ayuCafe

凄い20代はどこにいるか。根本宗子さんの舞台。

b0072051_6541930.jpg



この前、ローザスを観た
東京芸術劇場で根本宗子さんの舞台を
観た。

凄い20代、ここにもいた。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』、観た。うーーーーーん、かわいいなあ、根本宗子。ブログやツイッターやアー写から感じる印象とは全然ちがう。これだけのもの創造して、あの小柄さと可愛さは新しいし、すごい。元気でる。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。ワンダフルワールドエンドの蒼波純の凄さの時も思ったけど、大森さんはもはやメディアとか表現のプラットホームなんだな。だからコラボするひとを引き立たせる。あの刃物のような大森さんの表現は、こんな風に共鳴、拡大するポピュラリティがあったんだな。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。役者のひとたち、全員よかった。夏果てのあのハードさを、こんな風に、これほど身近に料理するのか。大森さんの魅力のコアにジャンルやつくりものではない、というのがあると思うけど、根本さんの作品も同じ。正しい息をするように楽しんだ。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。大森さんはいつも歌い出す最初のひと声で鳥肌がたつけど、今日は一曲目のイントロのアルペジオで鳥肌がたった。 鳥肌と言えば鳥肌実さん太ったなあ。でも素敵な変態だった。



@ayucafe: 大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。ツィート連投してしまったが、一言でいうと、元気でた。生きるのちょっと楽しくなってきた。腹が減ってきた。いいもんみた。



@ayucafe: 一夜明けて、大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』。自意識と現実。そう言えばそうだった。自意識に呪縛されても、いつも現実は先を行っていた。だから、勝手な呪縛は、勝手なファンタジーで紛らせて来た。自意識と現実のあの二段組の舞台セットを思い出すだけで、繰り返し救われる。凄い作品。
















by ayu_cafe | 2015-06-07 06:43 | 大森靖子 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ayucafe.exblog.jp/tb/24560658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。