ayuCafe

庭がそよぐ。

b0072051_10553530.jpg

今朝の庭。この庭で、咲くもの、枯れるもの、なかなか咲かないもの、ふいに咲くものがある。整わない植物のかさなり合いが心地のいい自然の景色を織り成している。私もこの庭の自然のひとつ。土の上で生きて死ぬ。風がそよぐとうたができる。良いも悪いもない。ただ庭に風がそよいだだけ。


# by ayu_cafe | 2018-01-11 10:55 | Trackback | Comments(0)

僕は必要とされる?

b0072051_01462001.jpg
子ぐまが聞いた。僕は必要とされる?クマが答えた。ときどきね。いつも必要とされなくていい。全部わかり合わなくていい。いつも正解でなくていい。いつも成功してなくていい。そんな君をときどき誰かが必要とする。君だって誰かをいつも必要とはしていないだろ?

# by ayu_cafe | 2018-01-11 01:44 | Trackback | Comments(0)

ミニポスターつくりました。

b0072051_20043047.jpg
ジュリエットビノシュ。主演した『ダメージ』の役柄について。「彼女は人生にダメージを負うけれど、彼女自身はダメージを負っていないの」。ダメージがあってもそれは単なる状況。私自身は一つも損なうことなく、空気など読まず、崇高なロマンティズムを気高くうたう。伝わるひとはきっといる。

# by ayu_cafe | 2018-01-10 20:04 | Trackback | Comments(0)

異なる美しさを同じ静けさで。

b0072051_10243159.jpg

大森靖子さんを見はじめたころ、ライブハウスの空調の音が気になった。バーカウンターで氷をすくい上げる音が大きいと、大森さんが音量を下げ、氷の音をそっとせざる終えないというシーンは毎回のようにあった。大森さんは音の強弱が繊細に制御できるから、ピアノよりギターが好きと言っていた。


ちがやカフェでのライブが少し慣れてきた頃、ふとお客さんを見ると全員が目を閉じて聞いてくださっていた。おそらく異なる情景、異なる記憶。それを同じ静けさで大事にしていた。ライブは面白い。異なる美しさを、同じ静けさで、一時、大事にし、また異なる生活へもどる。いづれにしろ主役は全員だ。


# by ayu_cafe | 2018-01-10 10:24 | Trackback | Comments(0)

夜の部、開催させていただきます。

b0072051_19482646.jpeg


b0072051_13205329.jpg


草舟あんとす号さんでのライブ。夜の部も開催いたします。うれしい(>_<) 昼の部 「森と光編」、夜の部「 森と灯り編」と題し、別のうたをうたいます。お花の空間演出はコトリ花店さん、お菓子とラッピング演出はコナフェさん。コナフェさんによる眠る前になでる本のギフト装飾版も特別に販売します。

# by ayu_cafe | 2018-01-09 13:20 | Trackback | Comments(0)

そしてある日。

b0072051_23515263.jpg
キツネは方々の窓口で言われた。あなたは間違っている。あなたは求められていない。あなたの期限は切れている。キツネは思った。ま、そうかも。でもね、おれは何度でもこの散らかった部屋をかたす。何度しくじっても誠実に仕事する。きりなく夢を見る。そしてある日、気の合う花屋さんに出会うのさ。

# by ayu_cafe | 2018-01-08 23:51 | Trackback | Comments(0)

枯れた青い花。

b0072051_21184550.jpg

#冬の辺境の冬の旅人  旅人は冬の辺境を巡り、コヤを取り出して眠った。そよぐオーロラの足元で。蛇行しながら全部凍りついた川のほとりで。冬の動物が駆ける森の奥底で。コヤのテーブルにはいつも枯れた青い花を置いていた。遠い遠い昔もらった花。それを見ると旅人は気持ちが落ち着いた。


# by ayu_cafe | 2018-01-08 21:18 | Trackback | Comments(0)

人生はひとをみじめなままにしておかない。PV

b0072051_14471094.jpg
2.3のライブでお花や樹で演出をしてくださるコトリ花店さまのお店の写真でPVをつくらせていただきました。
タイトルはモンゴメリの一節。
「人生はひとをみじめなままにしておかない。」
melancolia storytelling×コトリ花店


# by ayu_cafe | 2018-01-08 14:46 | Trackback | Comments(0)

ココアと林檎のブラウニー。

「ココアと林檎のブラウニーをやきました。甘酸っぱい林檎を煮たものを入れ、ココアなのに生チョコみたいなブラウニーです。melancolia storytellingさんの本も入荷しています。ベットサイドに置くだけで安心する秘密の本です。」

https://instagram.com/p/BdqzE9fBxxM/


# by ayu_cafe | 2018-01-08 11:22 | Trackback | Comments(0)

花とひかりと影に寄り添ううさぎ。

b0072051_12281902.jpg

花とひかりと影に寄り添ううさぎ。

ライブの日には、

コトリ花店さんの花のそばでうたえる。


# by ayu_cafe | 2018-01-07 12:27 | Trackback | Comments(0)

地鳴り。

b0072051_23394211.jpg

b0072051_23394688.jpg

写真展にいらしてくださった方が、ちがやカフェに再訪され、以前お話しされていたアイヌの本をくださった。北海道出身の方。成り立ちが希少で、本自体に力がある。北海道の原野の地鳴りを感じる。動物神が物語を語る、という解説にゾクっとする。ひとや場所の密かな地鳴りのようなうたをつくりたい。


# by ayu_cafe | 2018-01-05 23:39 | Trackback | Comments(0)

うたは旅人にとって。

b0072051_20391607.jpg
#冬の辺境の冬の旅人  旅人は夜、コヤの中でギターを弾いてうたった。うたは旅人にとって趣味ではなかった。最後の教会だった。かじかむ指をあたためる吐息だった。無言で語り継ぐ物語だった。花々との星より密かな約束だった。唯一愛したひとへの憧れだった。うたは旅人にとって趣味ではなかった。

# by ayu_cafe | 2018-01-05 20:37 | Trackback | Comments(0)

草舟あんとす号さんでのライブ、完売となりました。

b0072051_10221138.jpg
草舟あんとす号さんでの、初の東京ライブ、完売となりました。ありがとうございます。告知にご協力いただいた皆様、ありがとうございます。後追いになってしまいますが、まだまだあんとすさん、コトリさん、コナフェさんとその時間その場所がぐっと好きになるようなご用意もさせていただきたいです。

# by ayu_cafe | 2018-01-05 10:22 | Trackback | Comments(0)

こんなときにこんなところだからこそ。

b0072051_22362166.jpg
#冬の辺境の冬の旅人  吹雪の雪原でふと看板を見つけた。books.flowerss.と書かれていた。ちいさな店が三軒。どうしてこんな時にこんなところで?旅人が聞くと三人の女主人たちが答えた。こんな時にこんなところだからこそ、物語とラナンキュラスとスプーンクッキーが必要なのよ。

# by ayu_cafe | 2018-01-04 22:35 | Trackback | Comments(0)

どうすれば解決するの?

b0072051_10083590.jpg

子ぐまが聞いた。どうすれば解決するの?クマが答えた。解決なんてないよ。正解も救済もない。解決した、と思えたら、きみはなにかをサボっている。苦々しさに耐え、あらゆる方法を試し、自分に厳しく向き合うんだ。やがて、きみはきみを少し嫌いじゃなくなる。それは、解決より大事なことだよ。


# by ayu_cafe | 2018-01-04 10:08 | Trackback | Comments(0)