comments(0)

ことばの数倍。

b0072051_17314721.jpg

b0072051_17314882.jpg



庭の花壇掘り返し。春のはなから夏秋の花へ。
途中休憩、サラボーン聴きながら。
美味しいあんぱんがしみる。
たぶん、ことばをつぶやいたら
その数倍身体動かした方がいい。





by ayu_cafe | 2016-05-29 17:30 | Trackback | Comments(0)

wordtable(ワードターブル)レポート。「紫陽花の詩が多かったので 紫陽花が欲しくなりました。」

b0072051_05241840.jpg



wordtable(ワードターブル)、
開催しました。

海辺のちいさなパン屋さんカフェで
詩の朗読、クラシックの演奏、お料理、
映像、うた、季節の花などから想起させられる
イマジネーションを楽しむイベント。


こだわったのは、お客様を詰め込まないこと。
場として居心地よく、美味しく、花があって、
楽しいものにすること。
主役はお客様の感性、
お客様のあたまの中に浮かぶ情景。
いろいろな表現をする
いろいろな人の発表や交流の場になること。
たとえば、どこにも行き場がないひとが
ふらりと来て力まず豊かに過ごせる場に
なるよう継続開催すること。
わざわざ海辺のまちまで来ていただくことを
楽しんでもらえるような会にすること。


最初はちがやさんのパンの盛り合わせ。
はじまるまで、いくつかのわたしのpv映像を
カフェの壁に大きく映写。

いといさんは紫陽花をあしらってくださった。

b0072051_05241901.jpg



トップは、クラリネットのカルテット、
TCM clarinet quartet。

超至近距離のクラシックは大迫力。
カフェで、しかも、半開放ではじめたので
暮らしに溶け込む音楽。

b0072051_05241981.jpg


道の反対側のひとまで自転車を停めて
みていた。

そして若いギャラリーを虜にしていた。

b0072051_05242078.jpg



暗くなるのを待ちながら
ポツポツと詩の朗読。

わたしとちがやさんで交互に。

詩の朗読というのは
聞く方もやる方もあまり機会がないものなので
どうなることかと思ったけど
みなさん集中して聞いていただき、
よい雰囲気の中でできた。

パン屋さんカフェのオーナーの
ちがやさんがご自身のお店で
自作の詩を読むところが、
今回のイベントのひとつのハイライト。
そんなパン屋さんあまりない。

ちがやさんの詩の内容も朗読のトーンも
すごくよかったので、わたしはあわてて
演目を変更して身もふたもないような
なさけなくて誇り高い
「春、ボーリング場にて」という詩を読んだ。




休憩。

ちがやさんの発案で、休憩の間に紙をくばり、
お客様に自分の好きなところを
詩的にいくつか書いてくださいとお願いした。



お客様にカメラマンの方がいらして
水中撮影したイルカの写真を
いくつかお持ちだったので
急遽みんなで見る会に。


後半、

みなさんの書いていただいたシートを
ちがやさんとわたしで朗読。

自分の好きなところ、
というお題もよいし、みなさんが
書いてくださった内容がすごくよかった。

演者としては凹んだけど
会としては盛り上がった。




おざきさおりさんの美しく幻想的な新作映像。

ちがやさんの妹さんがモデルで
わたしが音楽をつけ、生で詩の朗読をかぶせた。
完全に身内製産。でも見応えあるものができた。




ちがやさんの15分におよぶ
自作物語の朗読。

b0072051_05242049.jpg



この大作をずっと場の集中力を
うしなわずできたのは凄かった。
ちがやさんもお客様も。




かおりさんのライブドローイング。

タブレットで絵を描いていただき
プロジェクターで映写、
その間わたしがポロポロギターとうた。

ここでしか生まれない子たちが
生まれ、みなさんに連れて帰ってもらった。


最後にちがやさんといといさんから自作のおみやげ。

いといさんのおみやげは
植物を押し花にしてつくった栞。
本に挟むと押し花を挟んでいるようになる。




終演後、お客様がいま夜空を見ると
国際宇宙ステーションが通り過ぎるのが
見えますよ、と言うので
みんなで外にで見上げたら
ほんとに光がゆっくり通り過ぎていた。

なんだか出来すぎたシメで
もってかれた感もあったけど
それがまたよかった。



今日の演者とお客様のメンツでしか
できない会になった。



お客様からは、

いい時間すごせましたよお

なんかとてもゆったりできました

紫陽花の詩が多かったので
紫陽花が欲しくなりました

などなど声かけていただいた。




みなさん
よい帰り道になっただろうか。


そして、国際宇宙ステーションからは
イマジネーションにあふれた
パン屋さんカフェの灯りが見えただろうか。



次回の準備をはじめよう。







by ayu_cafe | 2016-05-28 22:47 | Trackback | Comments(0)

定食屋のおばちゃんに、「明日世界一いかした詩のイベントやるんすよ」って言いたくて仕方ない。

b0072051_22504395.jpg



残業後の深夜の定食屋さんで
がつがつ食べながら、
お店のおばちゃんに、
明日世界一いかした詩のイベントやるんすよ、
って言いたくて仕方ない。

出来たてのオフィシャルzine、
読みながら帰ろう。
高木正勝さん聴きながら。







by ayu_cafe | 2016-05-27 22:49 | Trackback | Comments(0)

春から夏へゆく途中で、日本は、一度、暗転する。

b0072051_10334488.jpg




by ayu_cafe | 2016-05-27 10:33 | Trackback | Comments(0)

ワードターブル予告編第三弾。

b0072051_10132893.jpg



ワードターブル予告編第三弾。

当日お配りするミニzineの巻頭には、
はじめこんな言葉を入れていた。

風景はもうあなたの中にある。
幻想はもうあなたの中にある。
言葉はただの入り口。
幸せはもう。










by ayu_cafe | 2016-05-27 10:11 | Trackback | Comments(0)

「竜巻」【朝日編pv】

b0072051_09071578.jpg



ボードウォークにあたる
なめらかな朝日より、
美しいものはないと思ってる。

「竜巻」【朝日編pv】

by ayu_cafe | 2016-05-26 09:06 | Trackback | Comments(0)