ayuCafe

<   2016年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

大納言しるこ。

b0072051_08523199.jpg

b0072051_08523205.jpg

b0072051_08523331.jpg


駅の寒いホームで、大納言しるこか、
しじみのおみそ汁か、生姜チャイか迷う。
こんなの日本だけだろうな。
坂元裕二さんの新作ドラマが発表になった。
坂元さんや大森靖子さんならこうゆうの
絶妙に作品に取り入れそう。
大納言しるこに入っているあずきを
もぐもぐ食べながら新しいうたのこと考える。
by ayu_cafe | 2016-11-30 21:07 | Trackback | Comments(0)

本をつくっている。

b0072051_08344783.jpg


本をつくっている。
すこし変わった本。
サンプルを触って、手に載せて、
持って、眺めて、光に透かして、
紙を選んで、文字の色を決めて、
写真の位置を確かめて。
冬の風が窓をたたくような本。
冬の風が窓をたたくようなうたをうたう
12月のライブの日に販売する本。
たとえば幸せとは本をつくる時間。




by ayu_cafe | 2016-11-30 08:33 | Trackback | Comments(0)

静けさ。

b0072051_01344667.jpg



by ayu_cafe | 2016-11-30 01:34 | Trackback | Comments(0)

水滴。

b0072051_22262468.jpg






by ayu_cafe | 2016-11-29 22:26 | Trackback | Comments(0)

ほら、音楽。

b0072051_00063789.jpg


by ayu_cafe | 2016-11-29 00:06 | Trackback | Comments(0)

「こってるのは、肩と背中と腰とふくらはぎです。60分でお願いします。」

b0072051_18290865.jpg


by ayu_cafe | 2016-11-27 18:24 | Trackback | Comments(0)

午後のヴァイオリンとクラリネット。

b0072051_06011742.jpg


ヴァイオリンのタイスという曲の独奏を
chigaya cafeで聞いた。
森が澄んでゆくような豊かな音。
クラリネットの練習曲も
ポーランド映画の音楽みたいで良かった。
それにしてもchigaya cafeはすごいサロンだな。
この余韻の中で来月演奏できて嬉しい。





by ayu_cafe | 2016-11-27 05:59 | Trackback | Comments(0)

フィデル、やすらかに。

b0072051_04452295.jpg


キューバに2000年頃に行った。
おじちゃんがソンを弾いてくれた。
カストロとゲバラたちが、
米の間接支配とギャンブルと格差を一掃した
ハバナの街中のカフェで生演奏を聞いて、
夜中のライブハウスで
美しい造形の男女が踊るのを見た。
経済封鎖による厳しい日常を
音楽で持ちこたえていて素敵だった。






by ayu_cafe | 2016-11-27 04:42 | Trackback | Comments(0)

落ち葉を滑るさなかのように。

b0072051_12034914.jpg


夢を見た。
夢の中で真っ赤な登山電車が、
黄金色の山の中で生真面目にスイッチバックしていた。
落ち葉がレールを燃やすように埋め尽くしていた。
登山電車は、やがてレールを見失った。
登山電車は、海に放たれた魚のように、
山の中の落ち葉の上を生き生きと滑るように進み、
やがて姿を消した。



by ayu_cafe | 2016-11-26 12:00 | Trackback | Comments(0)

ちいさなバラのホテル。

b0072051_08090241.jpg


ちいさなバラのホテル。
冴えない男が、似合わないバラのティーセットの前で
ぼんやりしてる。
暖炉の炎。古いピアノ。
女性がlove for saleを歌い始める。
女性の声の中では北の国の雪が舞っている。
男に雪が降りかかる、暖炉がそれを溶かす。
しばらくはその繰り返し。




by ayu_cafe | 2016-11-25 08:07 | Trackback | Comments(0)