ayuCafe

焦燥とやり切れなさと愛しさと生々しさ。

b0072051_01093774.jpg


note:

笹口騒音さんのSAYONARA BABY BLUEを
大森靖子さんがカバーしているのを聞いて、
みずぎわ、っていい響きだな、と思っていたら、
自分なりの、みずぎわ、という言葉の
メロディが出てきてすぐに曲になった。

うみの近くに住んでるから、
うみものの歌詞はするする出てくる。

みずぎわ、というとやはり3.11。

無意識に書いたけど、
曲に入っている、
焦燥とやり切れなさと愛しさと生々しさと、
答えのなさは、
自分のテーマみたいなものかな。

なんの結論もでなくて、整理もつかなくて、
波が返す時に、もっていかれそうになる
あの感じのことだけを考えながら作った。











lyric:

みずぎわまでいってみると
波の音が生きてた
怖い雲の黒い騎士団
風に壊れるオーケストラ

やがて雨が海を刺して
ただよう命つなぎとめ
夜の純真が潮にまみれ
きみになって笑った




うみべのまち眠ったまち
死者のバスが通り抜け
運転手のカフスボタンは
可愛い妻のプレゼント

みずぎわまでいってみると
過去は彼方の防砂林
かえす波にあがらう身体



みずぎわ








by ayu_cafe | 2014-11-03 01:12 | メランコリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ayucafe.exblog.jp/tb/23677392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。