ayuCafe

たぶん、いのちは。

b0072051_03524050.jpg


‪ねこの庭師が言った。
たとえば樹の近くにスコップを入れる、
まず入りません。
根がびっしりあるからね。
そう言えば私、小さな頃、
病気がちだったんですけど、
本当に苦しいときって、
このやろう、生きてやる、
なんて思いましたね。
たぶん、いのちってのはもともと
どう猛なものなんですかね。‬




# by ayu_cafe | 2017-03-05 03:51 | Trackback | Comments(0)

私たちは、ただの五感の迷子なので。

b0072051_11032294.jpg


‪ちがやさんの今日のインスタ。
そうなんです。私の本は組み合わせて楽しんで欲しい。レモンケーキと本、ラヴェンダーの香りと本、
市電と本、三毛猫と本、旅先の喫茶店と本、
潮騒と本、文通ともだちと本、ミモザと本、
シベリウスと本。
私たちはジャンルの専門家ではなく、
ただの五感の迷子なので。‬




# by ayu_cafe | 2017-03-04 11:02 | Trackback | Comments(0)

カフェにムスカリがすこしふえた。

b0072051_03581614.jpg


‪ムスカリ、咲いた。
そう言えば去年、近所のchigaya cafeに、
パンを買いに行くついでに、
庭のムスカリを摘んで持って行った。
そしたら、お財布を忘れてたことに気づき、
家に取りに帰って、
またムスカリを摘んで持って行った。
カフェにムスカリがすこしふえた。



# by ayu_cafe | 2017-03-04 03:56 | Trackback | Comments(0)

はじまる日。

b0072051_20350341.jpg


‪今日、会社を辞める女の子に言った。
「これ、プレゼント。最近つくった本」
女の子
「え?ありがとうございます!」

「この本持っていい歳して
私の詩と写真見ていただけますか?
って本屋さん訪ね歩いてるの」
女の子
「カッコイイですね」

「カッコイイでしょ」‬
# by ayu_cafe | 2017-03-03 20:34 | Trackback | Comments(0)

局地的にして絶対的な幸福。

b0072051_11140366.jpg


# by ayu_cafe | 2017-03-03 11:13 | Trackback | Comments(0)

香りと一緒になった 眠る前になでる本で自分に戻る。

b0072051_22450614.jpg


‪naho.さんとお話しした。
お店のお名前は、いろいろな自分がいていいの意味、
香りは、自分の記憶や、奥底の自分をみつけること、
だから、ギフトは、本と香りのセット。
香りと一緒になった
眠る前になでる本で自分に戻る。
くらっとするほど素敵で共感できる本の使い方。‬

# by ayu_cafe | 2017-03-02 22:44 | Trackback | Comments(0)

本がひとに出会わせてくれる。

b0072051_21234013.jpg


‪誰もが、こんな本屋をやるのが夢だったんだ、
と思い出す。青と夜ノ空。
本屋さんは本当に店主さんのお人柄が出る。‬
‪本をお店のギフトとして
たくさんオーダーいただいた
nahoさん@aroma_kyozonにご紹介いただいた。
本がひとに出会わせてくれる。‬



# by ayu_cafe | 2017-03-02 21:22 | Trackback | Comments(0)

青と夜ノ空さんで、お取り扱いいただけることになりました。

b0072051_20560082.jpg



青と夜ノ空という本屋さんはご存知でしょうか。
あったかいお風呂みたいな
とてもとても素敵な本屋さんです。
お取り扱い、ご紹介ありがとうございます!




# by ayu_cafe | 2017-03-02 20:54 | Trackback | Comments(0)

ゴロワーズの日。

b0072051_07380548.jpg


‪君はたとえそれがすごく小さな事でも‬
‪何かにこったり‬
‪狂ったりした事があるかい‬
‪そうさなにかにこらなくてはダメだ‬
‪狂ったようにこればこるほど‬
‪君は一人の人間として‬
‪しあわせな道を歩いているだろう‬
‪「ゴロワーズを吸っことがあるかい」‬
‪作詞 かまやつひろし‬



# by ayu_cafe | 2017-03-02 07:37 | Trackback | Comments(0)

本はどこで出会うか、がとても重要。

b0072051_01022148.jpg



ライブは場所がとても重要。
本も置かれている場所がとても重要。
どこで出会うか。
どこで買うか。
本は、本と本屋さんと手にとる方で完結する。
八鳥の板橋さんのレポ
ぜひご覧ください。
良い人と一緒に良い本屋さんに出会う。
私はすごい贅沢をしている。

# by ayu_cafe | 2017-03-02 01:00 | Trackback | Comments(0)

いらない人生が、つながる。

b0072051_10231190.jpg


‪「いいよ、自分の人生なんか。
面白くないもん。こんな人間の人生なんて、
いらないもん」
「わたしたち、欠点でつながってるの」

いらない人生がつながるカルテット。

クドカンの演じた男が、
身体に住んだ男はたぶんすこし救われる。

毎週火曜日夜10時の学校と教会。
「カルテット」‬


‪#カルテット‬
# by ayu_cafe | 2017-03-01 10:21 | Trackback | Comments(0)

たかが世界の終わり

b0072051_03403516.jpg


ララランドは誰にでも安心して推薦できる。
グザビエドランのたかが世界の終わりは、
誰にも推薦したくなくて安心する。
マリオンコンティヤールと
ヴァンサンカッセルとレアセドゥを配しておいて、
全員がよく知ってる
困った親戚に見えてくるからすごい。
お洒落でもなんでもないのに
どうしてか美しい残像。




# by ayu_cafe | 2017-02-28 03:39 | Trackback | Comments(0)

人間スナック。

b0072051_07132909.jpg


昨日、人間を言葉であぶり出す詩のイベント「人間スナック」をやった。想像以上に濃い内容になった。今回のテーマ、打破、について詩やエピソードを話すパート。ひとを受け入れるための深呼吸、大の字になること、進むために逃げる、進むために振り返る、よく見る、次に走る、ひとの不幸に救われる。すごくピンポイントの意外な共通点があった。後半になるにつれ、人間っぽい話しが連鎖的に出てきてグルーブした。日本語は周波数帯が低く調和を求める、万葉集は、発声して音で楽しむ、というお話も出た。大きな紙に大きな字を書くパートは、すごくフィジカルな体験だったし、その背後にある各自のストーリーが面白かった。ある音を聞いてどんな状況か想像するパートは、ロジックを離れた無意識の運動。かなり笑った。次回のテーマは、嘘、恥、とかもいいね、とちがやさんと話した。参加された方がこうゆう話し、あまり他では話せないとおっしゃていた。ちがやさんは大きな紙に書くのは、ひとことでも文章でも、絵でもいいと言っていた。このイベントは、詩なんか書かなくてもいい詩のイベント、ほんとうの人間のブレや可笑しさを楽しめればいいし、それで少しでも生きやすくなったら最高。偶数月の最終日曜日15時からchigaya cafeで定期開催。



# by ayu_cafe | 2017-02-27 07:12 | Trackback | Comments(0)

薄紙ストさんのうれしいツイート。

b0072051_22090423.jpg


あわわ、さいこうの一冊と
書いてくださってる>_<
そもそもこの方の買われてる本が
みんな良さそう。
# by ayu_cafe | 2017-02-26 22:07 | Trackback | Comments(0)

平凡な日曜日。

b0072051_14574138.jpg


‪グザヴィエドランの、たかが世界の終わり、
を地元のショッピングモールの
朝8時50分の回で観て、
特典のクリアファイルもらって、
髪切りに行って、洗車に行って、
これから詩のイベントに参加する。
平凡な日曜日。‬
‪#たかが世界の終わり #グザヴィエドラン‬
# by ayu_cafe | 2017-02-26 14:57 | Trackback | Comments(0)