ayuCafe

お花は花瓶にではなく、空間に生ける。

お花は花瓶にではなく、空間に生ける。_b0072051_21094850.jpg
雪やなぎだけを大きな花瓶に
すとんと入れた。
jihi flowerのかおりさんが
やっていたから、まね。
奥はコトリさんのリース。
お花を変えると
部屋が変わる。

お花は花瓶に生けるのではなく
空間に生ける。

# by ayu_cafe | 2021-01-16 21:09 | Trackback | Comments(0)

早春の茂み。

早春の茂み。_b0072051_21075353.jpg


# by ayu_cafe | 2021-01-16 21:07 | Trackback | Comments(0)

この組み合わせ。

この組み合わせ。_b0072051_20501512.jpg
この組み合わせ
最高ですね
とかおりさんと
盛り上がる。

# by ayu_cafe | 2021-01-16 20:50 | Trackback | Comments(0)

jihei flower

jihei flower_b0072051_20465004.jpg
近所にして至宝の
jihei flowerさんで
お花を買った。

すみれ詩集を
机にぽつんと置いてくださっていて
嬉しい。


# by ayu_cafe | 2021-01-16 20:46 | Trackback | Comments(0)

自分で身体をあたためて。

自分で身体をあたためて。_b0072051_22555025.jpg
バーミキュラで
残っていた食材を無水で
ポトフ的に煮込んだ。

オリーブオイルもコンソメも
にんにくも入れない。
けれど
ほんとうに野菜のあまみが
出るんだな。

コトコト60分ほど煮た。

料理は戦闘態勢を
整えているような
気がする。

なにがあっても
自分で身体をあたためて
負けない。

# by ayu_cafe | 2021-01-15 22:55 | Trackback | Comments(0)

生き続けるために夢を見る。

生き続けるために夢を見る。_b0072051_20370982.jpg
以前、ウィルスで、ある地域が
壊滅的になる小説を読んだ。
救助部隊は
病院でひとりだけ生き残っていた
男の子を見つける。

彼はバレエが好きで
自分で二幕目を考えていた。
そのことを強く考えていた。

幻想は逃げ場所?
ちがう。
わたしたちは
生きるために夢を見る。
心身の免疫をフルに上げて。


# by ayu_cafe | 2021-01-15 20:37 | Trackback | Comments(0)

それとは別に。たゆまずに。

それとは別に。たゆまずに。_b0072051_10195473.jpg
さて。
クマは思った。
現状はきわめて厳しい。
自分もあまりにも不完全。
憂鬱がぐんぐん加速して
押しつぶされそう。
さて。
それとは別に。
新しいうたと本のことをしよう。
美味しく美しいお料理のことをしよう。
暖かく心地よい部屋のことをしよう。
たゆまずに。
たゆまずに。
それとは別に。

# by ayu_cafe | 2021-01-14 10:19 | Trackback | Comments(0)

まじめに取り組むために、しっかり逃げる。

まじめに取り組むために、しっかり逃げる。_b0072051_02523070.jpg
#お洒落なオカマのキツネ が
子ぐまに言った。
おいしいものを毎日食べたら
美味しくなくなる。
まじめに生きることは
たまにふまじめになること。
自分に向き合うことは
たまに自分から逃げること。
まじめすぎることって
もはや悪しき信仰ね。
まじめに取り組むために
あたしらしっかり逃げるの。

# by ayu_cafe | 2021-01-14 02:52 | Trackback | Comments(0)

海には空が含まれている。

海には空が含まれている。_b0072051_02485910.jpg
クマが
落ち込む子ぐまに言った。

海には空が含まれている。
冬には春が含まれている。
夜には朝が含まれている。
絶望には手がかりが
正解には矛盾が
美しさにはいびつさが
含まれている。

きみはいつも多元的さ。
絶望一色じゃない。

そしてすべての表現は
この複雑さから生まれる。
素敵だろ?

# by ayu_cafe | 2021-01-14 02:48 | Trackback | Comments(0)

不幸というおいしいとこをお料理する。

不幸というおいしいとこをお料理する。_b0072051_10490744.jpg
ある漫画家さんが
吃音だったから相手の反応を
細かく見る癖がついて
漫画を描くのに役だった
と言ってた。
わたしはぜんそくだから
囁き声でうたうのかな。
両親にも社会にもいいことも
そうでないこともされてきた。
わたしの〝おいしい〟とこ。
ぜんぶ無駄なく
ロマンティックな作品に
お料理する。

# by ayu_cafe | 2021-01-11 10:48 | Trackback | Comments(0)