ayuCafe

本の中に消えてしまえるソファ。

b0072051_07073672.jpg


本の中に消えてしまえるソファがある。
それは暖炉のそばの
チェックのブランケットが掛けられたソファ。
今夜は3匹の子ぐまがブランケットをかけて
本を読んでいる。
傍らで暖炉がパチと音を立てる。
子ぐまたちはもうそこにはいない。
本の中の吹雪に消えたのだ。
傍らで暖炉がパチと音を立てる。


# by ayu_cafe | 2017-03-16 07:06 | Trackback | Comments(0)

何をあなたの棺桶に入れてもらう?

b0072051_10351052.jpg


‪寒い夜に家に帰るとお手紙が届いていた。
最近、私の冬CDと春CDを買っていただいた
ミッチェルさんから。
お手紙は16ページの冊子仕立てで、
30曲ほどの私のうたのレビューが書かれていた。
うれしすぎて、取り急ぎメールした。
「お手数ですが、私の棺桶に
このお手紙を入れていただけますか」。‬






# by ayu_cafe | 2017-03-15 10:33 | Trackback | Comments(0)

文字がふわっとする。

b0072051_09361088.jpg


嬉しい投稿をしてくださったyumさん。
コメント欄がさらに嬉しい。
文字がふわっとする、
これが、この本のかなりの特徴。
薄紙を指で押し文字を確かめる、
ひらがなのカーブに触る、その後、
薄紙をはがす、見えていた文字がふわっと消える。
言葉が無効化し、イメージが永遠になる。
できる?電子書籍で。



# by ayu_cafe | 2017-03-14 09:34 | Trackback | Comments(0)

火星の荒野のラウンジ、スノーショベリングさんに納品。

b0072051_22192103.jpg


スノウショベリングは、どこからも遠い。
入り口がわかりづらい。
はぐれた魂にはうってつけの場所。
火星の荒野の果てのラウンジ。
いつかみた夢の中の本屋。
本日、眠る前になでる本、
納品させていただきました。
snow-shoveling.jp
# by ayu_cafe | 2017-03-13 22:18 | Trackback | Comments(0)

今日の情感と情景をみずみずしくうたって生きて死ぬだけ。

b0072051_04504664.jpg


クマは子ぐまと一緒にしゃがんで
庭を見ながら言った。
ごらん、無限の色とかたち、
生命の生き死に、光と雨と風。
いびつさで織り成される完璧な美しさ。
僕はね、この庭のただの一部なんだ。
だから、何を言われてもいい。
草花たちと一緒に、
今日の情感と情景をみずみずしくうたって
生きて死ぬだけだから。




# by ayu_cafe | 2017-03-13 04:48 | Trackback | Comments(0)

ライブ予約定員に達しました。

b0072051_22043315.jpg


あの、ライブのご予約も定員に達し、あとはキャンセル待ちとなります。どうしたことでしょうか。ありがとうございます!
# by ayu_cafe | 2017-03-12 22:03 | Trackback | Comments(0)

titleさま納品分完売につき、追加オーダーいただきました。

b0072051_19395890.jpg


‪確実にこの時代のスターかなと思える
辻山さんの書店titleさま。
納品させていただいている、私の本、
眠る前になでる本(光に透ける魔法付き)が
完売につき、追加納品のオーダーをいただきました。
手が震えてタイプミス連続。
最初に私の本の納品を
即決いただいたのがtitleさま。
動悸がします。‬
# by ayu_cafe | 2017-03-12 19:37 | Trackback | Comments(0)

「菜の花の特等席やで」

b0072051_13025024.jpg


# by ayu_cafe | 2017-03-12 13:02 | Trackback | Comments(0)

夕暮れの中央分離帯で泣いてる男を迎えに行く。

b0072051_12482506.jpg


‪昨日カフェのカップルの隣で
同時通訳的にうたをつくったけど、
「桜色の夕暮れの中央分離帯で
泣いてるあの男を迎えに行く」
という歌詞が書けて嬉しい。
ベンダースやスケアクロウみたい。
誰もが夕暮れの中央分離帯で
泣いてる男(自分)を迎えに行くことって
あるのではないか。‬

# by ayu_cafe | 2017-03-12 12:47 | Trackback | Comments(0)

山中湖。

b0072051_22294438.jpg


深夜まで増刷作業。幸せだ。
休憩で入ったカフェのとなりのカップルの会話。
女の子「来週は何回会えるの?」
男の子「月曜は大丈夫。でも水曜から難しい、
山中湖へ行くから」
女の子と私「山中湖⁈」
女の子と私「この寒いのに⁉︎」

というわけで、うたにした。
新曲「山中湖へ行かなきゃいけない」




# by ayu_cafe | 2017-03-11 22:29 | Trackback | Comments(0)

人間の定義を書き換えて欲しい。

b0072051_21072131.jpg


‪シスターズのライブ、
雪村いづみさんが飛び入りでテネシーワルツ。
しなやかで強い生命力みたいな大好きなあの声。
うたい終わっ直後の観客の大反響。
人間の定義を書き換えて欲しい。
人間は80歳で可愛らしいワンピースを着て
しなやかで強いテネシーワルツをうたい
大反響を呼ぶものなのだ。
私もこれから。‬


# by ayu_cafe | 2017-03-11 21:06 | Trackback | Comments(0)

詩人治療院。

b0072051_19314375.jpg


腰の治療院での会話2。
先生「身体を椅子とします。
それを支えるインナーマッスルは椅子の脚です。
この脚が相澤さんの場合、いま、おふです。」
私「ふ⁉︎お麩?」
先生「そうですしかも太さが髪の毛くらいです」
私「髪の毛くらいの麩?最悪じゃないですか?」
先生「最悪です」。
ここにも詩人が。。


# by ayu_cafe | 2017-03-11 19:30 | Trackback | Comments(0)

古いゴム。

b0072051_12524994.jpg


腰の痛みで治療院に行った。
治療院の先生
「原因はインナーマッスルにありますね」

「はい」
先生
「相澤さんのインナーマッスルは、
のびきった古いゴムです」

「古いゴム⁈」
先生「はい」

「私が?」
先生
「古いゴムです」

「それ、いらなくないですか?」
先生
「.......」
# by ayu_cafe | 2017-03-10 12:51 | Trackback | Comments(0)

本は情景の花束。

b0072051_08383458.jpg


‪本は、不思議なのですが、
連日かなり全国広範囲の方々からオーダーいただき、
お送りしています。
本が生まれるのは朝日のあたる庭。
いろいろな情景を摘んで束ねたのが私の本。
ふくざつな色合いの花束を
お送りするような気持ちで今日も郵便局へ。
情景の花束が遠いお部屋で
ほのかに薫りますように。‬




# by ayu_cafe | 2017-03-10 08:36 | Trackback | Comments(0)

嗚咽してる。

b0072051_20561053.jpg


これを読んで嗚咽してる。





# by ayu_cafe | 2017-03-09 20:54 | Trackback | Comments(0)