ayuCafe

どうしても一緒にいたかった。

b0072051_1224626.jpg



もう1年くらい前。


昼休みに、会社の近くの渋谷文化村へ。
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」を
観終えて、隣にあるカフェ・ドゥ・マゴで一息。

会場では、入るとすぐに、天井から床までの
壁面いっぱいに、モンパルナスの
カフェ・ドームの写真がディスプレイされていた。
実物大か。。

つい一ヶ月前の雨の夜、ここのバス停から、
深夜バスで、サン=ド=マルスまで帰ったんだよな。。
なんて思い出した。

モンパルナスのここらのカフェで、
モディリアーニは、デッサンを売ったりしながら、
なんとか食べつないでいた。
ユトリロとは仲がよくて、
コクトーとは仲が悪かった。

一緒に暮らしていたジャンヌは、
目力の強い美人。映画では、
「男と女」のアヌーク・エイメが演じた。
モディリアーニが36歳で病死すると、
妊娠中の彼女は、6階のアパートの部屋から
飛び降りて後を追った。

どうしても一緒にいたかった。




ドゥ・マゴで、ホットチョコレートを
のみながら、ふたりのことを考える。

すぐ隣の、壁の向こうの美術館では、
モディリアーニと
画学生だった妻のジャンヌの
デッサンや油絵が、仲良くならんでいる。

モディリアーニの寝顔を描いた、
ジャンヌのスケッチもあった。

時間とか距離とか悲しみとかを超えて、
二人は、すぐその向こうで、
うんと仲良く一緒にいた。







b0072051_1232965.jpg

# by ayu_cafe | 2008-03-27 01:25 | ayuCafe ART Bar | Trackback | Comments(2)

ある日、春は来ている。

b0072051_2351751.jpg

ゆきやなぎ



b0072051_23515544.jpg

ムスカリ2008



b0072051_23521987.jpg

カラフルヒヤシンス



b0072051_23533415.jpg

目が覚めるような白い椿



b0072051_2354381.jpg

君ら、なんちゅうきれいな色やねん、とツッコミたくなる花壇



b0072051_2354263.jpg

玄関までの春のあぜ道



b0072051_23544755.jpg

ポインセチア大盛り



b0072051_23551549.jpg

ローズマリーの青い花



b0072051_23553339.jpg

くっきりと木瓜(ぼけ)の花



b0072051_2355556.jpg

ちび水仙の鼓笛隊



b0072051_2350351.jpg

最後にもう一度、ゆきやなぎ










(ボソリ)
。。旅行とか、どこも行かなくてもいいかも。。。。




(でも、行くけどね。。)
# by ayu_cafe | 2008-03-23 23:52 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(8)

それでも、嵐の中を梅の花びらは、はこばれてゆく。

b0072051_2331251.jpg



妻のおばあちゃんからお届けものをいただいた。
母は早速お礼のお手紙を書いた。

妻のおばあちゃんは、福島の海の近くの
病院で長期療養中。

母は手紙に庭ではらはらと落ち始めた
梅の花びらを何枚か入れた。

春近づくこの季節の病室に、
梅の花びらを送る。。。
相変わらず負けてる。。
そういうものを誰かに手渡す仕事してるのに。。

湘南の海辺から東京を通って福島の海辺へ
はこばれてゆく小さな梅の花びらの入った
手紙のことを考える。

昔、とんがり君だった頃、選挙に行く母に
とんがり気味に、「選挙なんか行ったって
どうせ、なんにもかわらないじゃん」
なんて言ったことがあった。
すると母は、あたりまえみたいに
そっけなく答えた。
「それでも行くのよ」


世の中はなかなかハードで、
嘘も暴力もズルも不平等も
春の嵐のように容赦なく吹き荒れている。
まともに考えはじめると
かなり気が滅入ってくる。

でも、それでも、嵐のようなこの世の中を
想いを込めた梅の花びらははこばれてゆく。

沈黙し、けれども雄弁に、鮮やかに、
春を告げる小さな花びらが、
ゆっくりとはこばれてゆく。

息をのんでその様子を想像する。
# by ayu_cafe | 2008-03-21 23:31 | かぞくのこと | Trackback | Comments(4)

ねこものまね act.20 「合唱団員」

b0072051_0155736.jpg


♪モ〜ルダ〜ウよ〜〜〜
# by ayu_cafe | 2008-03-18 00:16 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(2)

実物にストラップをつけてみるのも意外とアリなんじゃないかと。

b0072051_8593890.jpg




b0072051_8595569.jpg







2月にチョコをいただいた
大変レアな(笑)方には、
こころをこめて、エルメのマカロン
もれなくストラップ付きで
プレゼントさせていただきました。
ほんとに、ありがと。
# by ayu_cafe | 2008-03-15 09:02 | Trackback | Comments(6)

神様のいるクロッカス。

b0072051_073456.jpg


おとといは結婚記念日。
去年はグレゴリーコルベールをお台場で見て、
恵比寿でご飯食べて、ガーデンシネマで
「パリ・ジュテーム」を見て、
代官山のミケランジェロでお茶飲んだりしてて、
てんこもりだった。

今年は、そろって朝から病院行ってた。
妻が珍しく大風邪をひいて、
私も具合が悪かったので、
じゃあ、つきあって行くか、と。。
結局、私の方が少し検査したりで、
妻に待っててもらったり。。

妻は会社を休んだけど、
私は午後から出社。

出社する前に、庭に咲いてたクロッカスに
神様がいるみたいだったので、パチリ。
(うちの両親、いったい何種類の花植えてるのか。。)

職場の近くで偶然寄ったコンビニで、
マカロンストラップのおまけがついた
リプトンを発見。

家に帰って、寝ている妻に
「こんなのあったよ」と見せる。

ピエールエルメのマカロンは、
初めて二人でパリに行ったとき、
パリの形見みたいなつもりで
飛行機に乗せて持ってかえってきた思い出の品。

「携帯につけるの恥ずかしいよね(笑)」
なんて笑いつつ
これはこれで、静かな結婚記念日。
# by ayu_cafe | 2008-03-13 00:23 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(6)

マカロンストラップ

b0072051_9322035.jpg



ピエール・エルメ、マカロンストラップ。。


コンビニで売ってるリプトン「リモーネ」のおまけ。。
イスパハンとミス・グラグラまでラインアップされてる。。
めちゃくちゃリアル。。


ピエール・エルメよ、どこへ行ってしまうのか。。。

(少なくともパリではレアだな。。)











ayuCafeこの一品 vol.11
# by ayu_cafe | 2008-03-12 09:35 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(2)

雑誌のインタビューを受けました。

b0072051_21595839.jpg


雑誌のインタビューというものを受けました。

インタビューって何度もしたことあるけど、
されるのははじめて。
めちゃくちゃ緊張しました。
会社のアピールという使命もあったので余計。。

あとはライターさんがどうまとめてくれるか。。

カメラもパシャパシャ撮っていたけど、
内心「顔はやめて」と思っていました。
ヴェネチュアのあのマスクとかつけたかった。。
(どんなインタビューだ。。)

ほんと、自分のことを話すのって苦手。
ほんと、コミュニケーションって苦手。
でも、だから、もっと的確にわかってもらいたくて
広告の表現を詰めるんだろうけど。。


それにしてもインタビューって
デビューアルバムの時に受ける予定だったんだけどな。。
# by ayu_cafe | 2008-03-10 22:10 | 仕事もしてます | Trackback | Comments(6)

ayuCafeパリ案内 5 こころの隅に光が射し込む

今回、ご案内するのは、
名前も知らないふつうの大通りです。

この通りをただ横断します。

ただ横断するだけで
二度と忘れられない光が
こころの隅の方まで射し込みます。

それでは、クルマに気をつけて
渡ってみましょう。



b0072051_19463378.jpg



b0072051_19464473.jpg



b0072051_19465527.jpg


















ayuCafeパリ案内 5
# by ayu_cafe | 2008-03-09 13:38 | ayuCafeパリ案内 | Trackback | Comments(4)

ayucafe この一品 No.10 「てぬぐい本」

さ、ayucafe この一品、
今回は、「てぬぐい本」。
伝統的な染色技術とモダンなデザイン。
布でできたていねいな本。
とにかく手触りがよくて、幸せになります。
(わりとすぐ幸せになる。。)


b0072051_9243245.jpg
b0072051_9244522.jpg
b0072051_9254294.jpg
b0072051_92558100.jpg
b0072051_926137.jpg
b0072051_9263063.jpg
b0072051_9264520.jpg
b0072051_927395.jpg
b0072051_9271863.jpg
b0072051_9282195.jpg
b0072051_9284185.jpg
b0072051_9285956.jpg
b0072051_9301517.jpg
b0072051_9303427.jpg
b0072051_9305217.jpg
b0072051_931551.jpg
b0072051_9312439.jpg





ひもをほどくと一枚のてぬぐいになります。
こんな感じ、という説明が「しおり」になってはさまってます。↓
b0072051_9314073.jpg

# by ayu_cafe | 2008-03-06 09:29 | ayuCafeこの一品 | Trackback | Comments(14)

花を生かす。魂を生かす。

b0072051_7542715.jpg




玄関先でいい匂いがするな、と思ってふと見ると、
母が庭に咲いた水仙を玄関の花瓶に活けていた。

季節をさりげなく飾るっていいな、と素直に感心。
水仙の色合いも、匂いも、飾ることも、
ぜんぶ貯金しておきたくなる。


白洲正子さんの本にこんなようなことが書いてあった。

「花を活けるというのは、実にいい言葉。
花は野にあっても、生きているのに違いないが、
人間が切って、器に入れ、部屋に飾った時、
花はほんとうの生命を得る。

だから華道のことを「お花」といい、
花器のことを「花生け」、花をさすことを
「生け花」と呼ぶ。
こういう言葉は外国語にはない。
フラワーアレンジメントというが、
生け花は、アレンジとは違う。」


花をさして、花を生かす。
てことは、花器にでも、こころにでも、
しっかり活ければ、花は生きる。
ひとの魂も一緒かな。
大事にすれば、魂はくっきりと生きる。
花も魂もきちんと活けなければ、生きない。


初春の水仙は、胸のあたりで
一生枯らさないようにしよう。
# by ayu_cafe | 2008-03-05 07:55 | 一生勉強。 | Trackback | Comments(6)

ねこものまね act.19  「タートルネック」



















b0072051_9425750.jpg

# by ayu_cafe | 2008-03-01 09:43 | ayuCafeねこものまねshow | Trackback | Comments(6)

如月・“相変わらず”がイチバンしんどい。

b0072051_8102470.jpg


京都の本を読んでいたら、
京都の老舗の昆布屋さんが
こんなことを言っていました。

「昆布を削る技術で味がまったく変るんです。
でも腕の確かな職人の数は段々減ってる。

新しいもん作るより、
昔からのもん守っていく方が難しいですわ。
昆布は保存が難しいから、いつも50グラムづつ
買いにくるお客様も多いですけど、
そういう方は舌がしっかりうちの味を覚えてますからね。
コワイです。

“相変わらず”というのが一番しんどいのと違いますか?」


ま、昆布を削らないまでも、
“相変わらず”きちんと仕事をするのってほんと難しい。
“相変わらず”きちんと日々を過ごすのってほんと難しい。

なにかドカーンと華々しいことよりも、
“相変わらず”をキープするのってやりがいがある。
毎日は、“相変わらず”をキープする戦い、かな。

(んで、戦いには甘いもの↑が必要です。)



如月
# by ayu_cafe | 2008-02-29 08:28 | | Trackback | Comments(2)

夕日にライトアップされる2月の宇宙

b0072051_9193833.jpg






庭の梅の木を休みの日に
ちらちらと見ていると、夕日に照らされている時が
いちばんきれいだな、と思います。

きっと旅行で通り過ぎてしまう場所も
ずっとそこにのんびりといると、
いちばんいい光の時間帯に会えるような気がします。

ま、なにごともいちばんいい光の加減というのが
それぞれ個別にあるはずかと。。
景色も、ものも、ひとも。。
# by ayu_cafe | 2008-02-28 09:20 | 花と樹と庭のこと | Trackback | Comments(0)

まず、詩ありき。〜高臣大介賞をいただきました〜

b0072051_22262317.jpg



日曜日の朝、パンを買いに行ったきり、
間があいてしまってすみません。。苦

私、gla_glaという高臣大介さんが
つくるガラスが好きで、
mixiのgla_glaコミュニティにも
入っているんですが、

この度、そのコミュニティ100人突破を
記念して、ネット上で、イベントが開催されました。

内容は、写真と言葉のコンテスト。

コミュニティに入っている方が、
自分で撮ったgla_glaのガラスの写真を投稿する。
投稿された写真には、自由に文章(詩?)をつけてよい。

文章投稿人数が、いちばん多い写真が写真部門の1等賞。

写真部門1位の写真に投稿された文章の中から
gla_glaスタッフの方が選ばれるのが、文章部門の1等賞。

さらに、大介さんが勝手に選ぶ第三の賞が、高臣大介賞。
受賞者は、オリジナルガラスをオーダーできる(!)
う〜む、素晴らしいイベントです。。


そして、先週結果発表。
なんと私、
高臣大介賞をいただいてしまいました。
これはうれしいです。
これは大事な受賞です。


私は、上の桜の写真をはじめ、
以下の写真で応募しました。
(何点かは、追加で設けられた
ショップカード賞に選ばれました。
ありがとうございます!)

b0072051_22265737.jpg



b0072051_22271192.jpg



b0072051_22272956.jpg



b0072051_2228687.jpg



b0072051_22283312.jpg



b0072051_22285676.jpg



b0072051_2229356.jpg



b0072051_2230038.jpg



b0072051_22302691.jpg



b0072051_2231658.jpg




応募されたみなさんの作品を見ると、
どの作品もいいカメラで撮られているような、
美しい作品で、素晴らしかったのですが、
ある写真に、たまらない魅力を感じました。

普段の夕飯、普段の食卓。その上のガラス。
その写真の中で、ガラスは特別あつかいされて
ないんです。
いいなあ、と思いました。

特別じゃないものって、特別だよな、と思いました。
そして、ここに、かけがえのないものが、
映ってる、と思いました。
そのかけがえのないものの中に、
ガラスたちは気持ちよくとけ込んでいました。


ある明け方、4時くらいかな。
ふと、ぱちっと目が覚めて、
なんでだかわからないけど、
あの写真に文章を書こうと思って、
紅茶を入れて、少し飲んでから、
パチパチと書きはじめました。
自分ではめずらしく素直に書いてしまいました。
朝の6時すぎに、今回のイベントの受付を
されているねーさんにメールで送りました。


その文章が高臣大介賞をいただきました。

大介さんは、コメントで、受賞理由として、
「(写真ではなく)文を選んだのは、
俺のガラスを作る原点が“詩”にあるから」
「俺のガラスを作る上でのテーマである
“何でもない日常の中にいつもある。”
と言うのとピッタリきました。」と書いてくれました。

賞をもらったこともうれしいですが、
僭越ながら、視点が近かったことがうれしかった。
こういうことを考えられて、
こういう文を書く機会があって、
こういう文が書けたことがとてもうれしかった。

まず、詩ありき。。そう、私が好きなガラスにも
旅行先の風景にも、庭の花にも、
私が好きなブログの方の写真や文にも
奥底にながれる詩のようなものが感じられ、
それに惹かれます。
詩がない、できのいいだけのものには惹かれません。
これは仕事でも同じ。
やっぱ、まず、詩がないとね(笑)


私が惹かれた写真はのんさんの
この写真です。
私がつけた文章は恥ずかしすぎるので、
今回は、、、載っけてしまいます(笑)

のんさん、ねーさん、大介さん
ありがとうございました。







b0072051_22314320.jpg

ぼくはきみが大好きなんだ、と
あらためて思うよ。
そんなこと言えないけどね。

ちいさめのおにぎりみたいに、
いつもの塩加減のお味噌汁みたいに、
いつもそばにいてくれる。

ぜんぜんふつうの写真みたいに、
ちょっとくたっとした
花瓶の花みたいに、
いつも気取らないでいてくれる。

食卓の上のガラスのコップみたいに、
空の上の太陽みたいに、
いつもぼくを明るく照らしてくれる。

超かわいいってわけじゃない犬ころみたいに、
超かわいいってわけじゃない野良猫みたいに、
いつもやさしくいてくれる。

くつしたのかたっぽみたいに、
とけかけのよごれた雪みたいに、
いつもちょっと心配になる。

ぼくはきみが大好きなんだ、と
あらためて思うよ。

でも、そんなこと言えないからさ、
こんど、またあたらしいガラスを
きみにあげるね。

それは、ぼくのきもちみたいな
かたちをしてるから。
# by ayu_cafe | 2008-02-24 22:33 | gla_gla展 in ayuCafe | Trackback | Comments(14)