ayuCafe

木の根元に。

b0072051_07084543.jpg

おれは誰かに認めて欲しかった。キツネは思った。認められないとふてくされて殻を閉じた。誰であれ内容がなんであれ認められれば嬉しかった。否定されると落ち込んだ。自分に過保護だった。キツネは「自分」を木の根元に埋めた。身軽になった。身体に風が吹き抜けた。キツネは生きることに専念した。


by ayu_cafe | 2018-04-17 07:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ayucafe.exblog.jp/tb/28252734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。