ayuCafe

<   2017年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

たかが世界の終わり

b0072051_03403516.jpg


ララランドは誰にでも安心して推薦できる。
グザビエドランのたかが世界の終わりは、
誰にも推薦したくなくて安心する。
マリオンコンティヤールと
ヴァンサンカッセルとレアセドゥを配しておいて、
全員がよく知ってる
困った親戚に見えてくるからすごい。
お洒落でもなんでもないのに
どうしてか美しい残像。




by ayu_cafe | 2017-02-28 03:39 | Trackback | Comments(0)

人間スナック。

b0072051_07132909.jpg


昨日、人間を言葉であぶり出す詩のイベント「人間スナック」をやった。想像以上に濃い内容になった。今回のテーマ、打破、について詩やエピソードを話すパート。ひとを受け入れるための深呼吸、大の字になること、進むために逃げる、進むために振り返る、よく見る、次に走る、ひとの不幸に救われる。すごくピンポイントの意外な共通点があった。後半になるにつれ、人間っぽい話しが連鎖的に出てきてグルーブした。日本語は周波数帯が低く調和を求める、万葉集は、発声して音で楽しむ、というお話も出た。大きな紙に大きな字を書くパートは、すごくフィジカルな体験だったし、その背後にある各自のストーリーが面白かった。ある音を聞いてどんな状況か想像するパートは、ロジックを離れた無意識の運動。かなり笑った。次回のテーマは、嘘、恥、とかもいいね、とちがやさんと話した。参加された方がこうゆう話し、あまり他では話せないとおっしゃていた。ちがやさんは大きな紙に書くのは、ひとことでも文章でも、絵でもいいと言っていた。このイベントは、詩なんか書かなくてもいい詩のイベント、ほんとうの人間のブレや可笑しさを楽しめればいいし、それで少しでも生きやすくなったら最高。偶数月の最終日曜日15時からchigaya cafeで定期開催。



by ayu_cafe | 2017-02-27 07:12 | Trackback | Comments(0)

薄紙ストさんのうれしいツイート。

b0072051_22090423.jpg


あわわ、さいこうの一冊と
書いてくださってる>_<
そもそもこの方の買われてる本が
みんな良さそう。
by ayu_cafe | 2017-02-26 22:07 | Trackback | Comments(0)

平凡な日曜日。

b0072051_14574138.jpg


‪グザヴィエドランの、たかが世界の終わり、
を地元のショッピングモールの
朝8時50分の回で観て、
特典のクリアファイルもらって、
髪切りに行って、洗車に行って、
これから詩のイベントに参加する。
平凡な日曜日。‬
‪#たかが世界の終わり #グザヴィエドラン‬
by ayu_cafe | 2017-02-26 14:57 | Trackback | Comments(0)

ほらね、最初から信じてたよ。

b0072051_04535519.jpg


‪クマにとって自分に才能があるかないかは、
どうでもよかった。
クマのことを信じてくれるひとが
ひとりだけいたから、
そのひとをがっかりさせたくないだけだった。
そのひととのしてはいない約束を
守っているだけだった。
いつかそのひとが、
ほらね、最初から信じてたよ、
と笑ってくれる日までの約束を。‬






by ayu_cafe | 2017-02-26 04:52 | Trackback | Comments(0)

ララランド。現実にあがらうための幻想を大量に注入される。

b0072051_04283077.jpg


‪「ラ・ラ・ランド」。
なぜグッとくるのかと言えば、終始シビアだから。
そして、現実のシビアさに拮抗するように
音楽シーンはあらわれる。
冒頭の渋滞のシーンはその象徴か。
終話後、シビアな日常へ戻る
我々の血がこれだけ滾るのは、
現実にあがらうための幻想を
大量に注入されたから。
#ララランド‬


by ayu_cafe | 2017-02-26 04:27 | Trackback | Comments(0)

人間に流れてるのは血ではなく。

b0072051_20022800.jpg


「ラ・ラ・ランド」、imaxで観た。
ミュージカル映画、全部見直したい。
音楽に合わせてポージングする
人間の造形ってこんなにも美しいのか。
人間に流れてるのは血ではなくて音楽なのだ。
人生を日々をさまざまなかたちで
刻んでいるのは時間ではなくて音楽なのだ。
そんな嘘で圧倒する。
#ララランド
by ayu_cafe | 2017-02-25 20:01 | Trackback | Comments(0)

よくあることです。

ねこの郵便屋がクマに宛先不明の手紙を返した。
クマは黙って受け取った。
ねこの郵便屋は言った。
「まあ、よくあることです。お気を落さず。
手紙はね、書くことが大事。
相手を思うことが大事です。
そうゆう思いはヒュンと届きます。
よくあることです。」
そう言ってねこの郵便屋は
階段を降りていった。‬

b0072051_09564124.jpg






by ayu_cafe | 2017-02-25 09:55 | Trackback | Comments(0)

次の季節のことすら、君は未だ何も知らない。

b0072051_08264586.jpg


次の季節の庭はどんな庭?。
次の季節の薔薇はどんな薔薇?
次の季節のうたはどんなうた?
次の季節の本はどんな本?
次の季節の君はどんな君?
次の季節のことすら、
君は未だ何も知らない。




by ayu_cafe | 2017-02-25 08:25 | Trackback | Comments(0)

わたしの本の特徴は、読んでいただいた方のご感想が素晴らしいこと。

b0072051_21165630.jpg




気がつくと夜明けを待つ気持ちで本の中を歩いていました。本を閉じて覚えているのは耳の奥がひんやりしたこと、美味しい空気を吸ったこと、です。
この特別な本を手にとれるラッキーな人がたくさんいるといいなと思いました。
練馬のちひろさん

美しい言葉と写真の本。美しさは、人に力を与えてくれる。それは不確かで容赦のない世界を真っ直ぐに進ませてくれる力。
ミッチェルさん

美しいです。いつも側に置いておきたい。詩を通して向こう側にいる自分に会える本。
板 香澄さん

短い文章の中に世界がぎゅっと詰まってて、優しい気持ちになれます。個人的には最後の鹿の話が大好きです(○´艸`)宝物になりました!
みぞれ雪さん

やさしく温かい"ことばと写真”によるfantasy。言葉が人に力を与えるのは、美しい感情に触れて、美しいということの意味を知ること、相澤さんの世界は知と愛に溢れています。
小島きみ子さん
by ayu_cafe | 2017-02-24 21:15 | Trackback | Comments(0)