ayuCafe

タクシーの運転手さんとの会話。

b0072051_7214714.jpg



ある深夜、とてつもなく仕事でぐったりした日、
タクシーに乗った。

行き先を言うと、

「じゃ、○○の○丁目あたりですか」

と詳しいので、聞くと

「15年くらい、このあたりで、○○(宅配便の会社)に勤めてまして」


50〜60歳くらいの方、口調がとても落ち着いていて
やわらかいので、つい、はなしをしてしまう。



わたし「宅配便は、地域にまんべんなく詳しくなるほど、
頻繁にオーダーがかかるものなんですか、不況とかでも。」

運転手さん「かかりますね。需要はあります。個人の方のものから、会社の書類まで。」


運転手さん「特に、○○(宅配便の会社)は、他の会社や、ゆうパックよりも
よく選ばれていました。」


わたし「それは、なぜですか。」

運転手さん「会社の指導が徹底していました。
お届けものを丁寧に扱う、迅速に、丁寧に、きめ細かく応対する、
笑顔で応対する。。わたしも、15年間で、30回くらい
研修を受けました。。

○○(宅配便の会社)は、他社より、少し値段が高かったけれど、
でも、選ばれていました。」


わたし「そうなんですか。。いま、すこしでも安いものを、
みたいな時代なのに、
そういうケア力(りょく)や、サービスの品質の良いものを
お客さんが選んで、そういう会社が勝ち残る、っていうのは
いいおはなしですね。」


運転手さん「そうですね、ある時、突然人気がでる会社って
たまたまその商品が当たっただけかもしれません。
結局は、人間的なサービスが大事ですよね。」


わたし「たしかに、マニュアル通り、慣例通りのあいさつや
サービスだけで、マニュアルからはずれたことが起きると
まるで、丁寧でなくなることもよくありますよね。」


運転手さん「そうなんですよ、でも、ほんとうに
いろんなお客様がいます。それぞれが、性格もちがえば、
価値観や考え方もちがう、生活、環境もちがう、
ひとりとして、他の方と同じ、という方はいませんね。


クレームに、あやまる、と納得されるお客様
ただあやまる、と怒り出し、逆に、お客様側のことを指摘すると
納得される方もいます。

こういうのは、経験をつまないとわからないですね、
わたしは、15年で、ほんとうに鍛えられました。」






運転手さん「考えかたも生活もそれぞれ、それから、
多くのひとは、次の日になったら、いろいろな感情は変化していますから、

だから、必要以上に引きずって傷つくことはないですよね。

傷つく、というのは、ある意味、自己陶酔というか、
自己中心的で、ナルシステックな部分がありますね。」






あなたは、お坊さんですか、と聞きそうになった。



疲れはかなりとれているような気がした。








写真は、庭のペンタス、オクラの樹、百日紅、
秋の光。
by ayu_cafe | 2011-09-30 08:11 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ayucafe.exblog.jp/tb/16366259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 利恵 at 2011-09-30 09:35 x
これは染みます。アユさんがタクシーにトレンチコートを着て乗っているところを想像してしまいました。「東京・天使の詩」だな。
Commented by ayu_cafe at 2011-10-03 08:10
利恵さん
説法タクシーと呼んでるんですけどね。。
ありがったかったです。
なにか物語になりそうですよね、
深夜のタクシーって。