ayuCafe

山奥の話しとサティのピアノは馴染むか。

b0072051_19473321.jpg



河瀬直美監督の「萌の朱雀」観た。
あのサティみたいなピアノが
あの山奥の暮らしに馴染むということは、
絵や手法が相当乾いているんだろうな。

その乾いた文体に、
病みつきになる面白さがある。

もしかすると乾いているのではなく、
正しているのかも。
力み寂しがり悲しがる市井の人生を。
整体のように。
by ayu_cafe | 2015-06-23 19:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ayucafe.exblog.jp/tb/24618058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。